Main 8b2e9b6e 2a49 40d7 8679 8774e62e1ace
高度2000キロ超は迎撃困難? 北朝鮮の新型ミサイル「火星12」型は新たな脅威に

北朝鮮のミサイル発射の映像が15日、公開された。
ミサイルは、新型とみられていて、北朝鮮による脅威がさらに高まったという声が上がっている。

Default portrait
May 16, 2017 by news room Reporter

3 Lines Summary

  • ・14日発射のミサイルは、「火星12」型と北朝鮮が発表
  • ・「ロフテッド軌道」と呼ばれる高高度の軌道で、2,111kmまで上昇、飛行時間は30分
  • ・日本の迎撃システムでは、高度2,000kmを超えるミサイルは届かない可能性がある
6042112e 35d1 44af 94b3 566c0e96f93c

「火星12」型

朝鮮中央テレビは、「金正恩委員長は、アメリカが、われわれに対し、あえて軍事的挑発を選択するならば、喜んで相手をする準備ができていると言った」と報じた。

15日午後、挑発的な内容とともに、朝鮮中央テレビが放送したミサイル発射の映像。
14日の発射後、新型の可能性が指摘されていたミサイルについて、北朝鮮は「火星12」型だと発表した。

7f8ec82c a082 4958 b46a 93d543c1e556

この「火星12」型は、4月の軍事パレードに登場したものと同型とみられている。この新型ミサイル、これまでと何が違うのか。

73c48962 91a3 432a 9330 34a5abd524b7

フジテレビ・能勢伸之解説委員は、「基本的には、噴射だけで安定させる」、「飛行中の姿勢も、これはかなり、うまくいったんじゃないか」などと話した。
注目したのは、この部分。

B206bf95 758d 4702 a919 080550fa63b6

メインエンジン以外に、少なくとも2つ、補助エンジンからの噴射炎があることがわかる。

42269410 892b 42b7 b78d 7fd8e15db80a

能勢解説委員は「(同系エンジンの)『ムスダン』の場合、わざわざ安定させるための小さな翼を、後づけのようにしてつけて、それで上昇させていた。垂直に上がるように安定させていたようなんですね。」

1a03ee5c 0e7d 4fba 937e 5631a1217d61

「今回のミサイルを見ると、噴射だけで安定させることができるということは、それだけ進歩があったと。技術的には発達したということかもしれないですね」と話した。

1a3ae995 7887 4e2c b17f 538d8f8cb45c

さらに、発射前のミサイルの画像では、補助エンジンには秘密があるのか、メインエンジンの噴射口以外はぼかされるなど、画像処理が加えられていた。

0c670882 3df6 4eab 846a 77485573bfce

そして、このミサイルの最も注目すべき点は、その到達高度。
発射実験に立ち会い、側近らと喜び合う金正恩委員長の手元には、赤く示されたミサイルの軌道らしきものが見える。横にあるのは、日本列島のようだ。
そのミサイルの軌道は、かなり急激な放物線であることがわかる。

Fd4e5900 dfb3 44dc 81bb c84cbbbb0524

「ロフテッド軌道」と呼ばれる高高度の軌道で、北朝鮮は2,111kmまで上昇したと発表した。
これは、国際宇宙ステーションがある、高度400kmの5倍もの高さ。

フジテレビ・能勢伸之解説委員は「日本にとっては、これは大変やっかいなことになるかもしれないです」と話す。
そのわけは。

5300e876 c467 4778 ac48 dcceba86a833

政府は事前に情報をつかみ警戒

実は政府は、今回のミサイル発射の兆候について、事前に情報をつかみ警戒を強めていたという。
フジテレビ政治部・西垣 壮一郎記者は「菅官房長官が官邸に到着したのは、まだミサイルが飛んでいる時間帯のことで、即座に記者会見や情報分析など、慌ただしい対応に追われました」と話した。
菅官房長官が官邸入りしたのは、午前5時50分すぎで、ミサイルがまだ着弾していなかった可能性がある。その40分後には、会見を開き、一報を伝えた。

しかし、高度2,111km、飛行時間30分という、今回の新型ミサイルの性能については、予想できていたのか。
防衛省幹部は「一番保守的な言葉を使っても、一定の(技術の)進展を見せているのは事実」とし、危機感を募らせる声も聞かれる。

52a901cf d2e9 4fa3 85fd 1743c9bad597

その理由は、日本の迎撃システム。
現在、備えている迎撃システムは、ミサイル発射後に海上からイージス艦が撃ち落とす。
もし撃墜できなければ、防衛省の敷地内などに展開している地上配備型迎撃システム「PAC-3」で対応するという、2段階方式。

D974d127 ca77 453e 88cb d674ab05f793

日本の迎撃システムでは、高度2,000kmを超えるミサイルは届かない可能性が

フジテレビ・能勢伸之解説委員は「弾道ミサイルが最も速度が遅くなる頂点近辺での迎撃というのを、まず狙うということになっているんですね。そこに到達できなければ、かなり迎撃が難しくなります。」

(今、持ち合わせている日本の迎撃システムでは、今回のミサイルの対応は難しい?)
「難しいというよりも、迎撃の可能性については、未知数になりかねない」と話した。

これまで想定されていた迎撃システムでは、高度2,000kmを超えるミサイルは届かない可能性があるという。
新たな脅威に日本は、どう対応していく必要があるのか。

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
News room
Reporter
Thumbnail 3d54c772 1e06 44ef b22c 98871bc50c8b
“安全だから気楽に来て”北朝鮮が観光用HPを開設
Jul 20, 2017
3.5
news room
Reporter
Thumbnail fe28f547 946f 42d2 ade7 c9c81547fb49
もう梅雨明け?首都圏の水がめが深刻な事態に…
Jul 20, 2017
3.5
news room
Reporter
Thumbnail 65045a4f 12e2 41fa baef 6ea9827e7476
2020年に向け電柱ゼロへ!美しい街並みを世界に発信
Jul 19, 2017
4.0
news room
Reporter