Main ac18cad5 ff25 4c25 a8a4 7d4f5f85a88a
ベルリンで増加するヘルスケアスタートアップ、企業との連携を促進する「アクセラレータプログラム」

ベルリンでヘルスケアスタートアップが増加する秘密

Profile e1a39159 6c9b 4770 9087 5b68f40e0871
May 30, 2017 by Sato Yuki Reporter

3 Lines Summary

  • ・ベルリンでは「ヘルスケア」分野のスタートアップが急増している
  • ・「アクセラレータプログラム」がスタートアップと既存業界をつなぐ
  • ・テクノロジーの参入により、医療業界は飛躍的に進歩する

前回の記事ではベルリンのスタートアップシーンの全体的な概要をお伝えしましたが、今回は「ヘルスケア」の領域に絞って、現地の情報をお届けしたいと思います。

ベルリンでは、ヘルスケア分野のスタートアップが増えています。これはベルリンに限定されない、グローバルなトレンドでもあります。やはりこの分野を牽引しているのは、米国のシリコンバレーやボストンで、多くの資金がスタートアップに投入されています。ですが、ベルリンも後述するような独特の環境が要因となって、ヘルスケア領域でのスタートアップの成長が活発になっているのです。

6f90a243 e624 4369 92c3 98ccac8803e4
2月16日、ベルリンでコングレスセンターで開催されたStartupbootcamp デジタルヘルスケ アのデモデイ。運営チームと参加スタートアップ(著者撮影)

テクノロジーや人工知能によって、医療はどう変化する?

グローバルなトレンドとして、ヘルスケア分野でどのような形でテクノロジーが活用されているのでしょうか。その活用例については、以下のようなものがあげられます。

E70af65b 70c5 4bf4 ad04 cefa9c735304

こうした新たなテクノロジーの活用例が増えている背景としては、患者に関するデータ、病院内で生み出されるデータが以前よりも大幅に増えていること、そしてそのインターフェイスも変化していることが挙げられます。

たとえば、AppleウォッチやFitbitのようなユーザーの歩数や動作、心拍数などの数値をトラッキングするウェアラブルデバイスも増えましたし、スマートフォンのセンサーもユーザーの行動に関するさまざまなデータを取得しています。そして、スマホやウェアラブル、タブレットといったハードウェア、それらに組み込まれているメッセンジャーアプリやコミュニケーションアプリも多様になり、より便利な形で医療の情報やサービスを提供することが可能になっているのです。

さらに、大量のデータを解析する分析エンジンも提供されるようになり、複雑なデータを分析する敷居が以前よりも下がっています。また、人間が学習するかのように、データを学習してアルゴリズムを発展させていく機械学習のような手法も広まりつつあります。こうした背景から、新たな製品やサービスがヘルスケアの分野で続々と誕生しているのです。

こうして、テクノロジーや人工知能の活用がさらに進んでいけば、以下のような便利な未来が実現されるはずです。

3e47ce5b 0a64 41a5 9205 31621da2c8f3

スタートアップと既存業界をつなぐ「アクセラレータプログラム」

ヘルスケアの分野でスタートアップが誕生している理由には、上記のようなものが挙げられますが、 それでもスタートアップを始める障壁は他の業界と比べると比較的高かったといえます。なぜなら、従来の医療業界と新しいビジネスをつくって急成長させようとするスタートアップ、両者の隔たりが大きかったからです。

それでも、ここ数年でデジタルヘルスケアスタートアップが誕生してきた背景には、スタートアップ側の関心と既存の医療業界の関心が近づいてきたことが背景としてあるでしょう。

Eadb983c 5a13 483a 8dce 5742fc380c21

そして、スタートアップと既存業界をつなぐ仕組みとして、アクセラレータプログラムというもの があります。

アクセラレータプログラムとは、その名の通りスタートアップの成長を加速させることを目的にしたプログラムのことです。プログラムの運営者は参加スタートアップを世界から募集したのち、書類審査や面接などの選考過程を経て通常5~10のスタートアップを選抜します。選ばれたスタートアップは、プログラムからさまざまなサポートを得て、短期間(通常は3カ月ほど)で事業を成長させることを求められます。

サポートとは、主に当面の資金(200~1000万/チームで、アクセラ レータプログラムによって幅があります)、ワーキングスペース(コワーキングスペースなどが活用されるケースも多いです)、パートナー企業やプログラムの過去の卒業生、その他コミュニティ内のメンターからのメンターシップなどを指します。

C9a63408 690a 4672 b496 db4516429dcb

ヘルスケア領域に特化したベルリンのアクセラレータプログラム

そして、このアクセラレータプログラムの仕組みが、まさにベルリンのヘルスケア領域のスタートアッ プの成長のために活用されているのです。

たとえば、ベルリンでは製薬会社のバイエルが運営しているアクセラレータプログラム「Grants4Apps Berlin」というものと、「Startupbootcamp」という団体が運営しているデジタルヘルスケアに特化したプログラムがあります。

8002c2a5 1ec7 4886 9dac d0aa374a7c22

バイエルのGrants4AppsもStartupbootcampも、ヘルスケア領域に特化したアクセラレータプログラムを世界で展開させています。その開催都市の一つにベルリンが選ばれている理由として、たとえばStartupbootcampは、ベルリンには欧州最大の大学病院シャリテーやマックスプランクソサエティーといった研究所があるほか、300以上の医療テクノロジー企業、240のバイオテック企業、30の製薬会社があり、非常に多くの「業界エキスパート」と有している点を挙げています。

前述のように、スタートアップと既存業界の隔たりが比較的な大きな業界の場合は特に、こうしたスタートアップと既存業界、政府などを効率的に結び付けるアクセラレータプログラムの仕組みがもたらす価値が大きくなります。

B2de131e 1509 4ae6 bbcb 5c7d8dfef31c

100日間でミーティング数は130、業界知識をすばやく吸収して事業の成長を目指す

たとえば、Grants4Appsの2016年のプログラムに参加したスタートアップxbirdは、人工知能を用いて、糖尿病患者の行動データを予測するプロダクトを病院向けに開発しています。糖尿病患者は、血糖値を正常な範囲内に保つことが重要になりますが、従来型のデバイスでは、血糖値が正常範囲を逸脱して初めてアラートを鳴らす仕組みになっているといいます。

血糖値が正常範囲を超える前の、できるだけ早い段階にその後の血糖値の動きを予測して、患者が予防できるようにしたいと考えた xbirdのチームは、ユーザーのスマートフォンやウェアラブル などの機器から心拍数やスマホがどのように動いているかというデータを取得して、それらを機械学習を用いて分析し、データをもとにユーザーがいつ運動しているのか、いつ食事を摂っ ているのかといった行動を特定しようとしています。データから得られるそうしたユー ザーの行動や環境に関するデータ・インテリジェンスを、糖尿病患者の個人個人が適切に予防できるようにすることを目的に、病院などの医療サービス提供者に提供しています。

xbirdのファウンダー・CEOのセバスチャン・スーカ氏は、アクセラレータプログラム Grants4Appsに参加した利点として、とにかく多くの業界知識を得られたことを挙げています。100日間のプログラム参加期間内で彼らが参加したミーティングの数は、実に130に達するといいます。治験について、患者データの取り扱い方法について、薬事法についてなどなど、インターネットを検索しても見つからないような情報と知識を、バイエル内の各担当者にヒアリングし学んでいったのです。

このように、リアルな問題解決に挑むスタートアップと業界エキスパートを密接につなぐことで、アクセラレータはスタートアップの成長を促進しています。

5月16日放送「ホウドウキョク×FLAG7」
番組のアーカイブはこちら
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0009/chapters/28333

ワールド・テック・リポート

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile e1a39159 6c9b 4770 9087 5b68f40e0871
佐藤ゆき
Reporter
Thumbnail 13e44ab2 b5a1 4c85 8819 cd6d446bae4f
Series
 
世界初ウェアラブルメトロノーム「Soundbrenner」が音楽シーンを牽引する
Aug 20, 2017
5.0
Sato Yuki
Reporter
Thumbnail 3358937c 3e68 4527 9f96 b929f09ecb15
Series
 
グラフィティで社員研修。ベルリンのスタートアップが企業とアートを繋ぐ
Jul 22, 2017
4.5
Sato Yuki
Reporter
Thumbnail 6d875ee8 7ac5 4c3e 8607 c6426ae344fa
Series
 
余った料理を安価で提供。廃棄食料削減を目指す、新しいアプリ
Jun 30, 2017
4.5
Sato Yuki
Reporter