ホウドウキョクは2019年3月31日で更新を終了しました。長らくご愛顧頂きありがとうございました。
サイトは2019年5月31日にクローズ予定となります。今後は FNN.jpプライムオンライン をご利用ください。
北朝鮮またミサイル発射…映像公開でわかる新たな脅威
Main a8628344 0dc6 4cb3 81c5 bc43f177176c
北朝鮮またミサイル発射…映像公開でわかる新たな脅威

21日午後5時頃、北朝鮮内陸部の北倉から弾道ミサイルが発射されました。公開された発射映像を能勢解説委員が読み解きます

Profile 2ea358c6 7476 4abd bda0 e05b54f5e861
May 26, 2017 by FLAG7 Reporter

3 Lines Summary

  • ・2週連続で北朝鮮がミサイル発射実験
  • ・公開された発射映像をみると「北極星2型」は捕捉しにくいミサイル
  • ・朝鮮中央通信の記事によると標的は日本?

北朝鮮メディアは、金正恩朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、中距離弾道ミサイル「北極星2型」の発射実験に成功したと伝えました。22日には映像も公開され、移動式発射台に搭載されたミサイルが白い煙を上げて上昇する様子や、ミサイルに搭載されたカメラで宇宙から地球を撮影したとされる映像も初めて公開されました。金委員長は「100点満点で完璧だ」「我が国の核戦力の多様化、高度化をさらに進めるべきだ」と述べ、「北極星2型」の実戦配備を承認し、量産化を指示したと伝えています。

8750be86 3546 405d 8d87 8453ac9c4c76
B21db641 08c5 4713 9047 9c0f068ad0fa

今回の北朝鮮のミサイル発射実験について能勢伸之フジテレビ解説委員に解説してもらいました。

能勢
韓国の聯合通信は国防部が、このミサイルの射程は2000kmくらいではないかと伝えています。中距離ミサイルは射程3000km~5500kmなので、1000km~3000kmの間ということは準中距離ミサイルということになります。今回は北朝鮮もミサイル実験というよりは性能が安定しているかどうかの試験だったと思います。

速水健朗
段階が一つ進んだということですか?

能勢
段階を一つ進めるぞ」ということだと思います。韓国の国防部の発表でも「グアムには届かない」ということを明言していて、そのミサイルをわざわざ生産・配備するということを打ち出した。グアムに届かなければどこまで届くのか、もうちょっと近めのどこかの国というわけですね。

速水

我々日本は含まれるというかむしろメインな感じなんですね。

能勢
発射のあった前日の土曜日に朝鮮中央通信・日本語版で出した論評記事があって、表題がなかなか刺激的です。

速水
日本もわれわれの打撃圏内にある」これはどうとらえればいいんでしょうか?

能勢

ずばり射程内ということでしょう。わざわざその宣告をした翌日にこれが発射された。その中の文章には「日本は(中略)自らわれわれの打撃圏内により深く入る結果を招いた」「米本土と共に在日米帝侵略軍基地を精密照準し、せん滅的な発射の瞬間だけを待っている」と書いてあります。

8860eb77 6bd8 4445 a9fc 073fc878ba78
7e08395b 4b3d 40f9 9ce3 14da8de21522

発射映像からわかること

20af774d 0ead 4c49 9d7e ecfdfc7c638e
今回の「北極星2型」

能勢
発射映像からわかるのはコールドローンチですね。黒い煙の方は何を使ったかわかりませんが、ミサイルを打ち上げ、それからミサイルが噴射してから白い煙が出ている。コールドローンチというのは、別の手段で打ち上げてそれから空中で噴射を開始させる方法です。

どんな利点があるのかというと、ホットローンチのスカッドERというミサイルと比べてみると、ホットローンチは発射の際にいきなり噴射させて上昇させるまでに数秒かかるので、発射装置に熱をぶつけています。宇宙から弾道ミサイルの発射を見張る早期警戒衛星は基本的に赤外線を見張るので、発射される瞬間から熱が発生していて、かつ熱くなったものが地面に残っている状況であれば捉えやすいんです。

一方、コールドローンチの方は空中で噴射を開始するので地面とか発射装置に熱を伝える時間がほとんどないので捕捉しにくくなります

速水
コールドローンチの方がより進化した過程ということですか?

能勢
基本的にはそうかもしれないですね。

B91c3723 cc94 4999 9e09 d7bad4c60cb1

ミサイルをどこでも運べる!?

能勢
発射前のミサイルを運ぶ映像も公開されていて、履帯(いわゆるキャタピラ式)で走っているんですがまったく道じゃないところを走ってるんですよ。北朝鮮がよく使っていたスカッドシリーズのタイヤで走る移動発射機の弾道ミサイルのと違って、整地されてないところでも走れる。

発射ポイントだけ整地されていれば
どこからでも、とは言いませんけど、スカッドシリーズよりも広い範囲で発射が可能になる。わざわざ「整地されてない場所を走るぞ」というのを見せつけるようにしている。

久下真以子アナ
どこでも行けて、跡が残りづらいとなったらやっかいですよね

能勢
やっかいです。

103ea1d7 3640 466b aad0 9a43ab84a8fa

ミサイルから撮った地球の映像

能勢
彼らがなぜミサイルから撮ったとされる地球の映像を公開したのかという理由はよくわからない。技術的にはテレメトリーという宇宙のかなり高いところにあがったものからデータを送り込めるという能力は示したんでしょう。

北朝鮮の説明は「撮影した映像のデータに基づいて姿勢制御システムの精度をさらに明確に検討することを行った」。ちょっと意味がわからないんですけど、姿勢制御システムの能力の検証に使ったという意味なのかなと、ただこれが今後どういう風に使われていくのかよくわからない。

速水
金正恩委員長は「きれいだった」と述べてましたが、それを見せるためだけの理由で公開するわけではない。何かしら意図があるはずということですね。

久下
金正恩委員長は、実戦配備と量産化を指示したと伝えられていますが?

能勢
射程が2000km台だとすると、北朝鮮は射程1300㎞のノドンというミサイルを一説には発射装置を50両近く、ミサイルそのものを200発近く持っているといわれてますが、それを徐々に北極星2型に交換していく過程にあるかもしれません

Cc4cfc96 ae0d 492a 81fd 7af94d6841ca
Afcebd96 9aaf 4b33 abce 0e88a978e85d

5月22日放送「ホウドウキョク×FLAG7」アーカイブはこちらhttps://www.houdoukyoku.jp/archives/0009/chapters/28401

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 2ea358c6 7476 4abd bda0 e05b54f5e861
FLAG7
Reporter
Thumbnail 592a6af2 0c98 4458 98d2 976648d4333c
中国・ロシアで偽ニュースを作成。値段はいくら?
Sep 05, 2017
3.5
FLAG7
Reporter
Thumbnail 2b478a0d 9849 46f8 9846 10af9ef5dd13
「北斗の拳」「サンクチュアリ」の原作者 武論尊先生が今なお書き続ける理由
Sep 05, 2017
5.0
FLAG7
Reporter
Thumbnail c540dfb0 fa7a 4e02 9a86 a5bdbe664c76
JR東日本1634駅の頂点は?「住みたい駅ランキング」1位が意外
Sep 05, 2017
3.0
FLAG7
Reporter