ホウドウキョクは2019年3月31日で更新を終了しました。長らくご愛顧頂きありがとうございました。
サイトは2019年5月31日にクローズ予定となります。今後は FNN.jpプライムオンライン をご利用ください。
蓮舫氏・戸籍公開の波紋…民進党は復活?分党?解党?
Main 70a8323b 4ecb 4e0b a336 2b57aaffde57
蓮舫氏・戸籍公開の波紋…民進党は復活?分党?解党?

戸籍公開の是非は?今なぜ公開に踏み切ったのか?2人の専門家が読み解く

Profile 2ea358c6 7476 4abd bda0 e05b54f5e861
Jul 20, 2017 by FLAG7 Reporter

3 Lines Summary

  • ・戸籍公開で存在意義を否定した民進党
  • ・解党?分党?民進党再生の可能性はあるのか
  • ・反自民派の受け皿になれないワケ
A7584367 dd57 4352 aa5c 67db47ccddc4

民進党の蓮舫代表は、自身の「二重国籍」の問題を解消したことを示す資料として戸籍謄本の一部などを公表した。今回の資料開示は、都議選の大敗で党内から説明を求める声や批判が上がっていたことに配慮したものとみられている。

ジャーナリスト佐々木俊尚の解説

7f724ab3 4f03 4086 8bc0 dfccaab7e403

このニュースはどう評価するかで相当意見が別れています。

まず、いかに国会議員であろうと戸籍を公開するのはよくないという意見。そもそも我々の社会は、外国人や日本人の区別なく多様性をもっと大事にしていきましょう。そのうえで、今回のような前例が作られてしまうと、同じことが繰り返されてしまうという話で、朝日新聞も、13日 朝刊の社説に同じような主張を載せています。外国籍の親を持つ人びとにも影響が出る、悪しき前例になるんじゃないかというんですね。

これに対して産経新聞は批判的な意見を展開しています。もちろん差別はあってはならないんだけど、蓮舫氏は国会議員であり、野党第一党の党首なので、首相の座も狙える立場にある。ということは、外交や安全保障に対する責任もあるので、一般人とは違って、どこの国籍かは非常に重要であるという意見。

どちらも確かに一理ある。個人的には、あまり国籍にこだわるより、もっと社会の多様性を大事にしていったほうがいいんじゃないか、だからここまでやらなくても良かったんじゃないかなと思っています。

このニュースは「なぜこの時期にやったのか?」ということもポイントです。都議選で敗退したからという話なんだけど、それは蓮舫氏の国籍がはっきりしてないからではなく、民進党に魅力がなかったからでしょう。それを国籍問題にすげかえているのは不思議な感じがします。

戸籍公開で民進党は存在意義を否定したのでは

立命館大学政策科学部教授 上久保誠人さん

84c3d75d e31e 4f26 9b95 3297a1391f7d

都議選の大敗と蓮舫氏の問題は関係ないでしょう。しかし、民進党の中には都議選で負けた責任をとりたくない人たちがいて、蓮舫氏の国籍問題で負けたことにすれば責任追及から逃れて退陣しなくてすむというわけです。

民進党は、その前身である民主党時代に多様なバックグラウンドを持つ人を受け容れてきました。蓮舫氏自身もそうですよね。マイノリティを受け容れてきたというところに存在意義があったんです。一方、自民党などは家族主義を大事にしようみたいなことを言っていて、その中に入れない人を民主党がカバーしてきた部分がある。今回のニュースはそういう部分を完全に捨てて、民主党時代からの存在意義そのものを否定するような行為ではないかと思います。

なぜ民進党は都民の声に応えなかったのか

小池都知事はゴルフに例えて、スライスでもフックでもなく真ん中のフェアウェイを狙ったと言っていましたが、要するに「中道」を望む都民が多かったわけです。

ところが民進党は、共産党と共闘を組んで「中道」の都民にまったく応えてこなかった。そればかりか民進党から都民ファーストに鞍替えする候補者が相次ぎ、全く信頼を失ってしまったことが大敗の大きな要因になったのでしょう。

民進党は、国政選挙で自民党と戦うために、組織票を持つ中規模の政党と組まないといけないと思っていました。自民党は公明党と組んで長年うまくいっています。それに対抗するためには、共産党と組むしかないと考えたんです。

ところが共闘すると、共産党に反することがないよう政策が引きずられてしまうんです。例えば、増税して社会保障を充実させるというような政策は打ち出せない。

同じように、安全保障や憲法もしかり。結果、政策的な選択肢の幅を奪われてしまったんです。野党共闘を捨てられないのは選挙が怖いということに尽きるんじゃないでしょうか。今すぐ公明党と自民党が別れるわけでもありませんからね。

あと共産党に影響されると、党内の批判が許されない状況になってきます。都議選に関しても、民進党は15議席を5議席に減らしておきながら、蓮舫代表を真っ向から批判する声はあがっていない。言論の自由や、風通しというものが党内からなくなってるような感じです。

解党か分党か それとも再生か

これからは、やっぱり新しい勢力を望む声はますます強くなるでしょうから、旧来から持っている労働組合の組織票にしがみつくのではなく、党から飛び出すことも必要になっていくんじゃないでしょうか。今、都民ファーストには4人くらい国会議員がいて、難しいかもしれませんが5人になれば政党が作れます。

もしそうなったとき民進党は、ちょっとラディカルな言い方かもしれませんけど解党すると思います。小池都知事や離党した長島昭久元防衛副大臣のようなスターではない保守の誰かが動くのか。いずれにしても、もう党は割れざるを得ない感じだと私は思います。

逆に言えば、民進党を再生するのであれば、まず共闘をやめる。そして過激な言い方ですけどリベラルを追い出す。これしかないでしょう。

戸籍公開は話題を作っただけ

日本大学法学部教授 岩渕美克さん

B6543066 4859 4dfb 96de d476138268a0

戸籍を公開したところで、蓮舫氏の信頼感が増すとか、都議選惨敗の理由が解決するわけではありません。惨敗して離党者も出たという時に、そんなことをやってる場合なのかという感想です。

蓮舫氏は、若い頃 優秀なタレントで、台湾出身の話題になると中国語で挨拶したり、台湾人である父のエピソードを披露したり、メディアが喜ぶことを話してくれた印象があります。それが、議員になり民進党の代表になった今、17歳の時に日本国籍を取得したって言われても、「そうだったの?」っていうぐらいしか思いません。

一方、政治理念というか、代表として民進党をどうするのかという思いに欠けているようで、今回も党内からの突き上げに対して応えたと言うことですよね。近頃メディアに出てなかったので、話題を作ったということなのかなとも思います。

反自民派の受け皿にはなれない

去年「私はバリバリの保守です」と言ったものの、憲法をどうするのかということに対して、蓮舫氏の口からこうしたいという話は出てこない。まあ、ただでさえ求心力がない代表なので、これを言い出すと党がバラバラになってしまう恐れもあるんですけど。このままでは民進党が信頼感や支持率をアップさせることにはならないでしょう。
民進党の代表には、やはりきちっとした対応が求められていて、それが党の復活につながっていくと思います。

例えば、民進党には玉木雄一郎さんや大塚耕平さんなど、経済通と言われる方がいらっしゃいます。こういう人たちにアベノミクスに対抗する経済政策を考えるよう指示したとか、そんなこともない。

なんか民進党は普段何をやってるのかよく分からなくて、自民党が失点を犯したときに出てきて批判するだけなんですよね。自分から積極的に、プラスの案を有権者に訴えることがほとんどない感じがします。だから民進党は、安倍政権の支持率が落ちても、離れた有権者の受け皿になれないということなんでしょうね。

櫛の歯が欠けるように離党者が出る

都議選で分かったのは、そういう「安倍ではないよね」というような民意の塊が、東京都に一定数あったということです。これが東京都だけではないということになれば、全国的に同じような民意があるわけで、民進党も代わりになる経済政策や、憲法改正案や、テロ等準備罪に対抗する法案などを打ち出して、やっぱり頼もしいなってところを見せなきゃいけないのに、まだ加計学園問題とかの失点をつくだけ。
批判は得意だけど日本のかじ取りを任せてみたら何もできなかったっていう、民主党政権の負の遺産を全く払拭しようともしていないんですよ。

今のままでは、どんどん櫛の歯が欠けるように離党者が出ていって、かなり厳しい状況になるのがなんとなく見えはじめています。個人的には、いったん白紙に戻してから政策なりをすりあわせ、人が集まれる状況にしなければいけないと思います。

まとめ:蓮舫氏は自業自得か

F530ce05 8c8a 434a 8083 ae9efb886de1

安保法制でも共謀罪でもいいんだけど、例えば「共謀罪はある程度テロ対策に必要です」という意見と、「でも今の共謀罪の法案はやりすぎです」という意見があったら落とし所を探すのが、民主主義の議論です。Aの意見とBの意見が対立してるだけだと進まないので、A5割・B5割にするのかA3割・B7割にするのか、折り合いをつけるわけです。

ところが今の民進党のやりかたって「絶対反対」しか言わない。「お前は共謀罪に賛成か反対かどっちなんだ」って問い詰めて、ちょっとでも賛成だったら「敵だ!」みたいに切り分けたがる。

敵味方に別れて「石」を投げ合ってたら、民主主義ではなくて単なる戦争ですよ。そこを民進党は激しく勘違いしている。まあ、ちゃんと議論するということをやってこなかったがゆえに「石」を投げることくらいしかできなくなってる現状もあるのかなと思いますが。

今回の国籍問題はちょっとかわいそうだし、こんなことは追及してほしくないなとは思うんだけど、蓮舫氏の政治姿勢にはかなり疑問があります。今まで「石」を投げまくってきて、それ以外なにもしてない。政策論争もまともな提案もしてないわけです。だからかわいそうだと思いながら、自業自得という気がしないでもないんですよね。

FLAG7 7/18放送分より 番組アーカイブはこちら
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0009/chapters/28933

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 2ea358c6 7476 4abd bda0 e05b54f5e861
FLAG7
Reporter
Thumbnail 592a6af2 0c98 4458 98d2 976648d4333c
中国・ロシアで偽ニュースを作成。値段はいくら?
Sep 05, 2017
3.5
FLAG7
Reporter
Thumbnail 2b478a0d 9849 46f8 9846 10af9ef5dd13
「北斗の拳」「サンクチュアリ」の原作者 武論尊先生が今なお書き続ける理由
Sep 05, 2017
5.0
FLAG7
Reporter
Thumbnail c540dfb0 fa7a 4e02 9a86 a5bdbe664c76
JR東日本1634駅の頂点は?「住みたい駅ランキング」1位が意外
Sep 05, 2017
3.0
FLAG7
Reporter