Main cd599db9 2997 494d 8c65 d74598982563
【全文】蓮舫代表が辞任表明「都議選の結果はきっかけ」(1)

民進党の蓮舫代表は、辞任する考えを明らかにした

Default portrait
Jul 27, 2017 by news room Reporter

3 Lines Summary

  • ・都議選の結果はきっかけではあるが、原因ではない
  • ・統率する力が私には不足していた 
  • ・100%以上の力をもって引き継ぎたい

民進党の蓮舫代表が7月27日、記者会見を行った。代表を辞任する意向を表明したことに対して、記者からの質問に答えた。
(蓮舫代表が辞任を明言した冒頭の会見部分はこちら

48284465 78d1 446f ae2c bc509482ec71

――辞意を決めたのは昨日ですか?
はい。

――新しい代表を選ぶにあたって、どう考えていますか。
執行役員会でご了承を頂きました。党の規約に基づいて、常任幹事会で提起をして、そのあと両院議員総会という形になると思います。

すみやかに代表選に入っていただきて、新たな代表を選んで、新たな執行部を作って、今の安倍内閣、新しい閣僚、新しい布陣になるかもしれませんが、総理は変わらないわけですから。国民のみなさまの不満をしっかりと代弁し、それに代わりうる、“民進党ここにあり”という体制を作ってもらいたいと思います。

――今回の決断は、都議選の結果を受けてのこと?

都議選はひとつのきっかけではありますが、直接の原因ではありません。これは明快にさせてください。

都議選やその結果も通じて、今回丁寧に党内の仲間の声に耳を傾け、いろいろな声を受け止めながら、私は代表になってからみんなの声に向き合ってきたのだろうか、その反省の部分、自分に足らざる部分に気づいたことも大きいと思います。

いろいろと総合的に勘案をして、より強い受け皿となる民進党を今、迅速に作ることが代表としてやるべきことだとの判断です。

――代表に選任されて、1年経たずにこういう結果。具体的に、どういった部分で一歩引いた方がいいと思ったのか。

おそらく私に足りないと思うのは、メディアのみなさま方、党内のみなさまの判断を尊重すべきだと思いますし、自分の中で昨日、一日考えて遠心力を働かせてしまった、どうやったら求心力に持っていけるのか、という部分でいろいろ考えた結果、その部分の思いが今回の判断につながったということだけを伝えさせてください。

――野田幹事長の後任人事について打診は?

人事には着手していません。

――先日の両院懇談会、衆議院議員に鞍替えすると言っていましたが、その思いに変わりはないですか。

このことも含めて一度立ち止まります。もう一度考えます。

――安倍内閣の支持率がこれだけ下がってきているのに、民進党が受け皿になっていないのはどうしてだと思いますか。

ひとえに、私の足らざる部分だと思っています

――野党一党の代表として国民に対して存在感を示せなかったのはどうしてだと思いますか。

いろんな理由が複合的にあると思います。すべて私の足りない部分に起因をしています。

――足りない部分、蓮舫代表としてどういう部分だと思いますか。

政党は多様な声を持った議員がしっかりとその声を一つにまとめて、思いを一つに動いていく、その部分で統率する力が私には不足していたという私の判断です。

――後任の代表についての人物像は。

引いていく私が注文を付けることはしてはいけません。

わが党では経験のある人も、志が常に高い仲間と若くてチャレンジ精神がある、すばらしい仲間がいると思いますので、急進力を高める執行部ができること、これを切に切に願います。

Fe928cd6 8ebe 419a 80e4 8c4647152c3f

――野党共党の連携ができていないといけないと思うが…

そんなことはありません。エネルギーに関しても、それぞれの政治家の立場があり、健全な民主主義の政党だと思っています。さまざまな考えを、特に原発に関してはエネルギー調査会の中で多様な議論を交わしながら、時には週に2回も会議を開いて、すべての議員にオープンにして、一つの方向性に集約して、原発ゼロ基本法案をまとめる直前まできています。

ここにおいては私は党の仲間に感謝を申し上げる。そして、次の代表にはしっかりと結実を出してほしいと思っています。

――安倍政権が次々と問題が起きている中で、野党第一党の党首が、これから追い詰めていく中で水を差すようなことになるのではないかと思ったことは。

もちろん考えました。水を差してはいけないし、空白を作ってはいけない。その部分では、国体も含めてしっかりと100%以上の力を注いで仕事をしております。

防衛監察の結果に含めた衆参の委員会を開くことも進めていますし、ここにおいて、次の代表が決まる、次の執行部ができるまでに、100%以上の力をもって引き継ぎたいと思います。

ーー来週にも閉会中審査が開かれるタイミングで、中途半端では?

代表として組織ですからブロック会議を開いて都議選に入っていった。都議選の結果を受けてブロック会議を丁寧に開いていった。

総括でまとめ、まとめたものを両院のみなさま方に懇談会という形でお示し、意見を頂く。その意見をまとめて、次のステージ、次のステップに踏もうというのは、これは一つの流れ。途中で投げ出すことはむしろ無責任だと思っていました。

――2点。(1)野田佳彦幹事長がが辞意を表明。その時には続投は考えていた? (2)国籍問題をインタビューで言っていましたが、改めて国籍問題はどういうものであったのか?

(1)考えていませんでした。昨日自分の中で判断しました。

(2)私の国籍に関して今回の判断には一切入っていません。全く別の問題です。

――より強い受け皿となる民進党と話していましたが、現体制、何が足りず、次の執行部でどういうところを打ち出せば、強い受け皿になりますか。

野党は攻めには強い。だけれど、受けをしっかり主張して発信して、それを広く浸透するには手段が限られています。限られた手段の浸透する部分の中身は、海江田さん、岡田前代表が作ってくれた。これを私も一つの結果としてまとめる。作り上げてきたと思っていますので、この結実を広く国民に伝え、浸透できる執行部でいてほしいと思います。

――野党共闘について、在任中でどういう形でできたと評価できるか。民進党は今後、どう向き合えばいいか。

野党との連携。公党間の約束がありますので、この約束を少しずつでも前に進めていく、その時に悩ましいというか気を付けた部分は、野党の連携ありきと、そのように聞かれることが多い。でも連携の前にまず民進党です。

民進党は何をする政党なのか、民進党は何を伝え、何をしてくれる政党なのか、をしっかりと優先的に出し続けることに努力をしてきました。

これはこのあと、新執行部も引き継いでほしいですし、野党ありきではなく、野党第1党の民進党としてありき、の姿勢をもっともっと強く打ち出していく姿勢があると思います。

(2)「孤独な立場をものすごく痛感」へ続く

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
News room
Reporter
Thumbnail bee93833 4132 4938 a807 ee62af10976c
眞子さまと小室圭さんの婚約内定 9月3日に発表
1 hour ago
3.0
news room
Reporter
Thumbnail 0e5868c1 a690 4710 94b5 2513400b08d5
2週間ぶりの金正恩氏の姿。グアムへのミサイル発射は「もう少し見守る」
Aug 16, 2017
4.5
news room
Reporter
Thumbnail f2141a47 c8f0 4b2a 88c3 4100a40e5fbb
ソウルで“慰安婦像バス”運行開始。菅官房長官「極めて残念」
Aug 15, 2017
4.0
news room
Reporter