ホウドウキョクは2019年3月31日で更新を終了しました。長らくご愛顧頂きありがとうございました。
サイトは2019年5月31日にクローズ予定となります。今後は FNN.jpプライムオンライン をご利用ください。
人気ユーチューバーのインサイダー騒動も…「VALU」はどうなるのか?
Main 442dae64 8795 4e3e 8381 9fad58b7b15e
人気ユーチューバーのインサイダー騒動も…「VALU」はどうなるのか?

「VALU」に可能性を感じる専門家は多いが、騒動から復活する可能性は…

Profile 2ea358c6 7476 4abd bda0 e05b54f5e861
Aug 25, 2017 by FLAG7 Reporter

3 Lines Summary

  • ・手元に20万円入っても「何を売ったか分からない」
  • ・優秀だけど注目されていない人にお金が回るべき
  • ・おばあちゃんが孫のVAを買う時代が来るかもしれない
9f1302ea e8ac 4030 ac1c fcb83fa93cdb

個人が発行する仮想株式を売買するネットサービスの「VALU」で、人気ユーチューバーの価値が高騰した直後に暴落し、ユーザーから「インサイダー取引では」と批判が噴出している。

「VALU」は、個人が「VA」と呼ばれる仮想株式を発行し、仮想通貨のビットコインと連動した資金を他のユーザーから調達できるサービスで、個人の評価が価格に現れるので「評価経済」の一種とも言われている。

今回の「VA」の暴落で一部ユーザーは含み損が出たが、その後ユーチューバーが「全株を過去最高値付近で買い戻す」と表明。「VALU」もルールの見直しを明らかにしたため、一応事態は収束に向かっている。

佐々木:
これは説明が難しい。だいたい「VALU」って何のことか分かる?

海老原:
聞いたことはあるんですが…

8ba7c6bd fbbd 40e7 aecb 3fb09fd98141

VALUの市場と株式市場

佐々木:
簡単に説明します。
まず「株式会社」というのは、会社の資金を集めるため「株」を発行します。
例えば1株1万円で100人の人に買ってもらったら100万円が集まります。
その後、会社がどんどん成長すると「株」を欲しい人がたくさん出てきて、例えば1株10万円で買ってくれるようになる。
すると、最初に1万円で買った株を売ると10万円になります。
また、1年間に1株当たり例えば500円ずつあげる「配当」というのもある。
お金を出してもらう代わりに、成長したらリターンがあるというのが株式会社です。
株主は、会社のビジネスでお金が儲かるという期待感で投資をしているわけです。

一方「VALU」で投資するのは、会社ではなく一人の人間です。
例えば海老原さんが、1VAを1万円で売り出して100人が買ったら、100万円は君の手に入ります。
それを使って例えば学校に行ったり勉強したりして3年後に日本一のアナウンサーになっているかもしれない。
そうすると君の価値が上がるって「VA」の価値も上がるよね。
もし1万円で買った「VA」が100万円で売れれば、1万円が100万円になるという考え方で、面白い試みではあるんだよね。

騒動から見えてくる問題

でも最大の問題は、「株」というのは単に企業の成長だけで価値が増すわけではないんです。
例えば、「投機筋」と言われるところが“この会社に注目している!”と期待をあおって、株価が上がった後に売り抜けたりしている。
中には、だまされて損する人もいるので、そういう投機的なことはなるべくさせないようにしましょうと、いろんな規則がいっぱいあります。
「インサイダー取引」という、内部情報を持っている人がその会社の株を売り買いすることを禁じたり、
事実ではない情報を流して株価を上げようとする「風説の流布」を禁じたり、そういうルールがたくさんあります。

これだけ金融市場が、がんばって投機をやらせないようにってルールを作ってきたところで、「VALU」が同じような株式の仕組みを使いながら全くルールなしで始めてしまったら、いろんな人が抜け道を駆使してお金をもうけしようとするという訳です。
今回のユーチューバーの騒動は、あきらかにインサイダー取引みたいなものだけど、現状では禁じる法律も何もないんです。
あともう一個の問題は、個人に投資するといいながら、結局すでに評価の高い有名な人ほどお金が集めやすい仕組みにしかなっていないということ。
「評価経済」と言われているのに有名人にお金が集まるっていうのは、チョイいびつな感じがします。
「評価経済」は、今の「お金の経済」に変わるものと言われているんだけど、「VALU」はそうなっていない。
可能性としては面白いサービスなんだけど現状ではいろんな抜け穴がありますね。

手元に20万円入っても「何を売ったか分からない」

ITジャーナリスト 三上洋さん

752ba129 cda0 487a 86ee d70303b9c5b5

実は私も「VALU」はよく分かんなかったので、自分で始めてみました。
そうすると「VA」を売った途端に私の手元になんだか分かんないけど20万円ぐらいのビットコインがやってくるわけですよ
私は何を売ったんだ?何を提供したんだ?やってみてもよく分からない。
それから2か月ほど続けて、やっと見えてきました。

運営側はあくまで個人を応援するんだと、原石を探して支援するクラウドファンディングの派生だと、「投資ではない投機ではない」と言っています。
ところが「VALU」を使うとまず出てくるの「チャート」です。

「チャート」…株式や円など相場動向を表したグラフ。

さらに「売り板」が赤、「買い板」が青で表示されます。
もう完全にネット株取引の画面と同じようなものが出てくるんですよ。

「売り板、買い板」…売り買いの注文数や値段など現在の状況をまとめた一覧表。

例えば、クラウドファンディングの場合、投資してくれた人には必ずお返しがあるんですが、「VALU」はまったくないんです。
優待も義務ではないんです。

VALUはどうして始まったのか

創業時の「VALU」には堀江貴文さんも関係していてます。
堀江さんはそれ以前に独自の電子通貨を発行していて、価格が自分の信用度によって上下するので、信用度自体の市場ができるのではないかと考えたことが「VALU」のきっかけになったらしいんです。

「VALU」でやっていることを端的にいうと、発行者の社会的な評価を一時的に所有するという概念をみんなで共有することで、そこがお金になるということなんです。ちょっとよく分からなかったんですが、堀江さんの話を聞いてなるほどなと、個人の信用度を売買しましょうということが基本的な思想なのかなと思います。
ただ「投資ではない投機ではない」と言ったり、証券化という言葉を嫌ったりする理由の一つは法律上の逃げだと思います。

運営の実態

「VALU」の運営側の収入っていうのは、売買した1%の手数料なんですよ。
発行者が自分のVAを売るときだけは10%で、他の手数料は全部1%になります。
つまり、売買がたくさん起きれば起きるほど多くの収入が運営に入ります

私は、「VA」を買う人は発行者の評価が上がることを期待しているのかと考えていたんですけど、自分で投資してみて分かったのは、やっぱり「値上がり益」を期待しているんです。

例えば有名人が上場すると値幅制限が上下50%なので、当日はみんなストップ高で買いを入れるんですよ。
翌日もストップ高。その翌日もストップ高、みたいな感じなんですね。
そうなると発行主側は、うまく「VA」が値上がりするように発行数をコントロールします。
これが「VALU」の最大の問題点なんですけど、発行主は「VA」の発行数、価格、タイミングを公表せずに自分でコントロールできちゃうんですよ。
取引高しか分からない。

株式市場は逆で、新株をどれだけ出すとか、価格はいくらですとか、何月何日に出しますとか公開しますよね。
そうじゃなかったら取引の価格なんて決まらないじゃないですか。
「VALU」は需要と供給のバランスを全く無視しちゃってるんです。今回のユーチューバーの騒動は、「高値売り抜け」と言われていますが、実は「VALU」をやっている人々は「いきなりジャブジャブしやがって!」と思っているでしょう。あれは大量の「VA」を出して無理やり価値を毀損させるような行為なんです。

6月末にも起きていた

「VA」の発行数は入会時に決まります。
運営側がSNSの影響度を測って、この人は5万VAとか、1万VAとか割り当てて、自分でも少しだけ選べます。
ただ実際には「5万VA」とか割り当てられても全部売れないんです。だから少しずつ売っていく仕組みになっちゃってるんですよね。

実は同様の騒動は6月末にも起きています。
メルカリの社長さんが、面白がって大量の「VA」を売ったところ、価格がものすごい上がったり下がったりしました。
これが問題になったので、上下50%の値幅制限という決まりができたんですよ。
この「VALU」の市場って誰かがビットコインを持ち込まないと全体のお金は増えないわけですよ。
有名人が上場してお金を得ても、別の誰かに投資して戻してくれないと、「VALU」市場には全然お金が回らないってことになります。

今回の騒動で「VALU」の価値が下がっちゃうようなイメージを持たれるのは、あまりよろしくないでしょう。
常に誰かがお金を持ち込まないと成り立たないので、かなり今苦しい状況ですね。
「VALU」自体は面白いし、うまくいけば それこそ若い人の今後のためにもなると思うので、仕組みとシステムとルールをちゃんとしてほしいなと思います。

これは面白い!夢のある市場になる

NPO法人社会保障経済研究所代表 石川和男さん

B8ce72db 2a31 4d68 ae0c c5f14a64299f

実は私も「VALU」をやろうと思っていたんですよね。
ところがユーチューバーの問題とかいろいろあって、ちょっと躊躇しているというのが本当のところです。

ただ私は、今回の問題は教訓として改善していくことによって、相当 夢のある市場になると思ってるんですよ。
これ面白いですよね。

VALUが持つ可能性

「VALU」の解説を見ると、個人がお金集められますと書いてあるんですけど、これってグループでもいいんじゃないですか。
例えば私と佐々木さんが同盟を組んでこんなことをやっていきますと、そういうのが「VALU」で許されるのであれば、会社ではない別の組織が出来ちゃうんですよね。

またお金は今ビットコインに限定されていますけど、政府も「VALU」の市場を広めようとちゃんとしたルールを設ければ、基軸通貨でいいわけです。
そういうことを考えると夢が広がってなかなかいいんじゃないかと一側面から思います。

ルールができるきっかけになるのは、今回のような不祥事やトラブルが起きた時です。
それで放っておくと、このマーケットは潰れちゃうんですよ。
政府からでも業界からでも、どちらでもいいんですが「やっぱりやっていこうじゃないか」という気概のある人が、デファクトルールみたいなものを作っていけば、だんだんまともな方向に進んでいくでしょう。

自動車と同じですよ。
最初は事故が多くても信号や速度制限のルールを作っていけば問題は減ると、そういう風に考えていくと前向きになれると思います。

ビットコイン以外でも可能性はある

今のところビットコインに限っていますが、今回のような問題が起きると、みんな「やっぱりやめようか」みたいになっちゃう可能性があるので、少し使える通貨の種類を広げていってもいいと思います。

例えば航空会社のマイレージとかツタヤのTポイントとかも、仮想通貨みたいなものじゃないですか。
そういう、日本円でも米ドルでもないものと連動することで、お金が別の場所で循環する仕組みを作れば、その分だけ市場は拡大します。
そういうことを思っているように、私は本件についてはわりと前向きなんです。

ただやっぱり、ルールを決めておかないと今回みたいなことで一気に信用が落ちちゃう。
もしこれが証券取引法の世界だったら、投機した人は罰を受けるというか社会的に損するわけです。
そういうルールを作った方が、市場で変な人が問題を起こすこともなく、健全になるのではないでしょうか。

おばあちゃんが孫のVAを買う

すごい経歴の人を高い給料で雇うのも「評価経済」の一つです。
それを「VALU」は一般の人から資金を集める仕組みを作ろうとしているわけじゃないですか。
伸びる人が、さらに伸びるシステムを作ったという点ではいいと思いますが、負の側面を一つだけ言うと、格差が広がっちゃうかもしれません。

だから有名な人がお金を集めて何に使うかが問われるわけです。
例えば、堀江さんの知名度を使ってお金を集めるのはアリだと思うし、そういう個人がたくさん出てくればタンス貯金もどんどん動くようになるでしょう。

若い人たちが、おじいちゃんおばあちゃん世代、お父さんお母さん世代に、魅力的なものを作って「VALU」でお金を集めたりできる。
簡単に言っちゃうと「私の孫に投資しましょう」みたいに、お年寄りもお金を出しやすい仕組みなんですよ。
金持ちのおじいちゃんが孫の「VA」の値段を吊り上げようとしたり、そういうのはアリなんじゃないでしょうか。

これからは詐欺を防ぐために、民間でインフラを作ってその人の情報が正しいかどうか一回はチェックしないといけない。
例えば、今までやってきた経歴や経験をきちんと出して、TwitterやFacebookのフォロワー数が少なくても、いくらか出そうかなと思えるような仕組みが必要です。
フォロワーが多くたって、ろくでもない人いっぱいいますからね。
今回の騒動はアクシデントじゃないですか。
こういうことを踏まえて、どんどんルールを更新していこうと考えた方がいいと思いますよ。

佐々木俊尚のまとめ

C3bf89c4 e0e4 4048 acf6 731faf632628

佐々木:
みんな可能性は感じているんですよ。
ただ、あまりにもルールが整備されなさすぎなのと、いったい何に投資するのか分からないのがあまりよろしくない。

何に投資するかをもうちょっと明確化してほしいですね。
夢なのか、その人の性格なのか、それが現状では単にその人が持っているTwitterのフォロワー数とか、そういうものになってしまっている。

海老原:
指標はそこじゃないっていうことですよね。

佐々木:
もう少し考えていくと、一回仕切り直しして、投機が起きないようにいろんなルールをちゃんと作った方がいいのではないか。
そのうえで、優秀だけど注目されてない人とか、大きなことをやろうとしている人とかにお金が回るような仕組みが出来ればいいんじゃないでしょうか。

ただ現状、イメージが悪くなりすぎたのでここを乗り切れるかどうかは、かなり微妙なところかなという感じです。
もし仮に「VALU」がうまくいかなくなったとしても、この仕組みは多くの人が見ているので欠点を埋めた新しいサービスや仕組みが次々出て、徐々に個人の株式化みたいな、新しいビジネスやプラットフォームが出てくる可能性はあるかもしれない。

8月22日放送アーカイブはこちら
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0009/chapters/29115

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 2ea358c6 7476 4abd bda0 e05b54f5e861
FLAG7
Reporter
Thumbnail 592a6af2 0c98 4458 98d2 976648d4333c
中国・ロシアで偽ニュースを作成。値段はいくら?
Sep 05, 2017
3.5
FLAG7
Reporter
Thumbnail 2b478a0d 9849 46f8 9846 10af9ef5dd13
「北斗の拳」「サンクチュアリ」の原作者 武論尊先生が今なお書き続ける理由
Sep 05, 2017
5.0
FLAG7
Reporter
Thumbnail c540dfb0 fa7a 4e02 9a86 a5bdbe664c76
JR東日本1634駅の頂点は?「住みたい駅ランキング」1位が意外
Sep 05, 2017
3.0
FLAG7
Reporter