ホウドウキョクは2019年3月31日で更新を終了しました。長らくご愛顧頂きありがとうございました。
サイトは2019年5月31日にクローズ予定となります。今後は FNN.jpプライムオンライン をご利用ください。
「書店ゼロ自治体」が増加!最も書店が少ない地域は?
Main adfaa988 fa09 429e a913 f4f15365c325
「書店ゼロ自治体」が増加!最も書店が少ない地域は?

書店が1店舗もない自治体が増加している

Profile 2ea358c6 7476 4abd bda0 e05b54f5e861
Aug 26, 2017 by FLAG7 Reporter

3 Lines Summary

  • ・全国的に書店数の減少に伴い、書店数ゼロの自治体が増えている
  • ・電子書籍売上が、紙の書籍売上を超えているジャンルもある
  • ・エンターテインメントとして魅力のある書店は、地方でも増える可能性はある 

「書店ゼロ自治体」増加の実態

5816fe68 3317 466e ba86 f42ee9218d4f

書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えている。

出版取り次ぎ大手トーハンの7月のまとめによると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区1896の2割強を占めているという。

F0f19503 a5fa 41d3 90e8 8839dc0d5dd0

都道府県別に書店ゼロ自治体の数を見ると、北海道(58)、長野(41)、福島(28)、沖縄(20)、奈良(19)の順となる。ゼロ自治体のほとんどが町村単位だが、茨城県のつくばみらい市や鹿児島県の垂水市など、6つの市も含まれていた。

全国書店数の推移

A3446ab9 f8ca 49e1 84a9 931cea9170f2
0c2f2f56 9d7e 4f1c b365 9085c13b8aaf

2017年5月時点において、全国の書店数は12,526店とされているが、2000年の21,654店から4割強も減っていることになる。
その理由には、
・人口減
・活字離れ
・書店の売上の6割~7割を占める雑誌の市場規模縮小(10年前と比べ約4割減)
・紙の本の市場の1割を握るアマゾンなど、ネット書店の隆盛

などが挙げられる。

書店の魅力

1c5454de 12e3 4be7 8760 ba91c4bcd761

松村未央アナウンサー:
おふたりは書店はよく利用しますか?

松浦茂樹(スマートニュース):
週に1度は行くようにしています。買う買わないは別にして、いまどんな本が売れているのかを見に行くようにしています。

三浦瑠麗:
私はコソコソと行くようにしています。さすがに著者なので顔バレ率が高くなるので。

松村:
本屋さんに来る人は知ってますよね。

松浦:
でも、大きな書店はまわったりしていますよね?

三浦:
まわりますし、トークショーをやったこともあります。

紀伊國屋書店などではよく平積み展開をしていただくんですけど、やっぱり本屋さんの面白さって特設コーナーだったり、店員さんならではのセレクションだと思うんです。例えば今週の書評の本とか、全部の新聞を取ろうとすると大変だから、本屋に見に行くとまとめて置いてあったりして「ここの書店員は、この本を選んだんだ!」という楽しみ方はあったりしますよね。

松浦:
ぼくもお気に入りの書店がありました。六本木の青山ブックセンターなんですが、そこに行ったら必ず特集コーナーがあって、書店員の個性が細かく出てました。そうすると六本木ならではの感じで本が集まったりするので、それを眺めにいくのは楽しかったですね。

電子書籍の魅力

三浦:
つくばみらい市が書店ゼロなのは意外でした。大学都市なのに本屋さんが無いというのは、ちょっとびっくりです。

松浦:
本屋さんが減ったから、書籍の売り上げが減ったかというと、またそれは別の話になりますよね。電子書籍が結構売れているんです。コミックについては紙を上回っているくらいです。雑誌は厳しいですけどね。

でも、書籍全体で見れば、電子書籍で(紙の書籍の売上減を)カバーできるくらいになってきているというデータもあったりするんです。

松村:
電子書籍は利用しますか?

松浦:
9割9分はタブレットで電子書籍を読んでいます。それによって5年前より買う本の量が明らかに増えました。

松村:
紙との違いは何ですか?

松浦:
家の中で、本にスペースを占有されなくなりました。昔は結構な量の本があったので、それを整理する、掃除するだけで大変だったんだけど、完全に電子書籍に切り替えたのでその苦労が無くなりました。

あとメモがしやすくなりました。どんなに書いても汚れないし、ボロボロにならない。結構書籍にメモなど書いちゃうほうなので、電子書籍だとマーカーが引けるので楽ですね。

三浦:
未来にちゃんと適応している人ですね。

地方書店の今後と課題

三浦:
アマゾンに接続していたり電子書籍を買えるなら、どんなに田舎にいても買えるけど、地方の書店がどういう書籍を提供しているのかを考えると、ちょっと悲観しちゃうところもあります。

松浦:
イオンみたいに買い物をエンターテインメント化し、集客装置になっていればいいと思うけど、それをやれているのは蔦屋書店くらいになっちゃいますよね。

代官山にある蔦屋書店と同じような店舗が函館にもあって、実際に行ってきたんです。そこは車じゃないと行けないような、観光とは関係ないような場所にあるんですがエンターテインメントになっているんです。
ワクワクさせられる空間だし、本を買う楽しみを提供してくれる雰囲気がありました。知的好奇心を満たせる場は大事なはずなので、こういう書店は増えてくると思うんですけどね。

三浦:
私は佐世保にある蔦谷書店に行ったことがありますが、オシャレなんですよ。

問題は私の分野。政治や経済になってくると嫌韓本とか、結局汚れてくるんです。だから私の(専門的な)分野の本は田舎になっていくと、どんどん良質なものが提供されなくなってきている。そういう問題もある気がしています。

松浦:
いわゆるビジネス書と言われるものについては、日本のどこにいても経済は存在するので、いまはどちらかと言えばポジティブな内容の書籍が多い印象を持っていますが、確かに政治の分野だと嫌韓本のムックが平積みされているのを見かけて「んっ?」って思うときはありますよね。

8月24日放送「ホウドウキョク×FLAG7」アーカイブはこちら
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0009/chapters/29133

Tag:
App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 2ea358c6 7476 4abd bda0 e05b54f5e861
FLAG7
Reporter
Thumbnail 592a6af2 0c98 4458 98d2 976648d4333c
中国・ロシアで偽ニュースを作成。値段はいくら?
Sep 05, 2017
3.5
FLAG7
Reporter
Thumbnail 2b478a0d 9849 46f8 9846 10af9ef5dd13
「北斗の拳」「サンクチュアリ」の原作者 武論尊先生が今なお書き続ける理由
Sep 05, 2017
5.0
FLAG7
Reporter
Thumbnail c540dfb0 fa7a 4e02 9a86 a5bdbe664c76
JR東日本1634駅の頂点は?「住みたい駅ランキング」1位が意外
Sep 05, 2017
3.0
FLAG7
Reporter