Main 2b20898f ab24 45f5 912a 915399c02fe7
太っていると出世できない!?“体型”がビジネスに及ぼす影響とは…

特集「ダイエットって本当に必要?」第1回

Default portrait
Sep 13, 2017 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・体型が人に与える印象は時代で変わる
  • ・体型=図形から受けるイメージとリンクする
  • ・営業成績や業務効率にも体型は関連している!?

初対面の相手の情報源は“外見”だけ

なぜ人は、体型を気にするのだろうか?自分の人間関係を振り返れば、外見だけで判断して仲良くなるわけではないし、昔から恋愛でも「人は外見じゃなくて中身」と言われている。実は、人に与える印象と体型は関係ないのでは?

「恋人や友人のように深い間柄であれば、外見よりも内面が重視されます。しかし、初対面の人に会う時、相手の情報は外見から得られるものしかないことがほとんど。その場面では、人は自然と外見から内面を類推してしまうものです」

そう話すのは、立正大学名誉教授の対人心理学者・齊藤勇さん。関係が浅い場合には、外見も重要になってくるのか。つまり、初対面の人と会う機会が多いビジネスの場では、特に重要になってくるといえそうだ。

Efb23c57 99dd 442e bbc5 3c093edccce2

現代は、痩せている人が評価されやすい時代

外見によって内面が判断されるとなると、やはり体型も大きく影響しているということだろうか。

「極端に太っている人、極端に痩せている人は、相手に与える印象も大きく変化するでしょう。ただ、体型による印象は、時代によって変化します」(齊藤さん)

齊藤さんの話によると、戦後の日本と現代の日本では、体型による評価がまったく異なるという。食べ物を確保することが難しかった戦後は、ほとんどの日本人が痩せていた。そのため、太っている人は“食糧を確保できる人=地位の高い人”と考えられ、高く評価されたという。

しかし、現代の日本は、ほとんどの人が食べ物に困ることがない。デスクワークの仕事が増えて運動量が減り、生活習慣病患者も増加している。このように社会が変化したことによって、太っている人は“自己規制できていない人”と捉えられがちだ。引き締まった体型を維持している人ほど、評価されやすい時代だといえる。

「大企業の取締役に恰幅がいい方が多いのは、戦後の評価の名残といえます。逆に、若い世代の方がダイエットを意識しているのも、時代の流れ。他者からの評価が自尊心を育み、自信につながっていると考えられます」(齊藤さん)

しかし、現代の日本でも、太っていることが、必ずしもマイナス評価につながることばかりではないようだ。

「人は幼い頃から、図形に対するイメージが自然と形成されています。例えば丸は温かい、三角は鋭い、四角はきちっとしている、といった具合です。相手に抱く印象も、時代性以外に、体型とリンクする図形のイメージで捉えられることが多いです」(齊藤さん)

太っている人は丸に近いため、温かく柔和な印象を持たれやすいということ。逆に、極端に痩せている人は三角のように鋭く感じられたり、弱々しい印象を持たれたりしやすい。

264634e8 9b6b 4cc1 bcec 2d5d45c25f6f

ビジネスにおいて体型が大きく影響する理由

体型が、人に与える印象に影響していることはわかったが、実はビジネスそのものにも影響するという。そう教えてくれたのは、『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』著書のダイエットコーチ・小林一行さん。

「ビジネスにおいて、体を引き締めるメリットは大きいと思います。まずは健康面。極端に太っていると、健康リスクが高まります。もし体調を崩し、入院することになったら、収入を失う可能性がありますよね」(小林さん)

Aed1c79e 5d4a 47ea bf1d 62f9afd4c981

仕事に大きな穴を開け、周囲に迷惑をかけることもあるだろう。入院に至らずとも、通院が続けば治療費の負担も大きくなる。パフォーマンス面でも影響はあるそう。

「極端に太っている方は、動くことを億劫に感じていることも多いです。営業マンであれば、フットワークが軽いことも大事な要素になってくるため、動きやすい体でいることは重要です。肥満の原因となる食べ過ぎにも注意。血糖値が上昇しやすく、眠気やダルさを引き起こし、結果的にパフォーマンスの低下につながります」(小林さん)

ランチの食べ過ぎによって、昼過ぎに眠くなる…ということが常態化してしまうと、午後にやる気が起きにくくなってしまうこともあるようだ。

「ビジネスにおいても、外見は大きく影響します。第一印象を決める要素を探ったメラビアン博士の研究によると、もっとも高かったのが『見た目』(55%)だったのです。表情や服装によっても印象は変わりますが、体型も同様。どうしても太っていると『暑苦しい』『鈍い』と思われてしまいやすいです。ちなみに、アメリカでは太っていると自己管理ができていないとみなされ、出世できないという制度を取り入れている企業もあります」(小林さん)

小林さんは「仕事は一期一会。特に営業職の場合、第一印象が悪かったら2回目のチャンスはない」と話す。外見からいい印象を与えることを意識すれば、仕事の幅も大きく広がっていくかもしれない。まずは、自分の体型からどんな印象を抱かれているか、客観的に振り返ってみるといいかもしれない。

Effd31aa 1b82 4db2 b75e b3e41b1d2de7

■齊藤勇さん
対人心理学者、立正大学心理学部名誉教授。研究テーマは「対人心理の比較文化的研究」「恋愛心理学」。著書は『超・相槌』(文響社)など、200冊以上。

■小林一行さん
日本メンタルダイエット協会代表チーフメンタルダイエットコーチ。意志の弱い自分でもできたダイエット法を広めるため、資格を取得。セミナーやダイエットの個人コンサルティング、出版活動を行ない9冊の本を出版している。『なぜ一流の男の腹は出ていないか?』が10万部を超える大ヒット、総発行部数18万部超えているベストセラー作家。
http://kobayashiikko.jp/

文=有竹 亮介(verb)
撮影=鬼塚裕介

ダイエットって本当に必要?
vol.1

太っていると出世できない!?“体型”がビジネスに及ぼす影響とは…(この記事)

4.0
App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail 498ed6f9 4eeb 4b06 a073 f8e186430c2d
【会見全文】「より高いレベルでプレーしたい」早実・清宮プロ入り決断
27 minutes ago
5.0
editors room
Reporter
Thumbnail 3e9ef527 3f6d 4d88 9f79 a28fbab95178
Special
 
子どもの“やる気”はどう作る? 自主性を引き出すための“声かけ&質問”を学ぼう
9 hours ago
3.5
editors room
Reporter
Thumbnail 6d7b3ec2 0e53 4ba8 9098 2bee0099c605
Special
 
もう「残業すればなんとなかなる…」はナシ。無茶な仕事も定時内でこなして帰るための心得
Sep 21, 2017
4.0
editors room
Reporter