Main c921c1ce 3447 4220 82d8 6039d6e45814
「天皇陛下にお会いしたら言葉が出ないかも」“暴言大統領”の胸の内

【日本メディア初】フィリピン・ドゥテルテ大統領が語った本音(前編)

Default portrait
Oct 26, 2016 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・日本訪問の目的は友好と結束
  • ・最も会いたいのは天皇陛下
  • ・トランプ氏との共通点は口の動きぐらい

10月25日の訪日直前、フィリピンのドゥテルテ大統領が、日本メディアとして初めてFNNの単独インタビューに応じた。
日本・アメリカ・中国との関係や自らの“暴言”などについて、30分間にわたって本音を語った。

天皇陛下にお会いしたい

A4a3f54b 7470 4006 8708 731538934613

―大統領として初来日の主な目的は何でしょうか?

私は大統領に就任して間もありません。フィリピンを代表するリーダーとしての正式訪問です。日本訪問の目的は、日本との友好と結束、そして共同歩調をとることを再確認するためです。また、共有の関心である、アジア地域における海上治安、防衛、そしてこれまで日本政府や国民から受けた援助に関して話し合うつもりです。

―日本に特別な思い入れがあると聞きましたが、日本のどこが好きですか?

他の東洋人同様、日本人はとても親切です。日本人は援助に見返りを求めない。私が単に訪日したいという希望以外は、議題はありません。私が日本の慣習を説明する必要はありませんが、日本はとても気前が良いですよね。それは日本人が贈り物をする気持ちを大事にするからかもしれません。

―滞在中、最も会いたい人物は誰ですか?

それはもちろん天皇陛下です。どの国のリーダーでも天皇陛下にはお会いしたいと思うでしょう。それから日本では、海の安全や災害協力に関しての話し合いをしたいです。また、我が国が現在力を入れているテロ対策についての話し合いも必要ですし、ドラッグの問題についても相談したいと思っています。

―天皇陛下は最近フィリピンを訪問しています。お会いしたら何をお伝えしたいですか?

恐れ多くて言葉が出ないかもしれません。神のような存在として尊敬いたします。なんと申し上げようか…。「敬愛なる陛下、このように直接お会いできることは人生で最上の喜びです」とか…。

―夢がかなうのですね?

そうです。

トランプ氏と似ている?

Ef370c65 da5b 413e 85b2 6fc700f452c2

―大統領は日本で毎日ニュースになる話題の人物です。「フィリピンのトランプ氏」と呼ばれていることに対して、どう思われますか?

もう一度お願いします。

―フィリピンのドナルド・トランプと言われていますよ。

ああ、そうか。私の口のせいかな。似ているかもしれないが、トランプ氏は世界最大の偉大な国家の大統領候補であり、私とは比較になりませんよ。共通点があるとすれば、口の動きぐらいですかね。

―日本人があなたを「フィリピンのトランプ」と呼ぶ理由は、あなたが「アメリカとの決別」を宣言したからです。

詳しくは忘れましたが、フィリピン国家の憲法第7条に「独立した外交を行うこと」とあります。これが私に課せられた義務です。憲法によるもので、私が決めたことではありません。確か7条だったと記憶しています。そこにはフィリピンの外交は独立したものであり、他国の憲法や外交に従うものではない、とあります。

―すると、これまでのフィリピン国家はアメリカから独立していなかったと?

多くの面で、そうではありませんでした。武器の購入が優先事項だったことや、西洋との同盟のために…。今回、お願いしたいのは、出来る限り制限のない援助です。特に、対テロ対策に使用するための援助に関してですね。また、ドラッグ防止対策に関してなど、同盟国として多くの協力をお願いしたい。必ずしもアメリカに援助を求めるやり方ではなく、むしろアジア式の方法へ徐々に変更していきたいんです。必ずしも軍事的な考え方や計画にはこだわっていません。フィリピン国家が中立的になり、どの国からも指図されないようになってほしい。そして当然、フィリピンの為になる政策を目指したいと思っています。

―アメリカから指示を受けていると感じますか?

指示というわけではなく、本当に影響を受けているのは「中身」です。考え方そのものに我々は影響を受けているんです。近づくのではなく、中立的な立場をとって、今までの慣習に従いたい。

―しかし、中立的な立場を取るのは難しいのでは?

そうは思いません。中国、そして場合によってはロシアとも友好関係を作っていきたいんです。冷戦時代、ロシア(ソ連)とは全く交流がありませんでした。ロシア(ソ連)はアメリカを含む他の国家とも交流していませんでした。共産国とみなされていたからです。

(中編に続く)

『“フィリピン暴言大統領”の本音』(全3回)
前編:「天皇陛下にお会いしたら言葉が出ないかも」“暴言大統領”の胸の内(このページの記事)
中編:「私はトランプと同じ」“暴言大統領”が汚い言葉を使う理由
後編:「オバマ大統領と話したくない」“暴言大統領”の外交戦略

【特集「“暴言王”ドゥテルテ大統領」】

第1回  「オバマ大統領と話したくない」“暴言大統領”の外交戦略

第2回  「私はトランプと同じ」“暴言大統領”が汚い言葉を使う理由

第3回  「天皇陛下にお会いしたら言葉が出ないかも」“暴言大統領”の胸の内(この記事)

第4回  日本はなめられている?”暴言大統領”来日の狙い

第5回  ”暴言大統領”がアメリカをイラつかせる理由とは?

第6回  “暴言王”ドゥテルテ大統領が訪中狙いは経済制裁の解除?

第7回  “アメリカの弟”をやめて「南シナ海」より「経済」を優先?

第8回  オバマ大統領の上から目線にカチン。「アメリカよ、もう宗主国じゃないんだよ!」

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail f60e3a22 e2b1 4a6b 900f 2bbe8a784ea4
Special
 
二日酔いのだるさもハック可能に。『知覚』の次にくる『超知覚』とは?
May 25, 2017
5.0
editors room
Reporter
Thumbnail 85c166a6 c786 4df5 bf42 bcc883a7132c
Special
 
「Tシャツ短パンでお店に行くだけ」AIスタートアップが描く認証の未来
May 24, 2017
4.5
editors room
Reporter
Thumbnail b61fd11f 5c16 47b0 a5a3 d82d1cc8d9ce
Special
 
日本人が「アルコール依存症」になりやすいのには理由があった
May 19, 2017
3.0
editors room
Reporter