Main bbb6d365 c4bf 4075 9021 0549c94166cb
ビットコイン“暴落”は中国政府の介入? バブルはこのまま終わるのか

<LivePicks>中国でビットコイン長者がうまれるワケ

Profile 930f5d1d 8772 4e91 8290 a9fd04954481
Sep 18, 2017 by LivePicks Reporter

3 Lines Summary

  • ・「億りびと」が続々誕生
  • ・中国政府が仮想通貨取引所を閉鎖命令
  • ・最初は自由にさせて徐々に締め付けていく

この数ヶ月、急騰を続けていたビットコイン。一時期は1ビットコインが5000ドルを超えた局面もあったが、ここ最近、特に9月14日に暴落する局面を迎えている。

注目すべきは中国政府の動きだという。

背後になにがあったのか、ビットコインについて取材した後藤直義NewsPicks副編集長と、野崎剛NewsPisks東アジア特派員に聞いた。

(聞き手:佐々木紀彦NewsPicks編集長・阿部知代ホウドウキョク・キャスター)

“億りびと”の急増

A14ad2fe e0bb 4899 adc6 415f279167b3

佐々木:
ビットコインを特集しようと思った理由は何ですか?

後藤:
まず1つは歴史的な価格の高騰です。
年明けから4倍以上の価格になっているのでビットコインを持っていた人はお財布の中のビットコインがどんどん膨れ上がって、億単位の財産を持った人が、通称“億りびと(おくりびと)”と呼ばれる人がたくさん出てきました

阿部:
“おく”は千万億の“億”ですね。

後藤:
そうですね。本能的に調べてみたい、それが1点目です。
もう1つは、法律によってビットコインという仮想通貨がきちんと法律に裏付けられた存在になったということで(4月1日に施行された改正資金決済法)、今までいかがわしいと思っていた人たちも本物かどうかもっと知りたいという理解への欲求が高まっているということ。
この2点に答えたいなと思い、ビットコインの特集をしています。

佐々木:
ベストタイミングかと思いきやいきなり暴落が始まりましたね。その大きな理由が、中国政府の規制の変化ということがあると思います。
中国政府の仮想通貨に厳しい規制を入れていくという話なのですが、一部ではフェイクニュースなのではないかという話もあります。
これは信ぴょう性が高いニュースと考えていいのですか?

3bcbeda4 0204 435a bc70 9927a34a7dcf
左:野嶋剛さん

野嶋:
そうですね。フェイクニュースと言った人たちは多分半ば期待を込めて、このニュースがフェイクであってほしいという気持ちがあって言っているのだと思います。
ただ、中国で”財新”という新興経済メディアが報じたのですが、このメディアは非常に共産党と近いところにあると言われています。そこが報じるニュースというのは基本的に中国政府の立場をそれなりに反映したものが出てくるわけですね。

今回のビットコインに対する規制のニュース、特に仮想通貨の取引所を閉鎖するという話も大体“財新”というメディアが率先して報じています。
そこから判断しても今回、中国政府がビットコインを押さえつけにかかったという動きについては、それがどの程度の影響を与えるかというのを今後見極めなきゃいけないです。

中国政府はビットコインを今までそれなりに放置してきて、中国でも価格が上がってビットコイン長者がたくさん登場したわけですね。それは一つのビットコインというマーケットの中で中国という勢力が非常に大きな影響を持った理由でもあるのですが、結果的にその動きをこれ以上座視できない、手綱をぎゅっとしめなきゃいけない、と中国政府が判断をしてこのタイミングで動き出したとそんな風に見ています。


最初は自由に、そして規制

佐々木:
中国は意外と新しいテクノロジーに寛容なところもあると思いますが、このタイミングで規制を強くしたのはどのような狙いがあるんですか?

野嶋:
そうですね。元々中国は不動産バブルの状況が続いてきました。最近は不動産も高くなりすぎて庶民の手が届かない高値の花になっているわけですよ。
そこで、ちょっとした資金を持って不動産まで買えないという人たちが、ビットコインになだれ込んで、お金がたくさんマーケットに入ってきて、値段が上がっていくという状況が中国で起きていたわけですね。

ただ、その結果、中国で風紀が多少乱れ、いきなり長者が誕生してバブルが起きてしまうという好ましくない面が一つありました。それからマネーロンダリングなど、一部犯罪に使われている。ビットコインは国籍がないですから。
中国というのは、あらゆるものをきちんと管理しないと気が済まない政治体制なので、そのようなことが起きるとよくないという話です。

そして、最後にもう一つ中国では人民元を外貨に換えるという動きがいま非常に過去広がっていて、それを取り締まるということですね。
色々なお金持ちが増えていたのでどんどん取り締まっているわけですけど、ビットコインだとそういう網の目を逃れてできてしまう。なので、そうした金融政策という部分からも、これ以上ビットコインが盛り上がったらまずいなということで手を打ってきたのだと思うんですよね。

佐々木:
そういう意味では中国におけるビットコイン沸騰は、ある種ピークを迎えて終わって行くという風に考えていいですかね。

野嶋:
そうですね。たしかに、ビットコインは“マイニング”というビットコインを生み出していく作業なんかは中国は主導的にやっていますしね。
これが、金の卵を産む鳥であるという部分は中国にとっても戦力的に大切にしていく可能性はあるので、ビットコインがすべてダメになってしまうとは思わないですよ。

ただ中国は、今までみたいにある種野放しに好きにやらせていたというところについては、これ以上そうはさせないという風な態度を示してきました。
過去の色々なニューテクノロジーとか中国は過去にもこんな問題が起きると最初は自由にさせて、その後ある程度状況を見極めて法律なんかを作りながら徐々に規制を強めていくということが始まっていくというわけですが、その段階に入ってきたなと。

そういうことで言うと今までみたいなひたすら価格が上がっていく感じの状況というのは、これからは発言しにくくなり、中国においてはかなり落ち着いた状況になるという風に予想されます。


Ef11048f a34b 46bd 952b 1ec6b8d5e6c1

仮想通貨の牽引国・シンガポールの状況はどうなっている?「シンガポールに日本が学ぶこと」はこちらから
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0029/chapters/29201

LivePicks

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 930f5d1d 8772 4e91 8290 a9fd04954481
LivePicks
Reporter
Thumbnail 1567ee37 b47d 4115 908f 015877810111
Series
 
音喜多駿が元ボス小池百合子を斬る!「国政に行くタイミングじゃなかった」
Oct 18, 2017
4.0
LivePicks
Reporter
Thumbnail 1b0ed5ea c0da 4835 808e 541a727736c0
Series
 
完全自動運転がまもなく!それを支えるNVIDIAとは?
Oct 15, 2017
4.0
LivePicks
Reporter
Thumbnail 99c7a8fc 7ec8 4335 85fc 8e916c083ed2
Series
 
北朝鮮ミサイル「開発用の発射」と「訓練用の発射」
Oct 14, 2017
4.5
LivePicks
Reporter