中国から独立して『香港国』!? “雨傘革命”のその後
Main 12919320 74f9 410b 8a62 39dbf3d85eb8
中国から独立して『香港国』!? “雨傘革命”のその後

返還から17年…中国との関係で揺れ続ける香港の知られざる今に迫る。

Profile 4c600ade cca5 47c7 99c0 c2a503c12b26
Oct 27, 2016 by Morley Robertson World

3 Lines Summary

  • ・返還から17年が経過した香港が大きく揺れている
  • ・2014年から反政府ブームが吹き荒れ、今年ついに独立派議員が当選
  • ・香港の今後に注目する理由を解説

きょうは香港の議会について取り上げます。1997年の7月に、香港は中国に返還されました。両国の関係はそれからがだんだん強化されていったんですが、香港は民主主義の仕組みも含めて中国に支配されつつあるんですね。経済も依存してますし、マスメディアとか政治の支配も強まっていきます。

131ea4b5 3db8 4efe 8ecd e70c0cfb53f5

『雨傘革命』その後…反政府の勢いはさらに加熱

そんな中、2014年の9月から、若い人を中心に香港で反政府ブームが起きます。これは『雨傘革命』ともいわれました。その後、日本では反政府の機運が報道されなくなったので、もう終わっちゃったのかと思うじゃないですか。

Aa9ac43b 493a 48fe 9f9c c75e7ea9cb2e

それが大間違いで、それどころか独立派が若手の間で台頭してきたんですね。そして今年、香港に議会に当選してしまったんです。

32315c84 efc7 49fd aa1c 15fb2028d8f4

それが、25歳の女性、游※禎(ゆう・けいてい)さんと、30歳の男性、梁頌恒(りょう・しょうこう)さん。

二人とも超若手なんですけれども挑発的な言動が目立っています。例えば香港は中国から独立して『香港国』となるべしと言ったり、「HONG KONG IS NOT CHINA」という横断幕を持ち込んだり。

1818e1e8 e583 4cb6 a306 5beeaaa70aa4

挙句の果てには、日本が支配していた時代の中国の呼び名である「シナ」という言葉を使ったりしてるんですよ。それで、反発がすごく強くなって、地元の中国寄り新聞からは現在総攻撃をされています。議員になるための宣誓式では、親中派の議員が全員ボイコットして議会が大混乱するとか『イジメ』が続いている状態なんです。

つまり、香港は言論の自由が保障されていますけれど、それは本当なのか?この2人のこれからが試金石になりそうなんです。『中国との関係』という面では日本も遠からぬことなのでぜひ注目していきたいと思います。

8f9bed33 d99a 4c3c a978 3c06c2d048d1

(ユアタイム10月25日より)

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 4c600ade cca5 47c7 99c0 c2a503c12b26
モーリー・ロバートソン
World
Thumbnail eb0985c8 9c52 4b6e ac81 74f0f179b05b
パリに「ヌーディストエリア」。寛容な一方で、深刻な背景も
Sep 08, 2017
3.5
Morley Robertson
World
Thumbnail 4ed86b7f df37 46a0 b880 e2c155cfde75
英・3人に1人が体重オーバー。子どもの肥満対策でカロリー制限
Aug 25, 2017
4.5
Morley Robertson
World
Thumbnail dd4b4c52 b7bd 4103 b209 f1245374e3fc
ボイコットのリスクも…平昌冬季五輪 韓国が北朝鮮と共同開催検討
Jun 23, 2017
3.0
Morley Robertson
World