ホウドウキョクは2019年3月31日で更新を終了しました。長らくご愛顧頂きありがとうございました。
サイトは2019年5月31日にクローズ予定となります。今後は FNN.jpプライムオンライン をご利用ください。
スマホ時代の受験生の「応援アプリ」とは
Main c5eef207 7be4 4b91 921c 58395e926011
スマホ時代の受験生の「応援アプリ」とは

アプリを通じて受験生は励まし合い、競い合う

Profile 95dc3715 a12e 46f1 85a0 2940b2b02b40
Oct 02, 2017 by Suzuki Makoto Reporter

3 Lines Summary

  • ・学習量や試験の点数など勉強を見える化
  • ・スマホで英単語を楽しんで覚えられる
  • ・先生同士のSNSサイトで全国の先生が情報共有

勉強を見える化する「神アプリ」?

いよいよ10月、大学受験生60万人にとっては、憂鬱なシーズンの到来だ。

スマホ時代の今、ソーシャルネイティブな受験生は、“応援アプリ”でつながり、孤独な受験勉強に立ち向かっている。

そのひとつが、大学受験生の3人に1人が使っているというアプリ「スタディプラス」だ。“神アプリ”と呼ぶ人さえいるという。

Cf952d6d 166e 48fc bfcb 987bf4a0e499
「スタディプラス」

2012年にサービスを開始して以来、延べ270万人がこのアプリを使っている。

利用者は自分の学習量や試験の点数をアプリに入力し、勉強を「見える化」する。また、「スタディプラス」では、利用者が勉強の記録を公開することもでき、受験生同士で学習の進捗状況を比較し合うことも可能だ。

スタディプラスの廣瀬高志社長は、受験勉強は「モチベーションがカギ」と言う。

6fc3854c dcad 4a07 8c2b 46f5fcdfdb0d
スタディプラス・廣瀬高志社長

「高校生の時に勉強記録ノートを作っていたのですが、モチベーションが続かないのが課題でした。スマホを使って勉強の記録をつけ、グラフ化、可視化できれば、モチベーションにつながる。測定なくして改善無しです」

さらに、このアプリが、受験生に重宝がられているのが、SNS機能だ。

300ed312 0af0 4253 b3ab ba28fd7f7457

アプリ上には、同じ学習塾に通うグループや、同じ志望校のグループなど様々なコミュニティが存在し、受験生はコミュニティを通じて、お互い励まし合ったり、競い合ったりする。

どの参考書がいいのか?など、かつて口コミで行われた情報交換も、教材のレビューを書き込む掲示板で行われる。

 廣瀬社長は、「スマホ時代の今だからこそできること」だと言う。

「いまの受験世代は、SNSに慣れ親しんだソーシャルネイティブなので、日々LINEやツイッターで活発にコミュニケーションしています。他の人の勉強量をみて刺激を受けるのは、これまでもリアルな世界でありましたが、スタディプラスは、いわば『オンラインの自習室』ですね」

スマホで覚える英単語

もうひとつ、ダウンロード数が150万となり、受験生の間の“神アプリ”とされるのが英単語アプリmikan(みかん)」だ。

受験勉強で苦痛な、膨大な英単語の暗記。昭和の受験生は、「豆単」や「でる単」で、英単語をひらすら覚えていた。しかし、今は、このアプリを使って、スマホ片手にみんなで楽しみながら英単語を覚えるという。

Ba5dcb97 2ef0 4c00 bec2 d8911e3805ff
英単語アプリ「mikan(みかん)」

「mikan」のCEO宇佐美峻さんは、このアプリを開発したきっかけをこういう。

「かつてTOEFLの勉強をしていましたが、英単語を3800も覚えないといない。しかも超難しい。そこで何とか効率的にできないかとソフト開発を思い立ちました」

60304ce2 deb5 4bc0 ada1 f43c57f60938
「mikan」(右から)高岡和正Co-Founder、宇佐美峻CEO、溝口慎也デザイナー

当初「mikan」は1人勉強用のアプリだったが、普及させるために「高校生と言えば甲子園だよね」と学校対抗イベントをやったところ、あっという間に受験生の間に広まったという。

「学校単位で順位がつくし、校内で誰がどのくらいやっているのか『見える化』されているので、『あいつ頑張っているな』とか『おまえ、もう少しやれよ』とか盛り上がる」(宇佐美CEO)

昭和では単語カードを見ながらブツブツ言っていた受験生がよくいたが、いまはクイズ感覚でどんどん単語を覚えるのだ。

「mikan」を学校の教材に使いたいとの問い合わせも多いそうで、小学校の英語教育が義務化されれば、益々普及が進みそうだ。

SNSで他校の先生と情報交換

では、生徒だけでなく、先生たちにもみんなで頑張れるサービスはあるのか。

それが、先生同士のSNSサイト「SENSEI NOTE(センセイノート)」だ。

2014年にサービスを開始して以来、全国ですでに3万人の先生たちが利用している。

このサイトでは、普段付き合うことのできない全国の学校の先生たちと情報交換し、お互いに解決策を見つけて共有する。

「SENSEI NOTE」を運営する株式会社LOUPEの浅谷治希CEOは、「学校の先生は、他の学校が何しているかわからない。ただ、先生は100万人いても同じ指導要領に沿って授業をやっているので、その分情報共有をしやすくシナジーが効きやすい」という。

8cc048ce 3ebb 46c9 9e23 8438624dfe88
株式会社LOUPE・浅谷治希CEO

ソーシャルネイティブは受験生のみならず、先生にも広がっているのだ。

ビズスクール
vol.38

スマホ時代の受験生の「応援アプリ」とは(この記事)

5.0

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 95dc3715 a12e 46f1 85a0 2940b2b02b40
鈴木款
Reporter
Thumbnail 2316d945 5ad5 4dda 82bc 41deb34a1694
文科省の若手官僚が立ち上がる。「改革派」教育者が集結
Mar 22, 2018
4.5
Suzuki Makoto
Reporter
Thumbnail 1f84b338 5fbe 4e06 a235 f7c8a39e3460
誰もが電気を作れる時代。生産者の顔が見える「みんな電力」の取り組み
Mar 14, 2018
5.0
Suzuki Makoto
Reporter
Thumbnail 20660b51 293e 4bcd 9b54 63aa1c90bb29
「日本の防災は意識が低い」防災ガール達の挑戦
Mar 11, 2018
4.5
Suzuki Makoto
Reporter