Main 2c853481 da7f 4848 ac5d 001f8ac7d7c2
尖閣で領海侵入を繰り返し続ける中国「海警」

今年1月から9月までの273日中、146日、中国・海警局の艦船が日本の接続水域に侵入、うち24日間で領海侵入している

Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
Oct 03, 2017 by Nose Nobuyuki Reporter

3 Lines Summary

  • ・9月19日に接続水域に侵入した4隻は12日間尖閣周辺を航行、2回領海侵入、9月30日に接続水域を出た(タイトル図) 
  • ・同日入れ替わる様にして海警4隻が接続水域に入ったが、うち1隻は元海軍のフリゲートで一部武装は残している
  • ・頻繁に繰り返される中・露のスクランブルを含め尖閣周辺の海警も「いつもの普通のこと」としてはならない

第11管区海上保安本部によると今年1月から9月末までの273日中、その半分以上の146日も中国・海警局の艦船が日本の接続水域に入り、そのうち24日間で領海侵入もあったとのことだ。
その「海警」の最近の動きを見てみよう・・・こちらは海警2106、2305、2307、2337の4隻。

Dcbd91d7 1373 45b8 a212 164f8dc7636f

第11管区海上保安本部によると4隻は9月19日夜に日本の接続水域に入ってから、9月21日と25日に合計2回も領海侵入。その後南小島、大正島、久場島、魚釣島周辺の接続水域を何度も航行し、9月30日午前8時半前後に久場島北北西から接続水域を出た。この4隻は12日間も尖閣周辺を航行したことになる。
タイトル図は12日間にわたる海警の航路で、領海侵入は赤矢印と赤線で示してある。

そして4隻と入れ替わるようにして海警2115、2401、2501、31240の4隻(写真下)が9月30日午前8時33分頃から47分頃にかけて久場島北北西から日本の接続水域に入った。

D11d9ac8 a365 4565 bcf0 13ba8b523dee

10月2日午後3時現在、海警2401は南小島南東およそ29kmを北北東に向け、また海警2115、2501、31240は同じく南小島南東およそ29kmを北東に向け航行中だ。

海警の艦船は実にねちっこく、当たりまえのように途切れずに尖閣の各島をぐるぐる回りつづけ、時に領海侵入(赤矢印)を繰り返す。
海警は海の警察で日本側は海上保安庁が厳重に監視・対応しているわけだが、海警31240は元海軍のジャンウェイⅠ級フリゲートであり、機関砲など一部の武装は残しているようだ。

安全保障関連で北のミサイル・核実験に報道がフォーカスされる中、一方で中国・ロシアの艦船の接近やスクランブルが頻繁に繰り返されていることもしっかり意識していきたい。「いつものごく普通のこと」としてはならない。

(文責:松島 スタッフ:能勢・北原)

↓「海警」動きも毎日動画で解説。5分でわかる「日刊安全保障」はコチラ↓
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0032/chapters/29225


↓【公式】「日刊安全保障」Twitterページで最新情報を入手↓
https://twitter.com/nose_anpo

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
能勢伸之
Reporter
Thumbnail e0fdf587 9aad 4705 9068 10252b31d001
Series
 
金正恩委員長が「火星15型」試射による「国家核戦力完成」を大アピール
3 hours ago
5.0
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail 1444ce61 ba7f 4071 a64a accd5692201e
敵ミサイル発射がレーダーに映らない遠距離の艦とも連携
Dec 13, 2017
4.0
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail 2463d1d0 342e 4de1 b65f f787bca40baf
Series
 
地上配備型の弾道ミサイル防衛システム予算化。周辺国からの巡航ミサイル対応も
Dec 12, 2017
5.0
Nose Nobuyuki
Reporter