宮崎勤の幼女連続誘拐殺人事件から30年 4つの事件の卑劣な手口とは
Main badc66d3 9b81 48fa 858e 2a772e8c53ba
宮崎勤の幼女連続誘拐殺人事件から30年 4つの事件の卑劣な手口とは

宮崎勤元死刑囚の「肉声」をフジテレビが独占入手し、テレビで初公開へ。事件の内容を整理する。

Default portrait
Oct 06, 2017 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・埼玉県で3人の少女を誘拐し殺害、死後ビデオで撮影をしていた
  • ・死亡した少女の親に「犯行声明」と骨を送りつける卑劣な行為も
  • ・東京都でも少女を誘拐し殺害、警察はわいせつ事件の被疑者をすべて洗う

今からおよそ30年前、昭和最後の年から平成にかけて東京・埼玉で相次いだ幼女連続誘拐殺人事件。

日本中を震撼させたこの事件で、遺族の自宅に殺害した少女の遺骨を送り付け、遺族のみならず新聞社にまで犯行声明文を送るなど“劇場型”ともいえる犯罪を行ってきた犯人…逮捕当時26歳の男、宮崎勤元死刑囚とはいったい何者だったのか。

まず宮崎元死刑囚が起こした4つの誘拐殺人事件はどういったものだったのかを振り返る。

「夢の中で起きたような気がする」「少女の遺体を焼いて食べた」裁判の様子などはこちら → https://www.houdoukyoku.jp/posts/19304

2f9559c2 5eb7 45a7 82ae 11e5fbb58515

第一の事件

1988年8月22日、午後3時過ぎにAちゃん(当時4歳)が自宅から外出した。
宮崎元死刑囚は埼玉県入間市の歩道橋で「涼しいところに行かないかい」などと言ってAちゃんを自動車に乗せて誘拐し、午後6時半頃、五日市町(現あきる野市)の山林で首を締めて殺害した。

同じ頃、Aちゃんの行方がわからないことから母親が110番通報。
身代金目的誘拐事件の可能性があるとして、その日の夜に所轄の狭山署員が私服に着替えて自宅に秘匿潜入し、脅迫電話に備えて録音機設置するなどしたが、電話はなかった。

翌日、埼玉県警本部から捜査一課員も招集されたが電話はなく、周辺の捜索など行ったものの手掛かりが無かったことから、狭山署内に「入間市春日町内における幼女失踪事案捜査班」を設置、公開捜査に切り替えた。

宮崎元死刑囚はその頃、遺体の様子をビデオで撮影していた。

Aa7ab1c7 9194 405c 9abf 9ed5a15d21a7

第二の事件

1988年10月3日、午後3時ごろBちゃん(当時7歳)が行方不明になった。
宮崎元死刑囚は第一の事件と同じように、埼玉県飯能市の路上でBちゃんに「道がわからなくなったのでおしえてくれるかい?」などと話し、車に乗せ誘拐。
その後、午後5時ごろ、五日市町の山林で首を締めて殺害した。

午後10時40分、Bちゃんが帰ってこないことから、父親が110番通報。
Aちゃんとの失踪事件との関連や、身代金目的誘拐事件の可能性があるとして、その日の夜、所轄の飯能署員が私服に着替えて自宅に秘匿潜入し、脅迫電話に備えて録音機設置するなどしたがやはり電話は無かった。
埼玉県警本部から捜査一課も招集されたが、そのまま動きはなく、翌日にはAちゃん事件と同様に捜査班が設置され公開捜査となった。

第三の事件

1988年12月9日、午後4時30分ごろ、宮崎元死刑囚は川越市でCちゃん(当時4歳)に「あったかい所によっていかない?」などと言って車に乗せ誘拐した。
名栗村(現飯能市)の県立少年自然の家まで移動し、Cちゃんを全裸にして写真を撮ったが泣きやまないため、午後7時過ぎ、首を絞めて殺害、その後遺体を山林に捨てた。

遡ること数時間前、母親はCちゃんの行方がわからないことから、110番通報をしていた。
埼玉県西部で3人目の行方不明事案ということもあり、Aちゃん、Bちゃんの事件と同じく、川越警察署からC宅に署員が秘匿潜入、脅迫電話の警戒で録音機を設置したが、連絡は無かった。
埼玉県警は、わずか半年で3人の少女が行方不明となる異常事態に「幼女連続行方不明事案総合対策本部」を設置した。

12月13日、県立少年自然の家の職員が施設付近の河原でCちゃんの着衣などを発見。2日後、職員は警察に通報し、警察が秘匿で捜索を開始。
名栗村地内の山林から全裸で手足を縛られた状態のCちゃんの遺体を発見し、県警は川越署、飯能署に「Cちゃん誘拐殺人事件合同捜査本部」を設置することとなる。

2c791859 36b2 42d4 8f8d 758367533687

世間を恐怖に陥れた卑劣な行為

宮崎元死刑囚は3件の犯行後、AちゃんとCちゃんの自宅に、本や新聞の文字をコピーしたものを切り取り、「魔がいるわ」や「◯◯(少女の名前) かぜ せき のど 楽 死」と書かれたはがきを送りつけた。
翌年には、Aちゃんの遺骨を自宅に持ち帰り、裏庭で頭蓋骨を破砕したうえ遺体を焼き、<◯◯(少女の名前) 遺骨 焼 証明 鑑定>と書かれた紙片と遺骨をダンボールにいれて、2月にAちゃんの家に届けた。
その後2月10日、Aちゃん事件に関する「今田勇子」の名で犯行声明文が朝日新聞東京本社に届く。

その内容は、常軌を逸したものだった。

犯行声明
Aちゃん宅へ、遺骨入り段ボールを置いたのは、この私です。
この、Aちゃん一件に関しては、最初から最後まで私一人がしたことです。
私が、ここに、こうして真実を述べるのには、理由があるからです。
まず、あの段ボールに入った骨は、明らかにAちゃんの骨です。
その証かしを立てます。
まず、どうやって連れ去ったかを述べましょう…
〈中略〉
あの骨は、本当にAちゃんなのですよ。

その翌日、同じ犯行声明文がAちゃん宅にも届いた。

Aちゃんの葬儀が行われた3月11日には、「今田勇子」名の告白文が朝日新聞東京本社とAちゃん宅に届く。

告白文
御葬式をあげて下さるとのことで、本当に有難うございました。
御陰様で、私の子、共々、やっと「お墓」に葬ってやれることができました。
〈中略〉
私は、神に斗いを挑まなくてはなりません。
神に対し、「15年は捕まりたくない」といウ「願い」をぶっつけて、「私の会いたい子供に私は会いたい」という「望み」を死守するつもりでおります。
人間が、神と斗う術は、それしかありません

15年とは当時の殺人罪の公訴時効である。世間は騒然とし、メディアも連日報道合戦を繰り返し、宮崎元死刑囚自身も報道を注視していたという。

1cbb016d a3a2 4719 946b dfa292560899

第四の事件

1989年6月6日午後6時ごろ江東区東雲の団地に住むDちゃん(当時5歳)が行方不明に。
宮崎元死刑囚はDちゃんに「写真を撮らせてね」などと話しかけ、これまでと同様に車に乗せ、午後6時20分ごろ、近くの駐車場で首を締めて殺害した。
その後、遺体を自室に運び込んでビデオ撮影するなどして、その2日後、宮崎元死刑囚は自宅で体をノコギリなどで切断。6月10日に飯能市の霊園や五日市町の山林などに投棄した。

Dちゃんの母親は行方不明となった日の夜、交番に届け出た。
警視庁でも、身代金目的誘拐事件の可能性があるとして捜査をしていたが、埼玉の事件との関連も考え、事故と事件の両面で捜査を進める事となった。

6月11日、埼玉県飯能市内にある宮沢湖霊園内の簡易トイレの裏側で首、両手足が切断された幼女の全裸遺体が発見された。
警視庁は、死体がDちゃんである可能性が高いとみて捜査にあたり、司法解剖後胃の内容物が直前の昼食内容と一緒で、血液型、右膝下のアザ、死後経過時間、遺族の確認などから死体はDちゃんと確認された。

相次ぐ少女の誘拐と遺体の発見に世間は恐怖し、警察はわいせつ事件の被疑者を片っ端から調べるという地道な捜査を続けていくこととなる。

宮崎勤の肉声を入手

宮崎勤とは一体何者だったのだろうか?
部屋には大量のビデオ、雑誌、漫画。“今田勇子”の告白文。
「犯行は覚めない夢の中でやった」「ネズミ人間が現れた」「犯行は死んだ祖父を復活させるための儀式」「少女の遺体を焼いて食べた」などの発言…
幾度となく精神鑑定が行われ、その一挙手一投足が注目された。
当時の報道・ワイドショーは戦後の犯罪史上類を見ない劇場型犯罪を大々的に報じたが、彼の本当の姿を知ることはできなかった。

昭和と平成をまたいだ事件「東京・埼玉幼女連続誘拐殺人事件」発生から30年目を迎えた今年…フジテレビ報道局が空前のスクープを独占入手。
今まで誰の目にも触れることのなかった、宮崎勤元死刑囚の「肉声」をテレビで初公開するという。

そこからは、これまで私たちが持っていたイメージを大きく覆す、宮崎元死刑囚の意外な人物像が見えてくるということで、関係各所への徹底取材を元に、当時の報道やワイドショーの映像も使用しながら「刑事の戦い」をドキュメンタリードラマ化している。

土曜プレミアム
『衝撃スクープSP 30年目の真実 ~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤の肉声~』
 放送日時10月7日(土)21時~23時10分
出演者:
 金子ノブアキ(警視庁捜査一課殺人5係 警部補)
 秋元才加(ワイドショーリポーター)
 小木茂光(警視庁捜査一課殺人5係係長 警部)
 矢柴俊博(警視庁捜査一課殺人5係 巡査部長)
 遠藤久美子(警部補の妻)
 桜田通(ワイドショーディレクター)
 坂本真(宮崎勤)
 ダンカン(宮崎勤の父親)ほか

http://www.fujitv.co.jp/shinjitsu30/index.html

424d2e92 dfe8 4c9f b690 cbc8c0139896
逮捕され犯行を自供する様子と裁判で争われたこととは?

裁判の様子などを詳しく読む→https://www.houdoukyoku.jp/posts/19304

報道スクープ

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail 0436638a 2638 475b bb6a 98f6ba84309c
Special
 
これで目覚めはスッキリ! 睡眠の質を上げる3つのコツ
Sep 10, 2018
4.0
editors room
Reporter
Thumbnail 21afb27b 98c4 4f10 83b8 6454da56b925
幸せは遺伝する。「世界最高の子育て」をするために知るべきこと
Sep 10, 2018
4.0
editors room
Reporter
Thumbnail 9ec6f0b3 b442 4b35 af09 a13f11eb01f4
「子どもの睡眠を奪う親が多い」5歳児に必要な睡眠時間はどれくらい?
Sep 10, 2018
3.5
editors room
Reporter