UH-60Jが浜松沖で墜落か 超過酷な条件下で活動する救難ヘリの役割り
Main 6be8d27e bb44 4922 8297 af687ce94681
UH-60Jが浜松沖で墜落か 超過酷な条件下で活動する救難ヘリの役割り
Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
Oct 19, 2017 by Nose Nobuyuki Reporter

3 Lines Summary

  • ・4人搭乗の空自ヘリUH-60Jが17日午後6時ごろ浜松沖で行方不明となり、その後機体の残骸が発見された 
  • ・航空自衛隊の救助活動は、まずジェット機のU-125Aが現場を特定し援助物資を投下、その後このUH-60Jが遭難者を引きあげる
  • ・過酷な条件下で飛ぶことになり、訓練もそういう状況に備えてのものだっただろう。搭乗者の無事を心からお祈りしたい

航空自衛隊の救難ヘリコプター、UH-60J(タイトル写真:同型機)が17日浜松沖で洋上訓練中に行方不明となった。
同日夜、捜索にあたった空自機が「航空自衛隊」と印字された機体ドアを洋上で発見しており、小野寺五典防衛大臣は午後10時の会見で「墜落したと判断せざるを得ない」と述べている。

翌18日朝にも海上自衛隊に加え海上保安庁も船を出して捜索を実施した(写真下:現場海域)。

3b8c9b4e b33c 4ab1 87a4 8c881c377b11

勿論、航空自衛隊はU-125A救難捜索機(写真下)を出して捜索を行っている。
UH-60Jに搭乗していた4人が無事見つかることを心よりお祈りするばかりだ。

無事を祈りつつ、航空自衛隊の救助活動についてここでふれておきたい。
まず、ジェット機であるU-125Aが現場海域周辺に派遣される。

E66a7b17 74c7 4c15 b195 6ed11874cd3f

このジェット機はたとえ悪天候や夜間であってもまず遭難現場を絞り込むことが任務となる。
U-125Aは赤外線暗視装置などを使って迅速に遭難現場を特定、さらに援助物資投下機構を装備していて遭難者を救援する。

つづいて特定された現場に急行するのが、救難ヘリコプター、UH-60Jということになる。UH-60Jは精密な航法装置や赤外線センサーを備えており、訓練を積んだ隊員が降下し遭難者の引きあげ救助などを行う。
遭難は悪天候で起こることも多く好天を待ってはいられないので、非常に厳しい条件で飛ぶことが求められることとなり、訓練もそういう状況に備えてのものだっただろう。

重ねて搭乗していた4人の無事をお祈りしたい。
(文責:松島 スタッフ:能勢・北原)

↓是非5分動画で確認を。竹内友佳アナがアシスタント「日刊安全保障」↓
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0032/chapters/29244

↓最新情報は【公式】「能勢伸之の週刊安全保障」Twitterアカウント↓
https://twitter.com/nose_anpo

能勢伸之の日刊安全保障

→ 一覧へ

Tag:
App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
能勢伸之
Reporter
Thumbnail 7f1c0deb 59b8 4a96 bef0 1ab4cb431147
南北閣僚級会談の陰で、北極海~東・南シナ海で、中・露が航空戦力誇示
Mar 30, 2018
4.5
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail 8209cd58 f6c5 4a0f aace 5c77a7ec6ead
<尖閣情勢>接続水域内を航行の中国海警局4隻は、28日に1隻、29日に残り3隻退去
Mar 29, 2018
4.5
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail c2110b41 d4a9 4891 9374 adb14ecb363b
Series
 
先鋭化するNATO 対 ロシア:元スパイ襲撃事件で、露外交官130人以上大量追放
Mar 29, 2018
4.5
Nose Nobuyuki
Reporter