地球46億年の歴史に「千葉時代」が登場へ! チバニアンって何?
Main 93a06e8c f539 4061 ba42 62778779d4c1
地球46億年の歴史に「千葉時代」が登場へ! チバニアンって何?

日本の地名が初めて地質学上の時代に登場か

Default portrait
Nov 13, 2017 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・77万年前から12万6000年前の年代は名前がつけられていなかった
  • ・市原市の「千葉セクション」に地球の磁場の反転がはっきりとわかる証拠
  • ・学会の部会で「国際標準地」として選ばれることが確定

「ジュラ紀」「白亜紀」「チバニアン」

Cd32e851 4c6e 451e a6d4 b6492780ffc1

千葉県にあるおよそ77万年前の地層。ここが「国際標準地」として登録され、この時代がラテン語で「千葉時代」を意味する「チバニアン」と名づけられる見通しとなった。

「国際標準地」とは、その時代を代表する地点のこと。地球の歴史を気候変動などをもとに、115の時代に区分して決めている。

上の図の「チバニアン」と書かれた、77万年前から12万6000年前の年代は、これまで該当する地層がなく、名称がつけられていなかった。

地球46億年の歴史に「チバニアン」が刻まれる!

08350b18 f22f 4ab6 ac01 812a89ca4270

国立極地研究所などのグループは、千葉県市原市にある地層「千葉セクション」をおよそ77万年前~12万6000年前の時代の基準地とし、この時代を「チバニアン」と名づけるよう国際学会に申請していた。

この時代は北京原人やネアンデルタール人、ホモ・サピエンスが出現した時代とされていて、この「千葉セクション」には、この時期に起きた地球の磁場が反転した証拠が、はっきりと残っているという。

この時代の「国際標準地」の候補として、他にイタリアの2つの候補地が名乗りをあげていた。学会の部会で審査と投票が行われた結果、そのイタリア2つの候補地を抑え、千葉が6割を超える票を獲得。「国際標準地」として選ばれることが事実上決定した。

今後3段階の審査を経て正式に選ばれる予定だ。そうなれば、地質学上の時代に、初めて日本の地名がつく事となる。地球46億年の歴史に「千葉時代」を意味する「チバニアン」の名が刻まれることがほぼ確実となった。

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail 41266e90 a3f8 447e be15 3ecbfa04ec77
羽生結弦選手が金、66年ぶりの連覇! 宇野昌磨選手が銀メダル! 
Feb 17, 2018
5.0
editors room
Reporter
Thumbnail 6fa3a9fb 9725 4249 81f2 ed888c18a0e3
【北斗の拳でわかる】セクハラ問題でレースクイーンがいなくなる?
Feb 16, 2018
5.0
editors room
Reporter
Thumbnail 12943260 ec18 4fa4 9125 58f9ab2e7e48
一番の驚きはアルパカ!「#飼育員の心臓に悪い動物の寝相コンテスト」が話題
Feb 16, 2018
4.0
editors room
Reporter