北朝鮮でミサイル用の固体推進ロケット・モーター試験場に動き
Main 2a36d569 6442 4e75 8ccb 34c86c5d971a
北朝鮮でミサイル用の固体推進ロケット・モーター試験場に動き

アメリカの北朝鮮専門研究機関38Northがマグンポでの新たな展開を発表

Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
Nov 15, 2017 by Nose Nobuyuki Reporter

3 Lines Summary

  • ・北朝鮮がこれまでより大きな固体推進ロケット・モーターの試験に備えているか、あるいは試験に失敗して修理が必要になっている可能性 
  • ・潜水艦搭載用の新型ミサイル「北極星3型」に向けての動きかもしれない 
  • ・固体推進ロケット・モーターは液体推進に比べ地面に炎を吹き付ける時間が短く、発射の瞬間の掌握が難しくなる

アメリカの北朝鮮専門研究機関「38North(サーティエイト・ノース)」はマグンポの固体推進ロケット・モーター試験場の10月19日と10月24日の衛星画像等を比較分析、北朝鮮のミサイル開発についての新しい情報を発信した。
それによると19日の画像では噴射試験等を行うテストスタンドの屋根に覆いがあり、その傍のエプロンにほこりや破片、デブリと見られる堆積が見られる(写真)。24日になるとその覆いは消え、エプロンも元のきれいな状態に戻っていた。

38Northは「これまでより大きな固体推進ロケット・モーターの試験に備えているか、あるいは試験に失敗して修理が必要になっている可能性がある」と指摘しており、新型モーターの試験が実施されたかどうかについては「確認も否定もできない」としている。

北朝鮮は潜水艦搭載用の新型弾道ミサイルの開発を行おうとしていると言われているので、これらの動きはそのためのものかもしれない。「北極星3型」という名前も先に伝えられている。
もし、大型固体推進ロケット・モーターが完成すれば、地上発射型にも応用される可能性がある。液体推進ロケット・エンジンと比較すると地面に炎を吹き付ける時間が短くなるので、衛星等の赤外線センサーによる発射の瞬間の掌握が難しくなるからだ。
北朝鮮は、やはり止まってはいなかった。
(文責:松島 スタッフ:能勢・北原)

↓宮澤智アナがアシスタントの5分動画で確認「日刊安全保障」↓
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0032/chapters/29287

↓国内外の最新情報は【公式】「能勢伸之の週刊安全保障」で↓
https://twitter.com/nose_anpo


能勢伸之の日刊安全保障

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
能勢伸之
Reporter
Thumbnail 7f1c0deb 59b8 4a96 bef0 1ab4cb431147
南北閣僚級会談の陰で、北極海~東・南シナ海で、中・露が航空戦力誇示
Mar 30, 2018
4.5
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail 8209cd58 f6c5 4a0f aace 5c77a7ec6ead
<尖閣情勢>接続水域内を航行の中国海警局4隻は、28日に1隻、29日に残り3隻退去
Mar 29, 2018
4.0
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail c2110b41 d4a9 4891 9374 adb14ecb363b
Series
 
先鋭化するNATO 対 ロシア:元スパイ襲撃事件で、露外交官130人以上大量追放
Mar 29, 2018
4.5
Nose Nobuyuki
Reporter