シャンシャンはなぜ赤い?そこには愛情溢れる理由が
Main 9017d39f 966c 450f 877a 4ddecf29b255
シャンシャンはなぜ赤い?そこには愛情溢れる理由が

来月に公開を控えたシャンシャン。生後50日のころは白と黒のパンダらしい毛色だったが、最近は全体的に赤みを帯びている。

Default portrait
Nov 22, 2017 by news room Reporter

3 Lines Summary

  • ・生後60日を過ぎた辺りから徐々に白い部分に色がつき始めた
  • ・お母さんパンダは赤ちゃんの排泄を促したり、清潔さを保つために1日に何度も体をなめる
  • ・その唾液の色が付着。「赤」はお母さんの愛情の証だった!
68faec4a 3625 4246 aee7 4d2350724450
シャンシャン

生後160日を迎え、体重も10kgを超えた上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」。

生後60日を過ぎたあたりから、徐々に白い部分に色がつき始め、生後80日を迎えるころには、全体的に赤みがかるようになりました。
なぜ、シャンシャンの毛は赤くなったのか、担当者に聞いてみた。

79af1055 7828 444f 80e4 33b88f91b00d

生まれたころは肌の色が透けて赤く見えていたが、次第に毛が伸びてきて、生後50日のころは白と黒のパンダらしい毛色だったシャンシャン。

989a3b01 56e5 43f1 8bd2 cde8d7ad473c

しかし生後60日を過ぎた辺りから、徐々に白い部分に色がつき始め、生後80日を迎えるころには、全体的に赤みを帯びるようになった。比べると一目瞭然。

563eabda f4bb 4c2d 8ffc c3a9da413f41
中国・四川省(先月)

一方、先月中国でお披露目された今年生まれた36頭の赤ちゃんパンダはどれも赤くない。種類はシャンシャンと同じジャイアントパンダだが、なぜシャンシャンだけ赤いのか。

その理由を上野動物園の担当者に聞くと、「お母さんが赤ちゃんをなめてケアするが、それによって赤くなることがある」と教えてくれた。
なんとお母さんパンダがなめたことで、赤くなった可能性があるというのだ。

「赤」はお母さんの愛情の証

さらにパンダの飼育数で日本一を誇る、和歌山県のアドベンチャーワールドに取材をすると、去年生まれた「結浜」も当初赤かったことがわかった。

ホームページを見ると、生後70日の映像と共に、「パンダの赤ちゃんがほんのりピンクなのは、お母さんの愛情の印!お母さんパンダがなめることでピンク色になっています」との説明がある。

Dc510913 3178 4143 9963 4f0df814bb71
和歌山県・アドベンチャーワールド

担当者によると、お母さんパンダは、赤ちゃんの排泄を促したり、清潔さを保つために1日に何度も何度も体をなめ、その唾液の色が付着して赤く見え、この行為は生後1年ほど続く可能性があるという。

554faafc 5a29 4fdb bead d38a0f6e7abc
お母さんになめてもらうシャンシャン

赤ちゃんパンダの赤い色は、母の深い愛情の証だったのだ。

「シャンシャン」お披露目
vol.7

シャンシャンはなぜ赤い?そこには愛情溢れる理由が(この記事)

4.0

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
News room
Reporter
Thumbnail 3e783401 d0d2 4816 9175 558ee800a25a
子供13人監禁で両親逮捕。鎖で縛られ衰弱
4 hours ago
3.5
news room
Reporter
Thumbnail bfe21501 b243 46cc be89 85827049a5d2
トランプ・ホテルは「肥だめ」?活動家が抗議
8 hours ago
4.5
news room
Reporter
Thumbnail 9cb5ea5e 7f79 467f 8daf 852a284a7ffb
広瀬すずさんの兄が酒気帯び運転で現行犯逮捕
Jan 15, 2018
3.5
news room
Reporter