ホウドウキョクは2019年3月31日で更新を終了しました。長らくご愛顧頂きありがとうございました。
サイトは2019年5月31日にクローズ予定となります。今後は FNN.jpプライムオンライン をご利用ください。
米ミサイル防衛システム=THAAD韓国配備にまつわる攻防
Main c108eec0 8d8d 4822 99ff 301595942dda
米ミサイル防衛システム=THAAD韓国配備にまつわる攻防

韓中外相会談で中国の王毅(おおき)外相が訴えたTHAADの韓国配備問題の核心とは

Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
Nov 24, 2017 by Nose Nobuyuki Reporter

3 Lines Summary

  • ・THAADは韓国にとっては在韓米軍が持っている防御兵器であっても、中国側の受け止め方は違う
  • ・THAAD追加の動きはランチャーとミサイルだけの追加か、レーダーを含むシステム全体の追加かで見え方が違ってくる 
  • ・システム全体が追加された場合TPY-2レーダーは2基となり防御に加え中国の弾道ミサイル監視も実現。中国の懸念はそこにある

22日、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と北京で会談した中国の王毅(おおき)外相は、アメリカのミサイル防衛システム=THAAD(サード)の韓国配備問題を適切に処理するため「隔たりを最大限、減らさなければならない」と訴えた。
THAAD問題はまだまだ尾を引いているのだ。

韓国にしてみれば、とりわけ北朝鮮の軍備拡張に対応した在韓米軍の防衛兵器だが、中国側からすると中国の弾道ミサイルの動きを監視されると考えているのかもしれない。
現在THAADの追加配備という話が見え隠れしているが、この先追加配備ということになったとしたら、それが単にランチャーとミサイルの数を増やすという話なのか、それともレーダーも込みでシステム全体をワンセット持ってくる追加配備なのかによって、だいぶ見え方が違ってくる・・・がその点は不明だ。

ミサイルシステム=THAADに使われるTPY-2レーダーは迎撃ミサイルの制御用に使わなければ、弾道ミサイルの監視可能範囲が大きく広がる。
レーダーとそれに繋がるシステムを含む追加配備となった場合、レーダーは計2つとなる。その場合、ひとつのレーダーはTHAADミサイルの制御用、そしてもうひとつのレーダーはフォワード・ベース・モードとして弾道ミサイルの監視用としての力を発揮することが可能となるのだ。

THAADシステム追加によって中国の弾道ミサイルの監視も実現し、もう一方では防御に使うという体制になるかもしれない。
中国側の懸念はそこにある。
(文責:松島 スタッフ:能勢・北原)

↓さっそく5分動画で確認を!日本と世界の安全保障がわかる「日刊安全保障」↓
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0032/chapters/29297

↓最新情報は【公式】Twitter「能勢伸之の週刊安全保障」で↓
https://twitter.com/nose_anpo




App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
能勢伸之
Reporter
Thumbnail 7f1c0deb 59b8 4a96 bef0 1ab4cb431147
南北閣僚級会談の陰で、北極海~東・南シナ海で、中・露が航空戦力誇示
Mar 30, 2018
4.5
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail 8209cd58 f6c5 4a0f aace 5c77a7ec6ead
<尖閣情勢>接続水域内を航行の中国海警局4隻は、28日に1隻、29日に残り3隻退去
Mar 29, 2018
4.0
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail c2110b41 d4a9 4891 9374 adb14ecb363b
Series
 
先鋭化するNATO 対 ロシア:元スパイ襲撃事件で、露外交官130人以上大量追放
Mar 29, 2018
4.5
Nose Nobuyuki
Reporter