ホウドウキョクは2019年3月31日で更新を終了しました。長らくご愛顧頂きありがとうございました。
サイトは2019年5月31日にクローズ予定となります。今後は FNN.jpプライムオンライン をご利用ください。
オジサンになる人とならない人の違いとは? 年代別(30代・40代)ですべきこと
Main 5834ceee 73b4 4d09 9a07 258da80b693c
オジサンになる人とならない人の違いとは? 年代別(30代・40代)ですべきこと

<LivePicks>ビジネスパーソンの「ポスト平成時代」の働き方

Profile 930f5d1d 8772 4e91 8290 a9fd04954481
Jan 02, 2018 by LivePicks Reporter

3 Lines Summary

  • ・30代はリーダーをやってみよ
  • ・人との距離感がわかってない人が多い
  • ・40代以降で飛躍するための条件とは?

「ポスト平成のキャリア戦略」の著者で経営共創基盤・取締役マネージングディレクターの塩野誠氏と、産業医の大室正志氏に「ポスト平成時代」の働き方はどうなるのか、どうすべきかを聞く。(聞き手:洪由姫NewsPicksエディター・阿部知代ホウドウキョク・キャスター)

「壊れる前に逃げましょう。年代別(20代)ですべきこと」はこちら。
https://www.houdoukyoku.jp/posts/23810

05d716da a05f 41f6 8e50 ac9574cbe4ad

30代は「リーダーをやってみよ」

6534fb52 8895 49ad 8c02 ed3185bdff14

阿部:
「ポスト平成」を生きるハングリーでノーブルなリーダーになるために、30代がすべきことはどうですか?キーワード「リーダーをやってみよ」というのは?

塩野:
これは100人規模の長になれというものではなく、3人でも5人でもチームのリーダーになることです。リーダーの経験がないと、自分がリーダーについていくときに、リーダーに何を言ったらいいかわからないという問題があります。

出世をする人の特徴として、課長の時から部長の目線、係長の時から課長の目線、というようにちょっと上の目線を持ってマネージメントしていたようです。そうしていくと、上が何を思っているかその気持ちが分かるようになります。

洪:
トレーニングしていくということですね。そして「リーダーは“思想家”たれ」とは?

塩野:
これはレベルが高いですが、部下に「なぜこれをやらなければならないんですか」と問われた時に、きちんと理由を述べて説明できなければなりません。それを様々な側面から、会社として組織として、部として、自分自身としての判断を話せなければ、のほほんとしてしまう。説明責任を果たして、一緒についてきてと言えるようになるということです。

リーダー経験で痛みを知る

視聴者からの質問:
リーダーになるには、先天的な素質も必要?カリスマは経験では埋まらないのではないでしょうか?

塩野:
リーダーのタイプは様々ですが、ほとんどの人に、カリスマはありません。なので、そこはスタイルです。幼稚園、小学校のころから小さなグループでもリーダーの経験を積むことで、リーダーが求めていること、周りがすべきことがわかるようになります。「リーダー経験で痛みを知る」ということですね。

洪:
「“チャレンジ童貞“が増えている」なんてキーワードもありますね。新しくいろいろなことにチャレンジする道を持っていない人が増えているということですか?

塩野:
これはどちらかというと、やる前から不安の箇条書きをしてしまっている状況です。やってみてから考えてもいいんじゃないかということと、何かあってもなかなか死ぬことはないので、やってみたほうがいいと。やる前から選択肢を潰していってしまうのはよくないですね。

大室:
それを佐々木さん(NewsPicks編集長)は「チャレンジ童貞」と命名したと。これも流行らせたいワードなんですね。

“おじさん”になる人とならない人の違い

21f68f45 d807 4cf1 89ce 5663bcb32710

洪:
では、40代以降は何をすればいいのか?「“おじさん”になる人とならない人の違い」とは?

塩野:
おじさんってどんなイメージですか?

洪:
古い定型にはまってしまっている人?チャレンジして進化し続けることをしない人。

塩野:
それは残念なおじさんですね。かっこいいおじさんってどんな人でしょうね。

大室:
斜め上くらいにいて、ひょうひょうとしていて、ちょっと示唆を与えてくれるような人じゃないですか。会社の中で言うと、やらない理由をつけたり、何かにつけて面倒くさがったり、変わろうとすることに表立って反対はしないけれど、やろうとしない人が多いような気がしますね。頑張ろうとする人の士気を下げるような人はよくないですね。

塩野:
40代になっても、まだ人との距離感がわかっていない人が多いように感じます。男女問わず人との距離感が過剰でも過少でもよくない。40代以降を「大人」と捉えるなら、大人は適切な距離感をとることができる人だと思います。自分のできること・できないこと、成し遂げてきたこと、これからやるべきことが客観視できるようになっていると思うので、そこで卑屈になったり囚われるのではなくて、自分のやりたいこと、やれなかったことに対しても上手く距離感をとれる、それが大人だと思います。

40代は「人脈と理念を語り」「部下に対し100%育てる気持ちを持つ」

07aca0bf 7906 4831 a555 3b66e8f6dd28

阿部:
40代以降で飛躍するための2つの条件とは?

塩野:
「①人脈・理念を語る」は、20代・30代とは違って、誰に電話出来るかがその人の価値になってきます。「○○さんにならすぐに連絡取れるよ。いま電話しようか?」といったことができるかできないかで差が生まれますね。「②部下に対し100%育てる気持ちを持つ」ですが、いまの40代は若いので、容姿が整っていて仕事ができる若手に対して、勝手にコンプレックスやライバル心を抱くこともままあります。そういうのをやめて、楽になりましょうと。

洪:
このアドバイスは、20代・30代の頃に、先に挙げていただいたポイントを実行してきた人にはいいかもしれませんが、サボってきてしまった人は、40代以降こういう段階までいけるものですか?

大室:
よく「君、若いのに肝が据わってるね」なんておじさんに好かれる人っていますよね。人はマイノリティ、少数派になると得するようなところがあります。おじさんになると自ら頭を下げることができない人がいますが、変なプライドは取っ払って、若手にも分からないことがあれば教えを乞うことができると、それだけで尊敬されるのではないかと思います。

塩野:
本物の好奇心・頭の良さというのも、そういうところからきているのではいかと思います。ある分野で高名な学者が、別分野のことを知りたくて大学1年生向けの講義に参加するようなことができて、そこに自分は偉いという変なプライドを持たず、純粋に行動することができる人は違いますね。そして、それはいつでもスタートできます。

阿部:
「何かを始めるのに遅いということはない」ということですね。

塩野:
100年ライフなので、まだまだ学ぶことはできます。

「壊れる前に逃げましょう。年代別(20代)ですべきこと」はこちら。
https://www.houdoukyoku.jp/posts/23810

Bf9b0ae7 39c9 4f5e a0ad 1fa6ba80b9ca

「『自由の刑』に処されている日本人」やポスト平成時代を立派に生きるキーワードとは?はこちら
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0029/chapters/29333

LivePicks
vol.74

オジサンになる人とならない人の違いとは? 年代別(30代・40代)ですべきこと(この記事)

3.5

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 930f5d1d 8772 4e91 8290 a9fd04954481
LivePicks
Reporter
Thumbnail 5b696ab5 d61b 4cf4 9028 5fad617523b6
Series
 
「女性はみんなモテたい」を代弁する。ゆうこすのスマホ活用術
Jan 09, 2018
3.5
LivePicks
Reporter
Thumbnail 9fdf5b77 d6f0 4ac3 b5de a8768f74c2c8
Series
 
あと10年で新しい経済がやってくる。正社員である必要がない未来とは?
Jan 06, 2018
3.5
LivePicks
Reporter
Thumbnail 9cae6b70 5746 4ca0 b6ca cb932e5c6116
Series
 
「攻撃型空母」は持てない日本。「対潜空母」なら持てるのか?
Jan 03, 2018
3.5
LivePicks
Reporter