噴火の予知は発展途上 日本の火山対策の実情
Main 7271f6ee 5bb7 4380 a852 cfe08a1dfc7f
噴火の予知は発展途上 日本の火山対策の実情

火山の多い国は「火山庁」のような組織がある

Profile c4404273 ae6e 48cf 85ed 37c6012baa9e
Jan 24, 2018 by Nippon Broadcasting System Reporter

3 Lines Summary

  • ・「火山噴火の予知」は発展途上
  • ・100年前のデータはなく、解析もされていない
  • ・組織が一元化されていない

1月23日の午前に起きた群馬県草津白根山の本白根山の噴火で、政府や群馬県災害対策本部は、麓にある草津国際スキー場で噴石などによって1人が死亡し、11人がけがをしたと発表した。

亡くなったのはスキー場で訓練中だった陸上自衛隊の49歳の男性隊員だった。

自衛隊員の男性が死亡

森田耕次解説委員:
気象庁によると噴火は昨日の午前9時59分頃、本白根山の鏡池付近で発生しました。

この噴火で麓にある草津国際スキー場で噴石などによって訓練中だった陸上自衛隊の49歳の陸曹長が亡くなりました。他の隊員7人もけがをして、この内2人は重体で緊急手術を受けました。スキー場では相馬原駐屯地のおよそ30人がスキーの訓練をしていたところでした。

他のけが人4人はスキー客らで、ロープウェーのゴンドラに噴石が当たって割れたガラスでけがをした人もいます。またスキー場ではロープウェーの送電が止まり、ロープウェーが止まった為に山頂駅のレストランに一時およそ80人のスキー客らが避難しました。

3507d892 b477 4f59 a885 36d409e7f4b4

この中には台湾やイギリスから訪れた観光客も約20人いて、自衛隊がヘリコプターで救助をした。

草津白根山は、白根山や本白根山など複数の山で構成され、北側の白根山は1983年に噴火した記録がありますが、今回噴火した本白根山は前回の噴火がおよそ3,000年前ということで、ある研究者は「はっきり言ってノーマークに近かった」と話しています。

監視カメラも白根山の方には向いていますが、本白根山はほとんど観測されていませんでした。気象庁は1月23日の記者会見で「事前に活動の活発化を示す兆候は無かった」として、その上でこう説明をしています。

「カメラであるとか、そういう物での観測・監視は鏡池の方には向かっていなかった。全く噴火が無いと言い切ることはできないと思いますけども、我々が次に噴火する可能性が高いと思っていたのは山頂火口であった。今回のケースでは残念ながら噴火速報は発表できませんでした」(気象庁職員)

2014年の御嶽山の噴火のときに導入された「噴火速報」は今回発表できなかったのですが、担当者は「カメラで見られなかったことが大きい。聞き取った情報の精査に時間が掛かった」としている。

気象庁は、1月24日以降に本白根山の観測のためカメラや地震計などを設置するということです。

火山噴火の予知の難しさについて、ジャーナリストの鈴木哲夫氏にニッポン放送『あさラジ』の高嶋ひでたけが聞いた。

火山噴火の予知は発展途上

Ac5fdb48 55b9 4a9c 9beb 76dbd269b65b

高嶋:
本白根山というのはそんな大昔に爆発したことがあるだけで、言われてみると我々が小さいときは「休火山」や「死火山」、「活火山」という区別があり、「いやもう爆発しないよ」みたいな捉え方がありましたが、これ今はもう無くなりました。

自然の驚異というか「こうだろう」と決めつけるというのは極めて難しいですよね。

鈴木:
これはいろいろと違った角度から考えなくてはいけないと思っています。私の火山の取材のきっかけというのが雲仙普賢岳です。それ以来ずっと取材していますが、問題点があると思うのはまず「何で予測できないんだ?」という批判がよく出ます。しかし、予知連の学者の方たちを取材すると、火山噴火の予知という学問自体、この分野が実は発展途上です。

聞いてみると、確かに「100年前こうだった」、「200年前こうだった」と、100年単位でしょう。では、100年前にどれだけのデータが解析されているかと言うと無いわけです。そのような情報の乏しい中での予知というのは難しい発展途上の学問。

それから国の予算が少ない。これは御嶽山のときに「何百億円も出しているのに予知できないなんて」という批判も出ましたが、まだまだ発展途上の学問で予算が少ない。

それともう一つは、組織が一元化されていないということ。アメリカとかイタリア、アジアでも火山の多い国は、気象庁の“庁”みたいに「火山庁」のようなところがあるのです。それでひとつ組織をきっちりとやって、予知の研究から避難の指示まで体制を作っています。

日本はまだそれができていない。日本の学者の先生たちが「これは危ないかも」と言っても、速報とか避難を学者の先生が判断して出せるかというと出せません。

高嶋:
昨日の状況を見ていても全くノーマーク。ゴンドラやリフトでみんな上がっていて。10時前に噴火していますが、明らかに行っている時間ですよ。それで自衛隊の人たちも訓練で、動いているときにたまたま火山活動とぶつかってしまったわけですよね。

鈴木:
今でも予算が無いからカメラが無いなど、いろいろなことがあるわけです。日本は火山国なのだから対策をもっとするべきです。

高嶋:
ということは体制そのものがお粗末だということですか?

鈴木:
ひとつの側面としてそういうこともあると僕は思いますね。

高嶋:
3,000年前に噴火したとか1,000年前に噴火したとか言われても…。

鈴木:
そうなんです。この学問の分野の難しさももちろんあります。だからと言って放っておいて良いという話では無い。それなりの対応をしないとまた繰り返します。「また予想外で噴火した」「また犠牲が出た」と。政治がリーダーシップを執ってやらなければいけないと僕は思いますね。

(1/24 FM93AM1242ニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』より)
http://www.1242.com/lf/articles/program/asa/

草津白根山が噴火
vol.6

噴火の予知は発展途上 日本の火山対策の実情(この記事)

3.0

→ 一覧へ

Tag:
App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile c4404273 ae6e 48cf 85ed 37c6012baa9e
ニッポン放送
Reporter
Thumbnail ee2721a9 c191 46b7 840c 8e8f39b695c3
次の冬季オリンピック開催地・張家口市はどんな場所?
1 hour ago
-.-
Nippon Broadcasting System
Reporter
Thumbnail 045590ad c23f 402e 8cf0 f5822b02adb1
フロリダ州の銃乱射から考える。なぜ、銃を持たなければいけないのか
Feb 16, 2018
5.0
Nippon Broadcasting System
Reporter
Thumbnail f274dd3a 295e 46eb b837 b89c1e469100
羽生結弦選手はどんな演目で挑むのか?「クリーンに滑れば絶対に勝てる」
Feb 15, 2018
5.0
Nippon Broadcasting System
Reporter