「仮想通貨」の最新技術が難民を救う。国連が「ブロックチェーン」を検証
Main 5a06b51b 9ace 42fa 8b4c bceb52892d91
「仮想通貨」の最新技術が難民を救う。国連が「ブロックチェーン」を検証

「ブロックチェーン」を使い効率的で効果的な支援へ

Default portrait
Feb 05, 2018 by news room Reporter

3 Lines Summary

  • ・現金や口座がなくても難民女性に安い手数料で素早く支援が可能に
  • ・ブロックチェーン上で身分証明書を作り、直接支援金などが受け取れる
  • ・「ブロックチェーンは、より効率的で効果的な支援を可能にする」

女性の地位向上を目指す国連の機関は先週、イベントを開催し、「ブロックチェーン」と呼ばれる最新技術を使った支援の検証を行った。
「ブロックチェーン」とは、インターネット上で取引のデータを管理するための技術。

「ブロックチェーン」

7d9785b9 e109 4d44 aa93 208c4dd575fc

これまでのように、取引データを銀行などが集約するのではなく、参加者らが共有して監視し合うため、ハッキングが困難とされる。
仮想通貨の仕組みも、この技術の上に成り立っている。

89bc1bd1 fb64 4c94 ba0f 3b237d90e34e
難民女性に安い手数料で素早く送金も可能に

この技術によって、スマートフォンを操作し、現金や口座がなくても買い物ができるというアプリを使えば、難民女性に安い手数料で素早く支援金を送ることが可能になるという。

イベントに参加した企業関係者は、「一部の難民キャンプなどでは、男性が権力を握り、女性は現金をおろすことができない。この技術を使えば、女性に直接送金し、その女性だけが支援金を受け取れるからいい」と話した。

ブロックチェーン上で身分証明書を作り、直接支援金などが受け取れる

さらに、「身分証明」も応用ができる可能性の1つ。
ある機械を使って、ブロックチェーン上で身分証明書を作ることができ、助けを必要とする人は、直接支援金などを受け取れるという。
指紋など生体データを管理することで、IDを持たない難民も身分証明が可能になるかもしれない。

C1b36254 48f4 493a bc77 0a3b27c4519b
目の虹彩認証により支援物資を受け取る
222ddb1e b5c0 4caf 8163 5e7eb2dee4fc

ブロックチェーンをすでに試験導入した別の国連機関による映像もある。
事前に登録した目の虹彩の認証によって、支援物資を受け取れる仕組みだ。
信頼性を担保しながら、簡単に身分証明ができれば、支援の確実な実施につながると見込まれている。

「ブロックチェーンの強みは、より効率的で効果的な支援を可能にすること」

UNWomen人道支援担当者は、「ブロックチェーンの強みは、より効率的で効果的な支援を可能にすることだ」と話した。
ブロックチェーンを、紛争地域や被災地でスムーズに活用するには、まだ課題はあるが、国連は、支援のあり方を変える可能性もあると期待を寄せている。

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
News room
Reporter
Thumbnail 15874c96 3fa6 4601 9574 261484784e32
羽生結弦選手が金メダル! 66年ぶり五輪連覇への軌跡
Feb 17, 2018
5.0
news room
Reporter
Thumbnail 44bb51c1 254f 4c28 8af2 41fd74c42aa7
羽生結弦選手がSPでトップ! 2連覇が見えた!
Feb 16, 2018
5.0
news room
Reporter
Thumbnail 7b170c70 4c63 4527 bc65 695dd0d932b4
仮想通貨口座の売買で初摘発。ベトナム人4人逮捕
Feb 16, 2018
5.0
news room
Reporter