流出NEMはロシアへ?「ダークウェブ」に取引所
Main 34c9836d cbea 4ffb 82d9 a31621fee134
流出NEMはロシアへ?「ダークウェブ」に取引所

ハッカーは、自前で取引所を設立し、ほかの人に交換を手伝ってもらっている。

Default portrait
Feb 14, 2018 by news room Reporter

3 Lines Summary

  • ・ハッカーは「ダークウェブ」と呼ばれる匿名性の高いサイトに「NEM」を売買する「取引所」を設立
  • ・この「取引所」を通じて、流出「NEM」をほかの仮想通貨と交換し、さらにロシアなどの業者と取引
  • ・ハッカーは約15億円分をすでにビットコインに交換

仮想通貨交換業者「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、流出分の一部が「ダークウェブ」と呼ばれる匿名性の高いサイトで売買され、その後、ロシアなど海外の交換業者との間で取引されていることが、専門家の分析で明らかになった。

C1afa340 6506 4702 bcba 013337f1a137
ハッカーが作った取引所

情報セキュリティーの専門家によると、ハッカーは「ダークウェブ」と呼ばれる匿名性の高いサイトに、流出した仮想通貨「NEM」を売買する「取引所」をつくっているという。
ハッカーは、この「ダークウェブ」上の「取引所」を通じて、流出「NEM」の一部をビットコインなど、ほかの仮想通貨と交換し、交換した人が、さらにロシアなどの業者と取引する動きが見られるという。

8de0f86e 0c7f 4a8b 87e4 615aa4a8d88a

ハッカーは約15億円分をすでにビットコインに交換

情報セキュリティー専門家・杉浦隆幸氏は、「ハッカーは、新たに自前で取引所を設立して、ほかの人に交換を手伝ってもらっている。NEMを追跡するまでに、3分から20分ぐらいかかるので、その間に取引されれば、目印がついていない状態で取引可能」と指摘する。
杉浦氏によると、ハッカーは、およそ15億円分をすでにビットコインに交換しているという。

警視庁も、こうした動きを把握していて、交換に応じた人物への任意の聴取を進め、マネーロンダリングへの関与がなかったかについても調べている。

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
News room
Reporter
Thumbnail 5651d65a 3ae3 4896 8b5b 0ced2e5ded9d
移動中にテレビ会議。快適すぎる「未来の車内技術」を初公開
Mar 30, 2018
4.5
news room
Reporter
Thumbnail 9af33ecd 279c 44bd b606 b8bd46fd9145
「廃炉作業を知ってほしい」線量も表示されるバーチャルツアーを公開
Mar 30, 2018
4.0
news room
Reporter
Thumbnail 398bc650 d471 4b92 a7d3 a088acec5c1e
『家族ぐるみの付き合い』中朝の親密さはトランプ氏への無言メッセージ
Mar 29, 2018
5.0
news room
Reporter