ウナギが前年比4%しか採れない!歴史的不漁の原因は?
Main b9c88860 e8f7 4dd3 9934 6a2c94be4612
ウナギが前年比4%しか採れない!歴史的不漁の原因は?

絶滅危惧種のウナギを守る有効な対策はある?

Default portrait
Mar 01, 2018 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・歴史的なウナギの不漁から高知県が漁期を伸ばした
  • ・ウナギは様々な要因からが採捕量が減っている
  • ・減少している要因自体がまだはっきりとは分かっていない

今年の「土用の丑の日」はどうなってしまうのか?
かば焼きなどでおなじみのニホンウナギの稚魚、シラスウナギが深刻な不漁に陥っている。

Acba17a2 b6e9 4bb2 bf60 fc0bca389f89
吉野川のシラスウナギ漁

高知県では去年の3月5日までに260kgの採捕量があったが、今年は今月26日までに9.5kgしか採れていないという。
そのため高知県は、全国で初めてシラスウナギを採れる期間を延長。
当初は昨年12月16日~3月5日だったものを、3月20日までに変更するという。

今年の不漁はどれだけ深刻なのか?
高知県の担当者に聞いてみた。

5592f8bf a44f 44e9 acb9 d692ef976df5

全国的に不漁になっている

ホウドウキョク:
ウナギの不漁は深刻なのか?

担当者:
採捕量は去年の同時期と比べて4%ぐらいです。
これは高知県が情報をしっかり集計してから、だんとつで最低の数字です。
この不漁は高知県だけのことではなく、全国共通で起きていると思います。

ホウドウキョク:
他の県ではやっていない採捕期間の延長をした理由は?

担当者:
実は高知県の採捕期間は他よりも比べて短いんです。
ここ4年間は80日ですが、他では少なくとも100日は越えているでしょう。

高知県が短くしている理由は、ウナギという資源管理を徹底して厳しくしなければならないという思いがあるからです。

ホウドウキョク:
不漁による影響は?

担当者:
シラスウナギの価格が高くなっていますので、少なくとも消費者の口に入るときの価格も高くなるとは言えるでしょう。

減り続けているウナギ

E0ca5d00 f7d5 4dd5 87a3 5ade2bce1637
水産庁より

水産庁が公表した資料によると、シラスウナギの採捕量は右肩下がりに減少を続けている。
その親であるニホンウナギは平成26年に絶滅危惧種として指定されたが、ご存じのとおり、日本では夏の土用丑の日にウナギを食べる人が大勢いるのもまた事実。

このままでは一気にウナギがいなくなってしまうのではないだろうか?
そもそも今年の不漁はなぜ起きたのか?
水産庁の担当者に聞いてみた。

6a59053a 924d 4eff 9664 af86420f10a7

ホウドウキョク:
採捕量が減っている原因は?

担当者:
減少要因としては、海洋環境の変動、親ウナギ・シラスウナギの過剰な漁獲、生息環境の悪化などが指摘されていて、おそらくそれらが総合的に関係しているのでしょう。
ただ研究者の見解によると、一番大きな原因などを評価することは困難だということです。

28aaa192 e747 4488 9ca4 1eef9fb27e12
水産庁より

担当者:
ニホンウナギは遠く離れたマリアナ海溝で産卵するであろうというところまでは分かっていて、そこから海流に流されながら孵化して、台湾・中国・日本の沿岸に流れ着きます。
ですから、海流にも非常に大きな影響を受けます
また河口にたどり着いて川に上ろうとしても、河口堰やダムがあれば上れません。
それらの環境や様々な要因が複合的に影響しているのだろうと考えております。

国内外の対策は?

ホウドウキョク:
ウナギの減少を防ぐため、どのような対策をとっているのか?

担当者:
ニホンウナギという資源は日本だけではなく東アジア全体で利用されているので、保護していくためには国内外の取り組みが必要です。

まず平成26年に、日本・中国・台湾・韓国の4か国地域で、養殖業などで利用している部分を削減しましょうという共同声明を出しました。

それを国内の養鰻業者さんに守ってもらうため、平成27年に内水面漁業振興法ができて、ウナギの養殖業は農林水産大臣の許可制になりました。
日本で養殖池に入れられるニホンウナギの上限は21.7トンと決められているので、それぞれの養殖場の過去の実績に応じて量を割り振り、池ごとに許可証を出しています。

天然のシラスウナギを使わない完全養殖も、研究室レベルでは平成22年に成功しています。
ただしこれは、非常に小さな規模だったので、現在は大量に作る技術の開発を進めています。

5df9cd62 0b15 4cd8 a22f 0e88b498f97c

今後増える可能性はあるのだろうか

ホウドウキョク:
ウナギはこれから増える可能性はあるのか?

担当者:
先ほど申し上げたとおり、減少している要因自体がまだはっきりとは分かっていません
ですので、何をすればどれだけ増えるのか明確には言えません

それに他の魚などと違うのは、ニホンウナギがいったいどのぐらいいるのか、資源量が分かっていないということなんです。
資源量が分かれば、利用できる量が分かります。
しかし、分からないから何もしないのではなく、出来ることをやって結果を見ながら微調整していくしかないという状況です。

川に上ったウナギが親になるには平均すると8年ぐらいかかると言われていますが、
養殖の許可制や養殖量の管理というやり方を初めてから まだ3年なので、かなり長い目で見ないといけないのでしょう。

ウナギは養殖されていても、非常に貴重な天然資源を利用しているのであって、
大事に使わないと本当に枯渇してしまいます。
ウナギを守るためには、大切にしていかなければならないという意識を持つことが必要だと思います。

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail 0436638a 2638 475b bb6a 98f6ba84309c
Special
 
これで目覚めはスッキリ! 睡眠の質を上げる3つのコツ
Dec 27, 2018
3.5
editors room
Reporter
Thumbnail 8e0c4906 b7ae 4ca1 ade4 932caad629a3
Special
 
セクハラで全てを失った男たち…。驚愕の「セクハラ事件簿」
Dec 26, 2018
3.5
editors room
Reporter
Thumbnail 2c811e0a 92d2 4ef3 8492 f7ed25c90dab
Series
 
【北斗の拳でわかる】プレミアムフライデーって結局どうなった?
Dec 25, 2018
4.5
editors room
Reporter