ホウドウキョクは2019年3月31日で更新を終了しました。長らくご愛顧頂きありがとうございました。
サイトは2019年5月31日にクローズ予定となります。今後は FNN.jpプライムオンライン をご利用ください。
「最終的にはサービスを売る会社に」ガス会社の会長が考えるエネルギーの未来
Main 8fbed7fb ca0e 4673 a7ba ff39cd0a4a3b
「最終的にはサービスを売る会社に」ガス会社の会長が考えるエネルギーの未来

【マスターズインタビュー】「アイ・エス・ガステム」石井誠一会長

Profile e6b9d6fa 887a 4074 b963 cd631622e83f
Mar 18, 2018 by The News Masters TOKYO Reporter

3 Lines Summary

  • ・5本の柱を建てると安定する
  • ・新規事業は全員参加型で決定
  • ・「安定」と「チャレンジ」

今回の「マスターズインタビュー」は、千葉県に本社を構えるLPガスを取り扱う「アイ・エス・ガステム」の石井誠一会長。

「石井商店」というお米の直売所というルーツを持つ「アイ・エス・ガステム」の4代目であり、若くして社長、そして48歳で会長に就任した石井会長。

会社を長く続けるためには、時代の変化に合わせて変わるように「3年以上同じことをしない」と語る石井会長の新しいチャレンジや、電力自由化からくるエネルギーの未来について、文化放送『The News Masters TOKYO』のパーソナリティ・タケ小山が迫る。

(前編:米の直売所からガス会社へ。「3年以上同じことはしない」若き会長の改革手腕 https://www.houdoukyoku.jp/posts/27869

532ea342 b991 4267 b350 72312c25d814

新たなチャレンジ・5本の柱

「3年以上同じことをしない」と語った石井会長。

では新たにどんなことを行ったのであろうか?タケはこう続ける。

タケ:
新しいチャレンジにはどんなものがありますか?

石井:
そもそも、何故新しいことをやるのかと言うと、一般的に企業や業種が上手くいくのは30年サイクルと言われているからです。そして、私はインフラはその4倍=120年だと考えています。

その観点から、一つの事業だとリスクは高い。安定して時代の変化に対応するためには、よくなってきた時に、他の事業を重ねていくことなのだ。

その意味で「5本の柱を建てると安定する」という教えにしたがった。中でも、人・モノ・金・情報が成功率が高いという。

タケ:
具体的にはどんな事業でしょうか?

石井:
電気&ガス、リフォーム事業、環境事業=飲食店を対象にしたグリストラップ(厨房のクリーニングメンテナンス)、関連会社では、不動産、総合建築などもあります。

ワンストップで住生活のお困りごとにお答えできる体制を整えてます。

タケ:
この新規事業は社長が決めているんですか?

石井:
これまでは私でしたが、昨年から体制を変えて、役員皆で勉強しながら、ビジネスチャンスはどういう方向か?とアイデアを出し合って全員参加型で決めています。

エネルギーの未来について

6b02fb52 58f7 427c bf17 589fab54996b

電力の自由化や、西日本のエネルギー会社が首都圏に進出するなど変革期にあるエネルギー業界。その展望についてタケは質問する。

タケ:
エネルギーの未来、どのようにみていますか?

石井:
CO2の削減が世界の流れです。時間はかかっても、今世紀末くらいまでに、太陽光・風力など再生可能エネルギーにシフトしていくでしょう。

それでいて、エネルギーも地産地消のものになっていく流れになると思います。

さらに石井会長は持論を展開する。

石井:
お客様は、太陽光でも風力でもガスでも、何でもいいと思うんです。

その心は、何を使おうと「暖かくなったこと」、「涼しくなること」、最終的にエネルギーの販売よりも、「こと」=サービスを売る会社に変わっていくということだ。

そうしたこともあって、ガス主体ではあるものの、電気の販売も行っているという。

タケ:
今後、会長が行いたいこと、行わなければいけないことは?

石井:
日本は少子高齢化で、年をとっても働く時代がやってきます。そうすると時間がなくなり自分でできないこともいっぱいでてきます。

そうした家庭内のお困りごとを助けてあげる事業が必要です。家の中に入れるのは信頼の証。

そこへ、顔なじみで信頼のあるプロパン会社が地域に根差して困りごとを次々と解決しながら、地域に貢献し、事業発展もしていくのです。

初代から育まれた「安定」の精神。

しかし、石井会長は先に述べた通り、新規事業にチャレンジし、石井商店時代からは、想像だにしなかった事業へと進出を果たしている。

「安定」と「チャレンジ」。

一見、相反するかのようなこの二つの姿勢だが、「5つの柱」としてチャレンジしているのは、創業時より掲げている、「安定」のため。それも「会社を安定させるためのチャレンジ」であり、矛盾するようで実は筋が通っている。

時代が、どう変わろうとも「安定」を軸にチャレンジするアイ・エス・ガステムの精神は、他のビジネスでも参考になりそうだ。

62d51a15 29a0 4bc3 a262 da635b374a38

文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO  Podcast
https://itunes.apple.com/jp/podcast/the-news-masters-tokyo-podcast/id1227381972

文化放送「The News Masters TOKYO」http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)
こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR
パーソナリティ:タケ小山 アシスタント:小尾渚沙(文化放送アナウンサー)
「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

マスターズインタビュー
vol.57

「最終的にはサービスを売る会社に」ガス会社の会長が考えるエネルギーの未来(この記事)

5.0

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile e6b9d6fa 887a 4074 b963 cd631622e83f
The News Masters TOKYO
Reporter
Thumbnail b45c9f99 3ccb 400a aa15 05ab00c57600
Series
 
米の直売所からガス会社へ。「3年以上同じことはしない」若き会長の改革手腕
Mar 17, 2018
5.0
The News Masters TOKYO
Reporter
Thumbnail 7ca4cc67 53b5 41cd 9954 e59c2fe201bc
Series
 
人気サービスになったが価格は上げない。「家事代行」から全国のお父さんへのお願い
Mar 11, 2018
5.0
The News Masters TOKYO
Reporter
Thumbnail bfe56d26 994f 42e4 945e 67d3c4658c89
Series
 
家事は夫婦で分担できる量ですか? 富士通を辞めて起業した女性社長
Mar 10, 2018
5.0
The News Masters TOKYO
Reporter