Main 7aceb932 e35e 4d8e ba4a 367805d5caf7
“自称”イクメンになってませんか? 妻たちのホンネから、その実態を探ります

特集 「気がつけば父」 新・父親論 <第3回>

Default portrait
Nov 23, 2016 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・【あれ?】自称イクメンは3人に2人。妻の評価では2人に1人
  • ・【現実は】夫が「やっている」と思っているほど、妻は「やってくれている」と感じていない
  • ・【厳しい】夫への期待値がものすごく低いのかも…

男の家事や育児はよく妻からダメ出しされる。
「たまに料理をしても鍋や食器を片づけない」「洗濯物を取りこんでと頼んでも、放り込むだけ。服をたたむことを知らないのか」「子どもと一緒になって遊んでいるのは、育児とはいわない」…など。

あまり書き連ねるとつらくなってくるが、筆者は小学1年生の娘を持つ父親である。
夫婦共働きなら当然夫も家事・育児をやるべきだと考えてはいるけれど、自分でもあまりできていないと感じるし、妻からは「まったくできていない」と評価されている。
ちまたでは家事や育児に勤しむ“イクメン”が増えているといわれているが、筆者だけがダメなのか?
その実態を探るべく、35~45歳の共働き夫婦300人にアンケートを取った(調査方法:インターネットによる独自調査。調査協力:ネオマーケティング)。

自称イクメンは3人に2人。妻の評価では2人に1人。

【Q1】男性の家事や育児について、あなたの考えにもっとも近いものを選んでください。(単一回答)

4e53d228 2ae8 41ec bb75 200c2f9e0876

【Q2】あなた(あなたの夫)は、自分がやるべき家事・育児をちゃんとできていると思いますか。(単一回答)

D3a21118 8e37 4fb3 a7b1 23551bbe95bf

まず前提として、家事や育児は妻に任せた方がいいと考えるのは、夫婦ともに1割以下だ。夫の半数は「毎日夫婦で分担した方がいい」と考えているし、妻ではそう答える人の割合がさらに増える。
実際にできているのかどうかも聞いてみたが、「どちらかといえばできている」を含めると、妻にも評価されるイクメンが半数以上。
男性の自己評価は少し高いようだが、妻から「まったくできていない」と思われている非イクメンは4人に1人だった。

イクメンは、なにをしているのか?

世間的な意識として、イクメンが増えているのはたしからしい。だが、「できている/できていない」という評価はあやふやなものだ。
実際のところ、世のパパたちは、どんな家事を、どれくらいの頻度で担っているのだろう?

【Q3】家事・育児について、あなた(あなたの夫)が週に3回以上担当している項目をすべて選んでください。(複数回答)

119fea85 bb81 4f08 9c68 f1f0795197a8

結果から見えてきたのは、「食器洗い」「ゴミ捨て」、やや下がって「子どもを風呂に入れる」。この3つが、世のパパたちの三大家事・育児であるということ。
全般的に、夫が「やっている」と思っているほどには、妻は「やってくれている」と感じていない。
そのほかに面倒な家事が山ほどあることを考えると、夫婦で家事を分担するというよりは、夫がたまに家事をお手伝いするというくらいなのでは?

参考までに、毎日の家事の例として、料理と洗濯をどれくらいやっているかも聞いてみた。下のグラフは、夫の自己評価である。

【Q4】あなたは週に何回程度、料理をしますか。

4ca374a0 f8da 4c4e bb76 df1087b185e1

【Q5】あなたは週に何回程度、洗濯をしますか。

C6412c9a 8be4 42da b2bf eba5642f4bb9

正直、「あれ? こんなもの?」という印象。冒頭に掲載した夫の自己評価と妻の評価を見る限りでは、イクメン率の高さに驚かされた。
毎日朝から晩まで働きながら料理や洗濯などの家事をこなすスーパーマンのようなイクメンがいるのかと思ったが、そういうわけでもないようだ。

もう少し細部を見ていこう。
たとえばひと言で「料理」や「洗濯」といっても、そこにはさまざまな作業が含まれる。
「洗濯機のスイッチを押しただけで洗濯したと思われると、心底腹が立つ」とは筆者の妻の言である。

【Q6】料理に関することで、あなたが行っていることを次のうちからすべて選んでください。

22993278 6872 4e5d b409 6b8dc134de4b

【Q7】洗濯に関することで、あなたが行っていることを次のうちからすべて選んでください。

Ea791c77 2412 412d a743 0946492232df

【Q4】の回答によると、約半数の夫が週に1回以上料理をしていたはずだ。だが、上の回答では「調理」をしている人は37%に減っている。残りは買い出し担当だったり、盛りつけ担当だったりするのだろうか?
洗濯にしても、週に1回以上洗濯をしているはずの51%を超える項目は、「脱いだ衣服を洗濯かごや洗濯機に入れる」と「干した洗濯物を取り込む」の2つしかない。
イクメン、じつは少なくないか?

イクメン率には、妻の期待値の低さが表れている?

ディテールを見れば見るほど、世にイクメンは少ないように思える。
しかし、夫がイクメンのつもりになっているだけではなく、半数の妻も、自分の夫はよくやっていると評価していたはずだ。
なぜこういうことが起こるのか?
もしかして、世の奥様方は、夫への期待値がものすごく低いのでは?

【Q8】料理に関することで、あなたが夫に行ってほしいことを次のうちからすべて選んでください。

F55b9a0e aa71 4076 ba0f 939d02ead247

【Q9】洗濯に関することで、あなたが夫に行ってほしいことを次のうちからすべて選んでください。

D6d6af04 56bf 4b49 a2eb de099129e173

「夫に行ってほしいことはない」と答えた妻こそ10%台だったが、半数以上が行ってほしいと答えたのは、料理では「食べ終わった食器の片づけ」と「洗い物」、洗濯では「脱いだ衣服を洗濯かごや洗濯機に入れる」だけ。
これなら、今は「できていない」側の夫も、ちょっとがんばれば「できている」側のイクメンへとシフトできるのではないだろうか。

最初から完璧を目指すと挫折する。まずはできる範囲から妻のサポートを始めれば、ゆくゆくは家事も仕事もささっとこなせるスーパーイクメンになれるかもしれない。
ひとつできるようになると、妻が要求するハードルはどんどん上がっていくものだからだ。

文=宇野浩志

「気がつけば父」 新・父親論
vol.3

“自称”イクメンになってませんか? 妻たちのホンネから、その実態を探ります(この記事)

4.5
App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail 482bc1e4 082b 4739 a331 48fc8d8c175f
サプライズ企画募集…まさかの応募者ゼロ。しかし、ついに!
4 hours ago
3.0
editors room
Reporter
Thumbnail 55f4b41b 2257 44db 98e2 827e278f7b8a
闘会議から五輪へ?!日本初のプロゲーマーになれる5ゲームが決定
Dec 13, 2017
5.0
editors room
Reporter
Thumbnail cbbec939 cd1f 4608 9b88 c6a300111c14
羽生永世七冠の強さの源を垣間見た「出し惜しみをしても機会を逃してしまうだけ」
Dec 13, 2017
4.5
editors room
Reporter