Main 376ace83 b1bd 4218 8de4 3c1cfc80afc5
「トランプノミクス」めぐる神経戦の行方
Profile e871647a 6fa4 4428 bc37 a8affe4788d7
Nov 22, 2016 by Chida Yuichi Reporter

3 Lines Summary

  • ・インフレ期待が金利押し上げ。投資マネーは株式・ドルへ
  • ・しかし、インフレ過熱で「利上げペース加速」の可能性
  • ・新興国からアメリカへのマネー還流は世界経済のかく乱要因

「金利上昇」「株高」「ドル高」へ。

トランプノミクスへの期待から世界のマネーの動きは激変しました。

大型減税やインフラ投資によるアメリカ景気の回復、積極財政への思惑が広がり、金融緩和で金利が抑えられてきた局面は一変し、インフレ期待が金利を押し上げる状況が生み出されています。

アメリカでは、10年債利回りが11月18日に一時2.36%と、およそ1年ぶりの高水準となり、金利上昇の流れは、日本やヨーロッパにも波及しています。

投資マネーは、アメリカの「インフレ・高金利」を前提に、株式・ドル投資のうま味を求める流れに転換しつつあります。

トランプノミクスへの期待は、東京市場でも急速な「円安株高」を現出させています。

アメリカFRB=連邦準備制度理事会のイエレン議長が、議会証言で12月の利上げを示唆したこともあり、円相場は、21日には半年ぶりに1ドル=111円台にまで下落しました。

トランプ氏の政策期待と円安を追い風に、日本株買いも加速していて、トランプ氏勝利の9日に急落した日経平均株価は、翌10日には下げ幅を取り戻し、その後も上昇基調が続いています。

輸出企業では、実際の円相場が想定為替レートより円安水準となっているところも多く、採算の改善が見込めることで、業績底入れへの期待が強まっています。

しかし、このトランプ相場が今後も一本調子に続くかは不透明です。

選挙期間中に繰り返されてきた「保護主義」的・「内向き」の政策についての過激な発言が、選挙後は、なりをひそめるなど、トランプ氏の本音ははっきりしませんでしたが、21日、就任初日のTPPからの離脱通告の意向を表明しました。

トランプ氏の政策が、市場が想定するような成長の姿に結びつかない場合、インフレへの期待は縮小します。

さらに、波乱要因となるのが、FRBの利上げシナリオへの影響です。

失業率が十分に低いなかで、拡張的な財政政策により景気が刺激され、インフレが過熱すれば、来年以降の利上げペースが速められる可能性があります。

ドル高のあおりで、新興国の株や債券に投資してきたマネーが、アメリカに還流する動きはすでに出ていて、この先、アメリカの利上げ加速で、新興国からアメリカへの資金流出が急激に進む事態になれば、新興国景気に水を浴びせることになり、世界経済のかく乱因子となります。

期待が大きく先行したトランプ相場は、景気刺激効果がどこまで続くのか不確実な様相を呈したままで、波乱の種を根強く内包しています。

トランプノミクスの実現性に未知数の部分が相当に多いなか、トランプショックの第二ステージは果たしてあるのか。

リスクオンが続く市場ですが、この先、政策の帰趨を見極めようと、神経戦を余儀なくされる展開が予想されます。

“トランプ大統領”就任までのカウントダウン

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile e871647a 6fa4 4428 bc37 a8affe4788d7
智田裕一
Reporter
Thumbnail 5dbd2ec9 a59f 429a 94ce e62554e6186b
“雇用形態の多様化”にどう対応するか。所得税「控除」の見直しが本格化
Nov 22, 2017
4.5
Chida Yuichi
Reporter
Thumbnail 06f6d6f3 0190 436d 8e97 5ee93fd4d10b
新FRBのトランプ色は?量的緩和めぐる米欧と日本の隔たり
Oct 30, 2017
4.5
Chida Yuichi
Reporter
Thumbnail 79537af7 c1f7 4dfd b262 8cb69d4c5571
賢く老後の資産形成!長期・積立・分散投資の『つみたてNISA』が受付開始
Oct 16, 2017
5.0
Chida Yuichi
Reporter