Main 97741e8b a0bb 4336 ad5a 40af7876c2da
メール問題を追及しないのは”クリントンの人質”だから?トランプの相次ぐ方針転換のワケ

政権発足を前にトランプ氏が相次いで見せる方針転換の意味は?国際政治学者の三浦瑠麗が2人の専門家に聞いた。

Profile daf1f917 2844 4879 a83c c23ec0891516
Nov 26, 2016 by compass Reporter

3 Lines Summary

  • ・メール問題は”クリントンの人質”だから追及しない
  • ・彼がやっているのは嘘を繰り返せば真実に見えてくる「真実以後の政治」
  • ・三浦瑠麗「身動きの軽やかさは今までの政治家にはない」

アメリカのトランプ次期大統領は22日、大統領選挙で批判的な記事を書かれていたとして対立していたNYタイムズ紙の本社を訪れ、関係修復を図った。さらに、NYタイムズ訪問と同時に行われたインタビューでは、クリントン氏のメール問題について、選挙中とは一転、「追及したくない」と語るなど方針転換の姿勢を見せている。トランプ氏が相次いで見せている方針転換が意味することとは?

上智大学総合グローバル学部教授 前嶋和弘さん

4fa91026 533f 4b7f 98e0 c68b04fb7da7

トランプはなかなかの策士

なかなかの策士ですよね、トランプ氏は。(NYタイムズは)あれだけトランプ氏を批判をしていたけれど、一回会ってみたら、なかなか批判できないだろうと読んでいたのでしょうか。実際に顔を見たら、これまでの批判が緩む方向になる可能性はありますよね。

「批判」と「たらし」でメディアをコントロール

メディアが何を考えて、その向こうにいる世論が何を考えるか、をよく知っている方だと思うんですよね。
だから、自分の納得のいかないことがあるとものすごく怒って、「世の中で最もとんでもない人たちがメディア」「ジャーナリストなんてとんでもない」なんてことをもう一回言ってくるかもしれません。
ただ一方で、自分に対して肯定的な評価をするメディアは褒めるといったような”メディアたらし”みたいなことを考えるんでしょう。

メール問題はクリントンをコントロールするための”人質”だから追及しない

これもなかなかの手です。メール問題って、クリントン氏をコントロールするための人質みたいなもんですよね。
今はトランプ氏が当選したので、クリントン氏を叩く意味はほとんどないので、捜査する必要はないけど、クリントン氏が何らかの形でトランプ批判をしたり、また大統領選の投票が再集計になったりしたら、またメール問題を出してくるかもしれない。
「クリントンさん、黙ってね」という人質な気がするんですよね、メール問題って。

24fa7a82 6d55 470b a150 c6a76b2be98b

明治大学名誉教授 越智道雄さん

B1bea8ea e08a 4c38 9820 48218340770a

嘘を繰り返せば真実に見えてくる「真実以後の政治」

(トランプ氏は)NYタイムズとの手打ちのときも、その前にツイッターでNYタイムズをこき下ろしているんですよね。それから7時間後にNYタイムズに行って、「あんた達は世界の宝石だ」って言って褒めあげている。
これは、この人の持っている異常性で、ツイッターという新しい手段によって客観性は失われ、言うなれば「真実以後の政治」と呼ばれるような状態が起こっている。
真実以後の政治とは、「Post-truth」と言います。要するに、嘘八百を並べても、それを繰り返していれば真実のように見えてくる。これはヒトラー以来のやり方の踏襲なんです。

「真実以後の政治」のわかりやすい例は中国制裁をめぐる無責任な発言

トランプ氏は中国に経済制裁を加えて、中国製品を輸入しないと言っていますが、アメリカ人って今、生活が苦しくて安い中国製品で生活が成り立っているわけですね。だから、中国からの輸入がストップすると一番困るのはアメリカの貧しい国民なんですよ。
それに、中国の製品を輸入しないとなれば、中国も報復措置をとります。たとえばボーイングを買うのをやめて、フランスのエアバスに切り替える、アメリカの農作物を買わないとか、そういう報復措置を取られたら、アメリカ自体がお手上げになっていきますよね。
そういうことに関して、トランプ氏は一切説明を抜きにして「中国に報復する」と言った。そんな“でたらめ”をみんなが通してしまったということです。

0dd0ecdc 88e3 4f2a 95b4 07568823b691

三浦瑠麗「この軽やかさは今までの政治家にはない」

トランプ氏は、やっぱり策士ということですね。
メディアの人々に“生トランプ”と触れ合わせて、なるべく批判をさせないようにしていく。これは各国の政府もやっていることですし、オバマさんも上手ですよね。
ただNYタイムズとはすごく対立していたのに、選挙戦が終わってすぐに訪問するというこの軽やかさは今までの政治家にはない形かなと思いますね。

Eb78bef2 2ce8 4dfc ad78 44bf3f3eace0

あしたのコンパス 11/24放送分「トランプ氏 政権発足前に方針転換?」より
アーカイブ https://www.houdoukyoku.jp/archives/0004/chapters/26190

“トランプ大統領”就任までのカウントダウン

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile daf1f917 2844 4879 a83c c23ec0891516
あしたのコンパス
Reporter
Thumbnail cd560405 757e 47e2 bb2e 447c81673106
「北朝鮮がミサイル実験をするとの憶測で…」長嶺大使帰任で日韓連携は万全?
Apr 04, 2017
4.0
compass
Reporter
Thumbnail 34d5b032 dda8 41be 9ae6 5e7904fa014b
忖度できる国だから…働き方改革を阻む日本ならではの病
Apr 03, 2017
3.5
compass
Reporter
Thumbnail bf6acdf8 b7af 45ce a065 ee6da9dc2cdd
2025年の「大阪万博」その意義を古市憲寿が問う
Mar 31, 2017
3.0
compass
Reporter