どうなる?ポスト朴大統領の「日韓」
Main 2245a28e 1028 4559 a604 868a16bdd4e0
どうなる?ポスト朴大統領の「日韓」

韓国の朴槿恵大統領が「条件つき辞意」を表明。野党3党が「弾劾訴追案可決」を目指す中、モーリーが今後の日韓関係について解説します。

Profile 4c600ade cca5 47c7 99c0 c2a503c12b26
Nov 30, 2016 by Morley Robertson World

3 Lines Summary

  • ・日米韓にとって最悪のタイミングでの混乱
  • ・トランプ次期米大統領とポスト朴大統領で三国間の関係が流動化の恐れ
  • ・「漁夫の利」を得るのは中国
84917254 b5ae 4719 96b0 7654c4bde268

日本、韓国、アメリカを含む東アジアで見ると、最悪のタイミングで混乱が起きたなという印象があります。

オバマ大統領に至るアメリカの歴代政権は、韓国及び日本との軍事外交同盟というものをとても強固な岩盤として守り続けていました。

しかし、来年1月にアメリカはドナルド・トランプ大統領が誕生します。
トランプ氏はすでに日本との軍事的な同盟も韓国にいる在韓米軍も絶対的なものではないという発言を経済原則に照らしています。

アメリカが抑えていたからこそ日本と韓国がお互いのいざこざを飲み込んでいたものが、トランプ氏がその蓋を開けてしまうことになるかもしれない。
しかも朴大統領の次の大統領が、反日カードをポピュリズムとして切ってしまった場合、誰も抑えられない状態でいざこざが激化し、全体が不安定になり流動化してしまいます。

「漁夫の利」を得るのは中国?

ここで漁夫の利を得るのは中国だったりするわけで、ちょっと先が読めない気がします。

とにかく東アジアは複雑な局面を迎えることになります。

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 4c600ade cca5 47c7 99c0 c2a503c12b26
モーリー・ロバートソン
World
Thumbnail eb0985c8 9c52 4b6e ac81 74f0f179b05b
パリに「ヌーディストエリア」。寛容な一方で、深刻な背景も
Sep 08, 2017
3.5
Morley Robertson
World
Thumbnail 4ed86b7f df37 46a0 b880 e2c155cfde75
英・3人に1人が体重オーバー。子どもの肥満対策でカロリー制限
Aug 25, 2017
4.5
Morley Robertson
World
Thumbnail dd4b4c52 b7bd 4103 b209 f1245374e3fc
ボイコットのリスクも…平昌冬季五輪 韓国が北朝鮮と共同開催検討
Jun 23, 2017
3.0
Morley Robertson
World