「日本人も無縁ではない?」「いまやもう第三次世界大戦?」古市憲寿がポピュリズムの台頭する2017年を斬る
Main b62ba98e f7e6 47b6 a3c7 1933e571849b
「日本人も無縁ではない?」「いまやもう第三次世界大戦?」古市憲寿がポピュリズムの台頭する2017年を斬る

トランプ氏当選!イギリスのEU離脱!大衆を支持基盤とする政治運動「ポピュリズム」の台頭によって2017年の世界や日本はどうなる?

Profile daf1f917 2844 4879 a83c c23ec0891516
Jan 06, 2017 by compass Reporter

3 Lines Summary

  • ・ポピュリズムの台頭で世界は平和にならない
  • ・EUもユーロも弱体化する
  • ・世界大戦が起きるリスクも心配される

2016年を振り返れば、大衆を支持基盤とする政治運動「ポピュリズム」の傾向が、世界的に非常に強まった年だった。イギリスは国民投票の結果EUを離脱し、トランプ氏がアメリカ大統領選に勝利したのもポピュリズムの象徴とも言える。この流れは2017年の世界を日本をどう変えてしまうのか。古市憲寿が2人の専門家に聞く。

ポピュリズムとはなにか

21e59152 4773 4ebf a52e b05d6b8cb9d2

評論家・拓殖大学客員教授  潮匡人さん

民主主義の負の側面を強調する脈絡で「ポピュリズム」という言葉が最近よく言われるようになったと思うんですが、私は、いわゆる民主主義が良いもので、その対極にポピュリズムがあるという捉え方には疑問を持っています。民主主義という大きなくくりの中に、ポピュリズムという負の側面があるという風に考えるべきで、つまりポピュリズムは民主主義が内包しているものであるという風に見ています。

この一年、トランプ氏の当選やイギリスのEU離脱など大きな動きがありましたので、台頭と捉えることは決して間違っていないと思いますけれど、ある意味で古今東西不変に起こり得るものであり、古代ローマ以来ずっとあったものだと捉えることもできると思います。

D11bf109 6d99 4cfb 9209 b2a670babf8c

もちろん日本も世界の中の1つの国であって、ポピュリズムの台頭は様々な部分で読み取れると思います。小池都知事は、都知事選挙で自民・公明・連合(民進党の支援団体)が推した候補に勝って当選されていて、ポピュリズムで語れる面があるでしょう。また橋下徹さんが、大阪府・大阪市それぞれの首長の選挙で勝った経緯も、典型的な日本版ポピュリズムが表れていると思います。

ポピュリズムの台頭で平和になるか、ならないのか?

二者択一で選ぶなら残念ながら後者の確率の方が強いと思います。既にそうした兆候が我が国周辺にとどまらず中東地域やヨーロッパにおいても生まれています。ローマ法王も、断続的な第三次世界大戦が始まっていると発言しています。私も、伝統的な意味における戦争、つまり第三次世界大戦が今年おきるリスクがあると心配しています。

いま起こりうる戦争とは

戦争の定義にもよると思いますが、いわゆるサイバー戦争を含めて良いのなら現状はすでに第三次世界大戦が始まっていると言えるでしょう。特定の地域の中で火花が飛んでいるという伝統的な戦争の概念は薄れていく。むしろよりグローバルに多くの人を不幸に巻き込んでいくことになるでしょう。

小泉総理もポピュリズムだった

8c2c65ff 10a9 4517 8585 8090ac661711

学習院女子大学長 石澤靖治さん

ポピュリズムというのは人気取りですから政治家と指導者がよくやるわけで、小泉元総理の時もポピュリズムでした。すると敵を作らなければいけないんですけど、当時は人種的な差別とかそういう事はなかった。今、危険視されているヨーロッパやアメリカのトランプ政権のポピュリズムは、外国の思想を排斥する要素があり、それが世界にドミノ倒しのように広がっているという事に対する危機感があるのではないでしょうか。

ヨーロッパの場合は20年以上前から移民の問題が言われていて、EUが各国の政策に細かい注文を付けるというようなことと一緒になってしまったのが問題です。移民とEUが悪い、だからEUから脱退してしまえというようなことをフランスのルペン大統領候補が言っています。恐ろしいのは、理性でEUの何が問題か冷静に分析して投票する人が限られていると思うことです。

アメリカ大統領選ではトランプ氏が勝ったのでポピュリズムの流れを作ったことにはなっていますが、総得票数の上ではトランプ氏は280万票差で負けています。これは国民総意としてはトランプ氏を支持したわけではないと捉えることもできます。ポピュリズムの流れはありますが、どこかで歯止めがかかるかもしれません。

EUもユーロも弱体化する

EUも一気に解体されるとは思いません。ただし条件が緩和されていくのではないかと思います。EU本部は、厳しく締め上げる事は出来ず、加盟国の自由を認めることで、どうにか存続を図っていくのではないでしょうか。ユーロに関しても、経済成長やインフレ率、各国の債務がこれだけ違う中で単位通貨としてどこまでやっていけるのか。ある一定の妥協をして存続の道を探るという事になるのではないでしょうか。

日本に必要なものは、教育

日本は、ある意味で「原則のない国民」だと言われ、そのためポピュリズムに流されやすいと言えると思います。ただ、ポピュリズムと移民が結び付くという事は、ある一定の歯止めがかかるのではないでしょうか。東アジアの情勢や朝鮮半島から難民が出てくるとポピュリズムではなく、反難民、排外主義が出る可能性がないわけではない。

E5a75ef7 6900 4c85 a117 6a30a5df53bf

日本の場合は移民とか難民に対して免疫が弱い。ちょっとでも触れたらものすごいリアクションが起きるのではないでしょうか。相対的に移民・難民の数が日本は少なすぎるというのは事実なので、これから増えていくと思われます。それに対する社会的な教育などをやっておく必要はあるのでしょうが、それだけでは済まないかもしれません。

アンカー古市憲寿のまとめ

E4d5da03 4339 460b a451 7dc6e93415e5

潮さんは戦争がありうるというのも話してましたし、石澤さんも、日本に難民が来た場合に反発が起こると言ってました。ポピュリズムが台頭する未来は、あまり明るくはなさそうですよね。

お二人とも、民主主義とポピュリズムは切り離せないというか、同じ言葉を違うように言い換えただけで結局多数決でみんなが決めるっていう話をされていました。だからポピュリズムによって暗い未来に進むのはしょうがないと思うんですね。じゃあなにができるのかっていうと、不満とか不安を取り除いてあげるような仕組みをつくることしかない。それがいま多くの国でできていない。

日本は、ヨーロッパやアメリカほどの格差がなかったりとか、移民がいないことで不満が吹き上がっていなかったりすると思うんですけど、ただ今後どうなるかは何とも言えないんですよね。

日本人はおとなしいというのは間違っていて、実は「ええじゃないか」とか「日比谷焼討事件」とか貧しい時代にはものすごく怒っていた国民なんです。だから今後日本が貧しくなっていくと動乱は起こってもおかしくないと思います。

1月4日放送「あしたのコンパス」より
番組アーカイブ https://www.houdoukyoku.jp/archives/0004/chapters/26783

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile daf1f917 2844 4879 a83c c23ec0891516
あしたのコンパス
Reporter
Thumbnail cd560405 757e 47e2 bb2e 447c81673106
「北朝鮮がミサイル実験をするとの憶測で…」長嶺大使帰任で日韓連携は万全?
Apr 04, 2017
4.0
compass
Reporter
Thumbnail 34d5b032 dda8 41be 9ae6 5e7904fa014b
忖度できる国だから…働き方改革を阻む日本ならではの病
Apr 03, 2017
3.5
compass
Reporter
Thumbnail bf6acdf8 b7af 45ce a065 ee6da9dc2cdd
2025年の「大阪万博」その意義を古市憲寿が問う
Mar 31, 2017
3.0
compass
Reporter