Main bd316070 4f44 418b 9db9 1a1aad522586
【動画つき】オバマ大統領 最後の演説「Yes We Can. Yes We Did!」

任期中最後となる国民向け演説

Profile 6f95c731 1504 40ef 974e c72b21bf6df9
Jan 11, 2017 by Matsuyama Toshiyuki Reporter

3 Lines Summary

  • ・オバマ大統領が「最後の演説」
  • ・「結束がチェンジを可能にする」
  • ・オバマケア廃止を主張するトランプ氏を牽制

「チェンジ」

アメリカのオバマ大統領は10日、地元イリノイ州シカゴで任期中最後となる国民向け演説を行い、8年間の業績を振り返るとともに、トランプ次期政権を念頭に、結束の重要性をアピールしました。

任期最後の“お別れ演説“は、歴代大統領の慣例ですが、“チェンジ”を呼び掛けて大統領となったオバマ氏は最後の演説でも、次のような言葉とともに「結束がチェンジを可能にする」と語りました。

「普通の人々が物事に関わり、結束した時に変化は起きることを、私はこの地で学んだ。大統領としての8年の任期を終えた今も、それを信じている」

また、オバマ大統領は、キューバとの国交回復や、イランとの歴史的な核合意、911同時テロ事件の首謀者とされたウサマ・ビンラディン容疑者を殺害したことなど、これまでの外交、軍事面での功績を次々に列挙し、「アメリカは、より良き国になり、より強くなった」と誇らしげに語りました。

さらに、オバマ政権下の経済政策についても「今もなお経済は成長しており、賃金も上昇して、貧困率は下がり続けている」と、成果を強調しました。
 
また、政権のレガシーと言われる「オバマケア」と呼ばれる医療保険改革で多くの人々が救われていると主張し、制度の廃止を主張するトランプ次期大統領を暗に牽制しました。
 
オバマ大統領はあと10日でホワイトハウスを後にしますが、続くトランプ次期大統領にも、政策の継続性の重要性を訴えて、国民の結束や多様性の重要さをメッセージとして訴えた演説と言えそうです。

「Yes We Can. Yes We Did!」

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう