メディア大騒ぎの成人式より「新成人の生態」の方がビックリだった件
Main 2d69e506 411b 4e16 b5a0 c01c5801cdb3
メディア大騒ぎの成人式より「新成人の生態」の方がビックリだった件

出演者全員「成人式は荒れてない」発言で議論は知られざる「新成人像」の解明へと進んでいく…

Profile daf1f917 2844 4879 a83c c23ec0891516
Jan 13, 2017 by compass Reporter

3 Lines Summary

  • ・成人式は「ハロウィン」「YOSAKOI」「結婚式」である
  • ・新成人で会社が「ワンピース」化する
  • ・40歳になったら「2倍成人式」を楽しもう

3連休の1月7日から9日にかけて全国で成人を祝う式典が行われ、今年も多くのニュースに取り上げられた。茨城県つくば市では、無理やりステージに上がろうとした新成人が現行犯逮捕され、沖縄県では暴走行為などで数人の逮捕者が出た。なぜ成人式は荒れるのか?そもそも本当に荒れているのか?佐々木俊尚が現代を読み解く。

C06e2623 dbeb 469f a65d 00cb4d2ce1bb

佐々木俊尚が成人式について思う事

なんで荒れるのかっていうと、単にメディアが騒ぐからってだけではないのかな。

503387a1 718a 4c79 9713 3eaad9677624

Twitterではきのう紹介したんだけど、沖縄タイムズの與那覇里子さんが「なぜ沖縄の成人式は“ド派手”になったのか?」という記事をYahoo!ニュースに書いています。それを見ると、80年代ぐらいまではそんなに派手じゃなく、90年代に入ってから派手になって、2000年ぐらいに新聞やテレビで紹介されると派手さが加速したようです。

これって、学校内暴力とかと同じだよね。話題になるとみんな同じことをやりたがるっていうのが結構大きな要因なのではないかな。

記事では、沖縄でド派手な成人式が多い理由を3つ挙げています。まず、メディアが取り上げるから。そして、中学時代の仲間みたいな、ヤンキー的な共同体が生きているから。もう一つは、学生生活の節目の代わりではないかという。高校や大学を出ると卒業式や就職という節目があるけど、中学を出て職人さんとかやってると15歳ぐらいからずっと何もない。学校のある種の節目の代わりに、成人式っていうものを通過儀礼にしているんじゃないのかと分析していて、なるほどねと思いました。

全国的に成人式は荒れてない

博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー  原田曜平さん

4910a3f9 053f 4a7f 83f6 eb3fb3c4c13f

成人式は全国的に荒れなくなっています。たまに起きる事件が目立つので、若い子が荒れてるように見えますが、それはごく一部。

実は数年前から成人式の日が近づくたびに、私のところにメディアからの問い合わせがすごく来るんです。その内容はどこも一緒で、沖縄と北九州が荒れることは分かっているから、ほかの荒れるところを紹介してくださいというんですね。要するに成人式が荒れなくなって、どのメディアも同じ成人式を映すようになっているので、ほかと被りたくないわけです。

いまどきの若者は「荒れる」より「まったり」

荒れなくなった事を、明確に証明する要因はないんですが、基本的には豊かになって成熟国家になると、若者像はまったりしてくるんですよね。あまり肉食ではなく草食的になったり、違う土地や海外に行ったりしないでマイルドヤンキー的に地元に閉塞するとか。ほかの先進国を見ても、フランスやイギリスでは同じような傾向が出ています。

去年、パリの若者におこなったインタビューを見ると、休日は彼女と映画に行くか、家でネットフリックス見るか、お金を使わないでパリのシャンゼリゼ通りを行ったり来たりするとか、日本の若者と同じようになってきているんです。

今の若い子はみんな「故郷」ではなくてカタカナの「ジモト」と言う表現をよくします。その原因を考えていくと、まず「ジモト」にはパラサイト先である親および実家がある。そして、中学ごろに携帯を持ち始めてからずっと繋がっている友達がいる。もう一つ、イオンなどの大型ショッピングモールがある。この3つの要素が、彼らが愛してる「ジモト」のファクター・因子なんです。

若干失礼になるかもしれないんですが、沖縄の若者が寝てる間に、地元の友達と親と実家をそのまま北海道に持っていくと、最初は温度が違うので戸惑うんだけど、意外とすんなり「結構いいじゃん」となるんじゃないかと思います。「ジモト」というのは、それぐらいのものなんです。すごく郷土愛があるとか、気候が好きだとか、食べ物が好きだとか、もちろん全くないわけじゃないですが、そういう事とは違うんです。

Ad20f5ee 7845 4ded a802 67ab2a1142c4

親も先輩もみんな平等なかよしこよし

昔はあった、地元共同体のヒエラルキーもかなり弱くなっています。たとえば親子関係でも「友達親子」なんていう言葉がありますけど、友達みたいに同列になってきています。

先輩後輩の関係もだいぶ緩やかになって、昔なら「パン買って来い」とか「ヤキ入れてやる」なんて言っていた先輩は、今ならSNSで「あいつヤバいから近よんない方がいいよ」と出回っちゃいますから。逆に、後輩の好感度を上げたくて先輩がパン買ってくるみたいな感じになっていますよ。縦社会ではなく、みんな平等で、みんないいやつを演じてる横社会の共同体になってる。

コーヒー・ビール…大人の味は「苦いから飲まない」

いまどきの若者は、大人になってないと言えるかもしれません。例えば、日本のコーヒー市場は1960年ぐらいからずっと伸びているんですけど、ここ数年の若い人だけは、かなり下がってるんです。スタバやタリーズは増えていて、若い子もいっぱいいるじゃないですか。でも彼らが飲んでいるものを見ると「なんとかフラペチーノ」ばっかりでコーヒーを飲んでないんです。その理由は何かというと、やっぱり苦いからなんですよ。ビールも苦いから飲まないんですよ。

昔は、大人へのあこがれも強かったから、苦くても我慢して飲んでいるうちに好きになったりとか、親や先輩に言われて飲んでるうちに味を覚えたりとか、それが無くなっているので子供の舌のまま大人になる子たちがすごく増えている。

新成人で会社が「ワンピース」化していく

若い子は、中学生で携帯・スマホを持つと、LINEとかSNS でずっと友達と繋がりつづけるので、1~2歳違うぐらいの人としか接してないんです。年齢の離れた人とたまに会うことはあるかもしれませんが、基本的にはコミュニティーではない。成人式は、そんな友達と盛り上がる場で、ある意味ハロウィンと近いんじゃないですか。

これからは、会社のありようも変わるんじゃないですかね。やっぱり上意下達、トップダウンで、思い切り体育会のような組織は、なかなか若者に選ばれないでしょう。よく言われる話ですけど、1人のヒーローが活躍するよりみんなが協力する、漫画の「ワンピース」的な組織が増えざるを得ないんじゃないですか。

成人式は「YOSAKOI」「同窓会」「結婚式」

兵庫教育大学大学院学校教育研究科助教  永田夏来さん

A7c80c10 aa1e 45ab 9bb6 988ae3ddbe22

今の若者は、基本的にはお行儀がいいし、いい子が多いと思うんですよね。私は、めんどくさいから成人式は行かなかったんですが、逆に私ぐらいの年代の方が、やさぐれているというか、世の中のことを斜めに見ている感じではないでしょうか。若い子たちの方が成人式に行って昔の同級生と集まったりして楽しくやっています。

成人式が荒れているように見えてしまう理由は、先ほどもお話しされていたように、そういう情報をピックアップしてしまうからでしょう。私のところにも、成人式が近づいてくると、若者が草食化しているみたいな話をしてくれっていう依頼がよく来るんですが、それは若者が我々の常識と違う事をやっているんだという位置づけを与えたがっているからだと思います。

もう一つは「YOSAKOIソーラン祭り」のように、みんなで集まって同じ和服みたいな恰好をして楽しく派手なことしよう、という文化が新しく出てきたので、その影響もあると思います。成人式は「YOSAKOIソーラン祭り」ととても似ていて、研究をしている知人によると、そろいの衣装を着て、一つの目標に向かって、やり抜く成功経験を若いうちにするのはとても楽しいようですね。

成人式が20歳じゃなくてもいい

仕切りや通過儀礼はあったほうがいいと思いますが、年齢による区切りはどんどんあいまいになってきています。選挙権は18歳だわ、結婚は承諾があればもっと若くてできるわ、なんていうような状態で、20歳という位置づけはだいぶ薄くなっているんじゃないのかと思います。

今は、就職してもなかなか一人で生活していくのは難しくなっています。妊娠出産すると、ますます親からのサポートがないと生活しづらいでしょう。こんなに大人にさせないための仕組みがあって、周りから助けてもらわないと生活できないような状況なのに、今日から一人前だと言われても、何言ってるのかちょっとわからないなというところなんじゃないでしょうか。

そもそも成人の定義は、未成年が19歳までだというところから来ているのでしょう。年齢によって人間の地位や役割とかが決まるという考え方自体は、何歳になったら小学校に入るみたいに、近代国家的なやり方です。そうやって日本が近代社会になっていくところで、未成年と成年の線引きを法的にやらなくてはということで、20歳という年齢が出てきたのだろうと思います。

例えば江戸時代の農村では、ある程度の年齢になったら、男女なり年齢によるカテゴリーの集団に入れられて、その中で周りの様子を見ながら緩やかに大人の仲間入りをするんです。20歳になったから今日から「はい大人です」というのは法的な位置づけの話であって、実際の生活実感とはずれてるということが、ごまかしきれなくなってきたんじゃないかと思います。

72476567 5be4 4516 99fe e698fc5d7340

もっと成人式を増やそう!「40歳の2倍成人式」「60歳の3倍成人式」

私も成人式の様子を見に行きました。みんなで久しぶりに集まって、写真を撮って、ワーキャーみたいな感じで完全に「同窓会」です。先ほどの話にもありましたけど、仮に地元を離れてもLINEとかでネットワーク自体は持ったまま移動していますから、そんな人たちが物理的に集まれるという位置づけではあるのでしょう。

友人関係を再確認するという意味では、成人式はどんどん「結婚式」に似てきてると思います。久しぶりにみんなで集まって、いつもと違う格好をして、イエーイみたいに楽しいんだろうと思います。

結婚式とか成人式とか、ライフステージ上にあらかじめ決められた通過儀礼は少ししかないので増やしてもいいんじゃないかと思いますよ。「2倍成人式」とか「3倍成人式」とか40歳や60歳で集まって、みんなできれいな服を着て写真を撮ると楽しいんじゃないかな。

佐々木俊尚のまとめ

5eba6051 b9b2 4441 b410 d52ccbd3041c

原田さんいわく、もはや成人式は「荒れてない」。だって、つくば市の騒動だって一人だけでしょ。一人が暴れたからといって、成人式全体が荒れたように言われるのは心外でしょう。

ハタチになったら、君たちは国民なんだから、義務も権利もあるよと教えるのが成人式だったと思うんだけど、今そんなものは誰も考えてない。もはや子供と大人の境界線がよくわからないから、今日から国民だという感じじゃない。永田さんの話でいうと、中高生時代の良い人間関係を再確認する場所になってきていて、「みんな久しぶり」っていうのが最近の成人式。上中アナもそうだったように、だいたい地元の成人式に出て、久しぶりに中高の同級生に会って、人間関係を再確認して、みんなで盛り上がるっていう感じでいいんじゃないのかな。

昔、30歳っていうとすごいおじさんのイメージだったんだけど、今30歳って普通の若者だよね。全体にイメージする年齢が上がってきているから、30~35歳ぐらいまでは普通に若者でいいんじゃないのかな。着ている服だって、もはや年齢による違いってないじゃない。おじいさんだから茶色い服着るとかないしさ。

だから成人という意味が融解して溶けてなくなってきているというのが現代の現実。それは日本だけじゃなく先進国みんなそうなんじゃないかなと思います。

1月10日放送「あしたのコンパス」より
番組アーカイブ https://www.houdoukyoku.jp/archives/0004/chapters/26858

Tag:
App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile daf1f917 2844 4879 a83c c23ec0891516
あしたのコンパス
Reporter
Thumbnail cd560405 757e 47e2 bb2e 447c81673106
「北朝鮮がミサイル実験をするとの憶測で…」長嶺大使帰任で日韓連携は万全?
Apr 04, 2017
4.0
compass
Reporter
Thumbnail 34d5b032 dda8 41be 9ae6 5e7904fa014b
忖度できる国だから…働き方改革を阻む日本ならではの病
Apr 03, 2017
3.5
compass
Reporter
Thumbnail bf6acdf8 b7af 45ce a065 ee6da9dc2cdd
2025年の「大阪万博」その意義を古市憲寿が問う
Mar 31, 2017
3.0
compass
Reporter