Main 29c5e850 003b 4f1a a72b e8bec2b82999
今度は「竹島に少女像」の設置計画…韓国で議員団が募金活動

2017年12月14日に少女像1体を竹島に設置する計画

Default portrait
Jan 17, 2017 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・韓国で議員団が少女像を竹島に設置するための募金活動を開始
  • ・今年前半に議会に1体、12月14日に竹島に1体を設置する計画
  • ・岸田外相は受け入れられないと述べた。

募金の目標金額は総額7000万ウォン

韓国・京畿道の議員団が、いわゆる従軍慰安婦を象徴する「少女像」を、島根県の竹島に設置するための募金活動を始めた。

竹島は日本固有の領土だが、韓国による不法占拠が続いている。

議員団によると、募金の目標金額は総額7000万ウォン(約680万円)。まず今年前半に少女像1体を議会に設置した上で、2011年12月14日にソウルの日本大使館前に少女像が設置されたのに合わせ、12月14日に、1体を竹島に設置する計画だという。

計画が進めば、日韓関係のさらなる冷え込みは避けられない。

「竹島は、わが国固有の領土である。受け入れられない」

これに対し、岸田外相は「竹島はそもそも国際法上も、歴史的にも、わが国固有の領土である。受け入れられない。これがわが国の立場」と述べ、受け入れられないとの姿勢を示した。

韓国では、ソウルの日本大使館前に続き、2016年12月末に釜山の日本総領事館前にも少女像が違法に設置されたばかりだ。日韓の新たな外交の火種になるとみられる。

【特集「日韓合意の行方」】

第1回  今度は「竹島に少女像」の設置計画…韓国で議員団が募金活動(この記事)

第2回  「日本の10億円が少女像撤去に関連するなら返すべき」 潘基文氏が日韓合意見直しに“含み”で今後は…

第3回  日本「あの少女像撤去せよ」→韓国「イヤだ日本総領事館前にも作る」→日本「それなら大使を一時帰国」…日韓関係は崖っぷちなのか?

第4回  「まるで振り込め詐欺」日本が異例の対抗措置…日韓両政府に見える背景

第5回  「慰安婦合意」から1年。日本が10億円拠出しても増え続ける“少女像”

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail 66ff3ba6 9b74 4577 98f1 ebe002a0fb85
Special
 
発毛&育毛の最前線!健康な髪を“お引っ越し”
4 hours ago
5.0
editors room
Reporter
Thumbnail 155de76b 1e6f 4231 a9bf bbd4e87b9523
テレビをAIが変える?「マイクロソフト」と「フジテレビ」が連携…それぞれの思惑
5 hours ago
4.0
editors room
Reporter
Thumbnail 4a50d694 c972 4335 b22b 5ebf1209696d
“東芝危機”に見る政府の原子力政策と民間企業の経営判断
11 hours ago
4.0
editors room
Reporter