Main 8e6ad9c3 af00 479f a09a 6fff2d5b4a5c
中国機に対するスクランブル発進急増

防衛省・統合幕僚監部が20日、平成28年度第3四半期までの緊急発進実施状況を発表

Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
Jan 23, 2017 by Nose Nobuyuki Reporter

3 Lines Summary

  • ・緊急発進数は昨年同期比で316回の大幅な増加:883回で、第3四半期にして既に平成27年度のトータル数873回を上回っている
  • ・推定を含む国・地域の割合は中国が約73%、ロシアが26%、その他が約1%
  • ・中国機に対する緊急発進数は昨年同期の373に対し、今年度は644と大幅な増加 

中国機に対するスクランブル件数が急増している。
防衛省・統合幕僚監部は1月20日(金)、平成28年度の第3四半期までの緊急発進実施状況を発表した。
それによると平成28年4月1日から平成28年12月31日までの緊急発進回数は883回であり、前年度同時期比で316回の大幅な増加となっている。

B2239485 66b8 47fb b183 fea7f985a5d0

この推移のグラフを見ると昨年の4月から12月までのスクランブルの回数だけで、すでに平成27年度の数字を上回っていることがわかる。


D0b02dec ede0 43f3 b576 e4ec09bf4429

緊急発進の割合は、中国機およそ73%、ロシア機およそ26%、そのほかおよそ1%となっている。
中国機に対する緊急発進回数は644回で、前年同期比で271回という大幅な増加だった。さらに第3四半期においては東シナ海から太平洋に至る長距離飛行を含む11件の事例について、特異な飛行として公表している。(図下)

B03e80de a99d 4345 9c4b dcbb66308372

一方ロシア機に対する緊急発進数は231回であり、前年度同時期比で48回の増加で第3四半期においては尖閣諸島領空付近における飛行を含む2件について、特異な飛行として公表している。
推定を含め、中国機の中では戦闘機、ロシア機の中では情報収集機に対して多く緊急発進を実施したとしている。
事実としての数字、そして日本が置かれている状況を把握しておくことは大切だろう。
(文責:松島 スタッフ能勢・中西・北原)

↓岩国基地に配備されたステルス戦闘機F-35Bの詳細分析ほか2時間生配信した「週刊安全保障」(1月20日)はコチラ↓
https://www.houdoukyoku.jp/archives/0012/chapters/26993

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile fdb9a085 2ed5 4bf9 9b51 555d955cf466
能勢伸之
Reporter
Thumbnail 51d4866f 8f84 4b58 a9df 1b2de2ed456d
防衛省が迎撃ミサイルシステムPAC-3展開訓練を公開
Jun 20, 2017
4.0
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail 4a4b4593 b225 41e6 8059 a8d748a88753
最新鋭ステルス戦闘機F-35A 国内生産初号機お披露目とその戦略的意味
Jun 13, 2017
4.5
Nose Nobuyuki
Reporter
Thumbnail c88422d1 87e1 4e66 a351 be63439c45cc
今年10回目のミサイル発射 “地対艦ミサイル”の特徴と北朝鮮の狙い
Jun 09, 2017
4.0
Nose Nobuyuki
Reporter