Main 155de76b 1e6f 4231 a9bf bbd4e87b9523
テレビをAIが変える?「マイクロソフト」と「フジテレビ」が連携…それぞれの思惑

AI技術を活用したグローバル対応を発表

Default portrait
Mar 29, 2017 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・日本マイクロソフトのAIをフジテレビが活用
  • ・映像制作に革命をもたらす可能性
  • ・AI進化のため、テレビ局の膨大なコンテンツが有効

それぞれの思惑

29日午前、日経新聞に載った見出しが注目を集めた。

「フジテレビ、日本マイクロソフトとAIで提携 動画自動翻訳」

日本マイクロソフトが提供するAI技術の自動翻訳をフジテレビが活用し、動画配信の分野で海外からの視聴者を集めるという。記事は「フジテレビは国内の放送事業が苦戦するなか、異業種と組んで海外展開を加速する」としている。

この日の午後、日本マイクロソフトとフジテレビによる共同記者会見が行なわれ、多くの報道陣が集まった。

71b4bf36 d5a0 4607 8aa1 ccb8715e1cd4

発表された内容は事前報道にあった通り、「フジテレビと日本マイクロソフトがクラウド/AI技術で連携する」というもの。ただ、日本マイクロソフトの平野拓也社長とフジテレビの大多亮常務からは、“単なる海外展開”だけではないそれぞれの思惑が語られた。

映像制作や表現に革命

今回の連携の「第一弾」として、フジテレビが2017年1月16日に始めた動画投稿サイト「DREAM FACTRY(ドリファク)」で、日本マイクロソフトの動画配信機能とAI機能を活用するという。

日本マイクロソフト側が提供できる機能は多岐にわたっている。

まず、海外展開で最も利便性が高そうなのが翻訳機能。日本語で作られた配信動画の音声を自動認識し、英語を含めて4カ国語に自動翻訳する。1時間の番組で、翻訳にかかる時間は1時間ほどという。人間が翻訳して文字を起こすよりもはるかに速い。会場では日本語のドラマを英語にするデモが行われたが、かなり正確な印象だ。

また、日本語のセリフそのものも文字データになるため、ドラマの中で頻繁に出てきたキーワードを抽出したり、そのワードが出た映像に頭出しすることなども可能。デモで出されたドラマでは「タクシー」「田園調布」などが良く出るキーワードになっていて、主人公がその発言をした部分を瞬時に見ることができた。

Dd04156d 08d3 45da 903b 04d081a39b2c
映像を自動認識。音声は即座に翻訳

顔認証などの画像認識も大きな強みだ。

顔認証を使えば、主人公だけが出ている場面を選ぶことなどが可能。主人公以外のすべての顔に自動でモザイクをかけることなどもできるため、今はほとんどが手作業となっているテレビ局側の作業は大きく減ることになる。

また、学習機能を使って「良い場面だけを選んだ自動編集」ができる。単に良い映像を選ぶだけでなく、『黒澤明風』『スピルバーグ風』といった番組宣伝の動画を自動生成することもすでに夢物語ではないという。

さらには、投稿された動画の中に著作権侵害がないか、成人動画が入っていないかなどを自動検知。現状のサイトでは目視で確認しているというが、今後、投稿動画が増えれば増えるほど効果を発揮することになる。

フジテレビの大多常務は「将来、放送など色々なところに使える。AIによって映像の制作や表現が革命的に変化を起こすんじゃないか」と興奮した様子で語った。

日本語、画像認識率を高めていくことがキー

これだけを見ればフジテレビ側のメリットばかりに感じられる。

日本マイクロソフトの平野社長がメリットとして語ったのは「視聴者として楽しみだなと思っているが、同時に、一緒にパートナーシップを組むことでこれまで以上に日本語の認識率を上げられると楽しみにしている」というものだ。

97dfc5f4 662a 4a70 bcfb a35b379d99fb

現在、アメリカでは「グーグルホーム」や「アマゾンエコー」といった『音声で操作するスピーカー』が相次いで市場に投入されている。話しかけると検索結果を音声で返してくれたり、家電の操作や音楽再生、レストランの予約などもできるものだ。LINEも日本や韓国で今年中に音声認識AIスピーカーの販売を開始する予定だ。

それほど、IT業界を中心に「音声認識市場」は熱を帯び始めている。

それにも関わらず、日本語の認識率はまだ完璧とは言い難い。近年、かなり精度が上がっているものの、100%までにはまだかなり遠い印象だ。

難しさの大きな原因のひとつは声の多様性だ。「高い・低い」「太い・細い」といった声の個体差だけでなく、同じ人物でも、感情や体調の影響で早口になったり、ゆっくり丁寧にしゃべったり、相手によって方言や話し方の癖をいじったりするなど、無意識のうちに発音が違うケースもある。前後の単語のつながりによってもかなり違うのが現実だ。

認識率を上げるには、様々な音声パターンをAIに、とにかく学習させることに尽きる。AI技術をブラッシュアップしようとした時、テレビ局のコンテンツや投稿サイトの多様な動画は研究材料としてかなり魅力だ。

平野社長は「マイクロソフトのミッションは『地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする』というもの。今回の取り組みで、学習することによって、日本語、画像認識率を高めていくことがキー」と強調した。

フジテレビ側もそれに応じる形で、コンテンツをどんどん提供していくという。

フジテレビの大多常務は「壮大な実験だが、将来色々なところに使える。AIを一緒にやっていくことで大きな未来を開いていきたい。いい形のアライアンスが組めると思っている」と語気を強めた。

AIがテレビに変化をもたらし、テレビがAIを育て上げる。そのような連携になるのか、注目される。

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail 928d1e27 4f82 4599 8087 682dfae0a72b
アリゲーターガー飼えなくなる!捕ってもいいけど運ぶと違法に?
11 hours ago
4.0
editors room
Reporter
Thumbnail 09bedbed 53ec 44c9 9b77 6f742c58f50a
ファミマが「忖度」弁当を発売!負けた「けもフレ」が逆転していたら?
Nov 22, 2017
4.5
editors room
Reporter
Thumbnail c53979b2 26e7 40b4 bc31 cc4bfefa868a
アニメキャラと結婚できる!? いい夫婦の日に登場した“婚姻届”
Nov 22, 2017
4.0
editors room
Reporter