Main e7522674 63b2 437e 89c2 fd785adc2dc6
米テキサスでデカイ顔をする日本人

テキサス州オースティンで開催・SXSWレポート

Profile 2fcc6067 0a6b 4ff6 94de 9a6edf3f1633
Mar 12, 2017 by Tera Norio Reporter

3 Lines Summary

  • ・SXSWで日本人が出しているブースがある。
  • ・“顔が大きくなる仕掛け”を展示。
  • ・テクノロジーを追求したらアナログになった。

「デカイ顔」

音楽・映画・インタラクティブが融合した世界最大規模のイベント「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」。会場となる米テキサス州オースティンにて、デカイ顔をする日本人と遭遇した。

586e0bc7 80e1 452a a2ef d2b0acac0268
ニフティ株式会社 瀬津勇人さん(左) 林雄司さん(右)

文字通り、物理的な意味で「デカイ顔」をしている。

実はこちら、ニフティが運営するインターネットメディア「デイリーポータルZ(DPZ)」が手がけるデカイ顔が体験できるワークショップ。

仕掛けは非常にシンプル。段ボール箱にOHPなどで使われている拡大レンズがとりつけられている。この箱をかぶれば顔が大きく見えるというものだ。

Ce2d6b09 bed0 464f 85da 07a3de9f20a0

これまで、オーストリアで開催されるメディアアートの祭典「アルス・エレクトロニカ」にも招待されるなど、すでに世界各国で活動している。

しかし、ITや最新テクノロジーが集まるSXSWになぜ出展しているのだろうか?発案者の林雄司さんたちにお話を伺った。

「面白さは変わらない」

ーなぜ段ボール箱の展示を思いついたのですか?

「最初はテクノロジーを活用したワークショップとして、参加者の顔を3Dモデリングでスキャンし、ペーパークラフトでデカ顔を制作していました。しかし、オーストリアでの開催が決まった際に、ペーパークラフトは時間がかかるし、プリンターも現地で準備できないなと」

「そこで考えたのは、とにかく顔が大きくなればいいのではないか。レンズをかぶるだけでいい、面白さは変わらないので。それで、段ボールを現地調達して制作する今の形になりました」

ーアメリカでの反応は?

「とてもシンプルなので、評判はいいです。一度やった人が、友達を連れてきて、何度もやってくれています。大阪のおばちゃんたちに体験してもらった時と感覚は近いですかね」

Cef93e58 4cf9 470c baa0 32ba6796ac11
8557ac1e 4621 4884 bbc3 e3048a39a6de

会場では、世界各国のSXSW参加者が次々と体験し笑いがこぼれている。

ニフティ株式会社の瀬津勇人さんは目的をこのように語る。

「今回はニフティを世界に拡めるためのブランディング活動の一環ですね。ニフティはインターネットそのものを一つの文化だと思っていて、このようなくだらないことにも皆で協力する社風があるんです」

SXSWのような世界各国から一同に集まるカンファレンスでは、限られた会期中に多くの人に出会わなければもったいない。会場では参加者同士が交流するきっかけ作りにも大いに貢献していた。

日本人が知っておくべき「SXSW2017」

→ 一覧へ

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Profile 2fcc6067 0a6b 4ff6 94de 9a6edf3f1633
寺記夫
Reporter
Thumbnail e2d03454 a875 4cd7 abc9 e67b433a1312
【VR360動画】未成年もOKな「泡パ」 若者が求める「コピーできない体験」とは
Sep 05, 2017
4.5
Tera Norio
Reporter
Thumbnail 6d57edf6 b101 4be4 b252 16e4c718f688
Series
 
『家電のうめき声で盆踊りがしたい』アーティスト和田永が企てる「奇祭」とは?
Aug 27, 2017
5.0
Tera Norio
Reporter
Thumbnail 96e18994 6edc 4cd9 9737 39b87fdf8dc5
価値がないものに価値が生まれる。AirbnbやUberから学ぶ。
Mar 23, 2017
4.5
Tera Norio
Reporter