Main 38f7aa65 1705 4322 a351 081ca1238d09
毛深い人はハゲる? 寝不足もハゲる!? 薄毛にまつわる都市伝説の真偽を明らかに

特集「いつ身に降りかかるかわからない…オトコの薄毛問題」第4回

Default portrait
Mar 30, 2017 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・頭髪にまつわる都市伝説を徹底調査
  • ・「隔世遺伝でハゲる」はウソだった
  • ・薄毛の要因は個人差が大きく、ネットの情報に左右されないことが大事

「ハゲは遺伝する」「ワカメが薄毛防止に効く」といった、もはや“常識”感覚になっている毛髪関連のトリビア。とはいえ、これらの真偽をちゃんと確認している人は、薄毛の不安を感じている男性でも意外と少ないのではないだろうか? 特にネット上ではまことしやかに語られがちな「毛髪に関する都市伝説」について、専門家の意見を聞いた。

「おじいさんがハゲだったら自分もハゲる」は本当なのか? 

293680a8 2f2b 4548 893b dd60e6278653

「ネットに氾濫する情報の多くは、間違っている場合が多く、鵜呑みにするのは危険です。間違った対処法を続けることは毛髪にとってもいいとは言えません」

そう語るのは、医学博士で親和クリニック総院長の音田正光先生。『薄毛革命 「自毛主義」のすすめ』(幻冬舎)の著者であり、毛髪医療のスペシャリストだ。音田先生によれば、ネットでさも常識のように言われている「薄毛の都市伝説」は、出所が不明で、科学的根拠がないものがほとんどだという。みなさんも間違った知識を植え付けられていないか、一緒に下記をチェックしていただきたい。

睡眠不足は薄毛になる? → ウソ
「今のところ、睡眠と薄毛には特に関連性が見つかっていません。もちろん十分な睡眠をとることは人間の身体にとって不可欠ですが、睡眠不足と薄毛との間に直接的な因果関係はないと考えてもよいでしょう」(音田先生、以下同)

夜型生活は薄毛になる? → ウソ
「夜型生活でもフサフサの人はいますし、規則正しい朝型生活でも薄毛になる人はなります。朝型、夜型生活と薄毛とのハッキリとした関連性を認めるに足る研究結果はありません」

体毛が毛深い人は、薄毛になる? → ウソ
「体毛が濃い=男性ホルモンが多いため薄毛になりやすい、という理由だと思いますが、体毛が薄くても薄毛に悩む男性もいますし、現時点でのエビデンスはありませんね」

太っている人は薄毛になる? → ウソ
「肥満と薄毛の関連性はありません」

糖分、塩分のとりすぎは薄毛になる? → ウソ
「何事もいきすぎはよくありませんし、なにより身体にとって悪なので、オススメはしませんが、塩分や糖分が薄毛を引き起こすという医学的根拠はありません」

辛いものを食べすぎると薄毛になる? → ウソ
「カレーなど香辛料の多く入ったものや刺激の強いものの食べすぎ、飲みすぎはもちろん身体にはよくありませんが、そのことが薄毛を招くというのは誤解です」

アルコールの飲みすぎは薄毛になる? → ウソ
「アルコールが大好きな方でもフサフサの方は多くいますし、ほとんど飲まないという人でも薄毛の方もいます。これも関係ありません」

帽子をかぶるとハゲる → ウソ
「帽子をかぶることで密閉されて蒸れ、頭皮の状態がよくなくなる、という点では、確かにあまりいいこととは言えないかもしれません。しかしこれも直接的なエビデンスがあるわけではありません」

昆布や海苔、わかめなどの海藻類は髪にいい → ウソ
「これもよく言われていることですが、科学的根拠はありません。ただ、海藻類を含めバランスのとれた食事をとることは大事ですし、髪に栄養をいきわたらせるという意味では、ミネラルが豊富な食材をとることは悪くはないでしょう」

性欲が強いと薄毛になる? → ウソ
「性欲も薄毛も男性ホルモンが関係しているので、関連性が全くないとは言い切れないかもしれませんが、証明することは難しいでしょう」

おじいさんがハゲていると薄毛になる → ウソ
「確かに、薄毛は遺伝性の高いものとされていますが、その遺伝の形式についてもまだはっきりとは解明されていません。実際、おじいさんが薄毛でも、父親が薄毛でも、家族全員が薄毛でも、薄毛にならない人は存在します。親族に薄毛が多いからと、将来を悲観することはありません」

ダイエットは薄毛になる? → 本当
「筋トレをしたり、運動をしたり、少し体重を落としたりしたぐらいでは何も影響はありませんが、痩せるためにほとんど食べないというような状態は髪に栄養がいきわたらなくなりますから、毛髪にとってもよいとは言えません」

お風呂に入らないと薄毛になる → 本当
「お風呂、というよりは、シャンプーが重要。ただし、湯シャンがいいとか、一日に二回洗ったほうがいいとか、洗いすぎもよくないとか諸説ありますが、結局は頭皮の状態を清潔に保つことが重要ですから、頭皮がべたつきすぎても乾燥しすぎてもよくない。適度に汚れを洗い流し、常に頭皮を清潔な正しい状態にしておくことが重要です。一日一回、自分に合ったシャンプーで汚れをしっかり落とす。それでいいわけです」

ネットの不確定な情報に惑わされないこと! 薄毛の原因や対策は個人差が大きい

このように、音田先生によればネットに氾濫する「薄毛都市伝説」の多くが誤った情報ということになる。とはいえ、睡眠不足や塩分の摂りすぎがOKというわけでもない点には注意したいところ。ここで、もっとも重要なのは、薄毛になる原因が一つではないということだ。

「食事も睡眠も生活スタイルも、普通に生活しているぶんには、薄毛に特に影響はありません。あまり神経質になりすぎないで日々を送ることのほうが、大切なのではないでしょうか。なにより、薄毛になる要因はそれぞれ個人差がありますから、まずは気になったら専門の病院に行って相談するのが一番だと思います」

C07eaaae 32c4 4ac3 930e fe73fcf29a71

薄毛には様々な要因が背景にあり、また人によって個人差が激しいため、なにが薄毛に悪い、なにが薄毛解消に効く、など、ひとつの説で断定的に判断することは難しい。不確定なことが多いためネットでは様々な都市伝説が飛び交い、AGA男性たちを混乱させている。断定的な説が飛び交うネット情報に頼るのは、かえってストレスとなり薄毛にの原因にすらなり得ると言える。薄毛に関する迷信に一喜一憂せず、正しい情報を見定めていくことが重要だろう。

取材協力

親和クリニック総院長・音田正光
https://shinwa-clinic.jp

『薄毛革命 「自毛主義」のすすめ』
http://amzn.asia/dpI2TBc

取材・文=藤野ゆり(清談社)

【特集「いつ身に降りかかるかわからない…オトコの薄毛問題」】

第1回  年齢とともに増す「頭髪」への不安。働き盛りの男性が抱えるお悩み、1位は?

第2回  「最近、薄くなってきた気がする…」男性の薄毛(AGA)の定義、診断基準とは?

第3回  発毛&育毛の最前線!健康な髪を“お引っ越し”

第4回  毛深い人はハゲる? 寝不足もハゲる!? 薄毛にまつわる都市伝説の真偽を明らかに(この記事)

第5回  日常に潜む、薄毛の原因…「0カロリー」に要注意

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail ffc24a70 d464 4a54 b558 e99655d5482f
【市川海老蔵さん会見全文】小林麻央さん最期に「愛してる」
7 hours ago
4.0
editors room
Reporter
Thumbnail 2a000839 0b87 4c55 9e36 662538934db9
小林麻央さん(34)死去…乳がんで闘病
9 hours ago
3.5
editors room
Reporter
Thumbnail 29df8142 8eb0 4d32 b094 ea19202d8335
Special
 
若くして「がん」に…その時、死に直面したサバイバー達がいま伝えたいこと
15 hours ago
3.5
editors room
Reporter