Main 000f25d8 fb40 43ae ba4c 9e50bc8f15c7
日常に潜む、薄毛の原因…「0カロリー」に要注意

特集「いつ身に降りかかるかわからない…オトコの薄毛問題」第5回

Default portrait
Mar 31, 2017 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・「0カロリー」の飲食物が薄毛の原因に
  • ・眼精疲労も頭皮の血行を悪化させる
  • ・大切なのは、薄毛を受け入れる「人間力」

その真偽が不確かな都市伝説レベルのものまで含めれば、無数に存在する薄毛の要因。たとえば老化のように人間にとって不可避な要因もあるが、世間に流布する説をすべて鵜呑みにしていたら、それこそストレスで毛髪に悪影響を及ぼしかねない。一方、こちらも個人差はあるものの「薄毛になりにくい生活習慣」については、手軽に実践できるものが多いため、薄毛が気になる人が試してみる価値はありそうだ。食事からメンタル面まで、薄毛対策に役立つ心がけについて識者の意見をまとめた。

毛髪にも影響を与える腎臓や肝臓に負担をかける恐れのある人工甘味料に注意しよう

6ef0f602 5842 4e0e 9e38 36fe3c6a9f00

「薄毛を気にするのであれば、0カロリーの飲み物、食べ物はできるだけ摂取しないほうがいいと思います」

そう語るのはヘッドスパ専門店「PULA」のオーナーで『世界一簡単な髪が増える方法』(アスコム)の著者でもある辻敦哉さんだ。

「コーラやノンアルコールビール、最近はデザートまで、0カロリーの飲料や食べ物が多く発売されていますが、そのなかには人工甘味料がたっぷり含まれている製品もあります。人工甘味料は、カロリーが少ない一方、腎臓や肝臓に負担をかけるリスクがあるのが心配なところ。実は、腎臓や肝臓は髪に関わる臓器といわれており、そこに負担をかけることは薄毛になる危険性を秘めているのです。もちろん長期的かつ大量に摂取した場合ですが、0カロリーの飲食物を選ぶ習慣がついてしまっている方は考え直した方がいいかもしれませんね」

健康のことを考えて選んでいた製品が、私たちの頭皮、毛髪にとって悪い影響を与える可能性もあるというのは驚きだ。

眼の疲れも毛に悪い! 薄毛対策でもっとも重要なのは頭皮の血行

4adba71f cf87 4970 9c8a 3c68416f25b7

さらに、薄毛を防ぐためには、何より“頭皮の血行”を考えるのが一番だと辻氏は語る。頭皮の血行が悪いと、髪に栄養が行き渡りにくくなる。その結果、髪の毛が細くなったりコシがなくなったり、抜けやすくなってしまうのだという。

「例えば、スマホやPCの使い過ぎで目を酷使する現代人は、知らず知らずのうちに眼精疲労が進行しています。そういったデスクワークの人の頭皮を触ると、すごく頭皮が固く、凝ってしまっている場合が多い。眼精疲労は頭皮を固くし、血行不良に繋がるので、結果として髪に栄養が行きにくくなってしまう恐れがあります」

こうした頭皮の凝りを解消するためには、自分で頭皮マッサージを行って血流を良くするだけでなく、定期的に眼球をまわし眼精疲労を改善させることも重要だとのこと。また、毎日の洗髪の際にも、気をつけたいポイントが何点かある。

「髪と頭皮によくない『毒素』の最たるものが、水道水に含まれる塩素。塩素は非常に殺菌効果が高いので、塩素が入った水でシャンプーをしていると、頭皮にいる善玉の常在菌を殺してしまい、頭皮環境が悪化してしまいます。“育毛”を真剣に考えるならば、髪を洗う水から塩素は除去したほうがいいでしょう。といっても塩素を取り除くのは簡単。シャワーヘッドを塩素除去のものに取り替えるだけです。塩素除去のシャワーヘッドは、ホームセンターなどで購入できます」

このとき、シャワーの温度も重要なポイントになるという。

「熱すぎると皮脂を過剰に奪ってしまいますし、ぬるすぎるお湯だと皮脂が残り、酸化汚れがたまってしまいます。髪と地肌に最適な水温は37-39度。適温で頭皮の汚れを流しましょう。また、シャンプーはどうしても頭皮に残ってしまうので、きちんと中身を調べ、できるだけ良い成分のものを使いましょう。ノンシリコンが髪に良い、という話をよく聞くと思いますが、ノンシリコンを強調する一方で、髪に悪い成分が含まれている場合には注意してほしいところ。例えば洗浄力が強すぎる合成の界面活性剤などが、それにあたります。合成の界面活性剤を見分ける方法はシャンプーが透き通っているかどうか。透き通っていないシャンプーは合成の可能性が高く、オススメできません」

このように毎日、ほぼ無意識的に行っている洗髪のなかにも、薄毛への第一歩が潜んでいる。今はまだ、薄毛の心配がない人も、今後のために洗髪法を見直してみてはいかがだろうか。

薄毛だってモテる! 悩まず自信を持つことも立派な薄毛対策なのだ

Bd8e918c 800a 488e 941e 7ae735164fae

ここまで5回にわたって薄毛について考えてきた。記事を読めばわかるように、薄毛脱出の道のりが簡単なものでないことは確かだが、何も悲観することはない。

「薄毛だからって、モテないなんてことはない」

と薄毛研究家の「高井ちゃん」はきっぱり断言する。

「薄毛は男性にとって、女性が思っている以上に深刻な問題です。薄毛になったことでもうモテないんじゃないか、結婚できないんじゃないかとストレスを抱え込み、そのストレスによって、さらに薄毛が深刻化する例も多く見てきました」

自身も薄毛に悩み、苦しんだからこそ、薄毛問題に真摯に向き合い、日々研究を重ねている高井ちゃん。薄毛で苦しむ人の気持ちを楽にすることを通じて、かつて薄毛に悩んだ自分を癒したいと考えているという高井ちゃんのもとには、多くの男性から相談が寄せられる。

「結局、ストレスを抱えてしまうことが薄毛には一番よくないと思いますね。薄毛の人は、人間関係や将来への不安、金銭的な悩みなど、思い悩んでいることが凄く多い。特に仕事へのストレスは大きく、職場の人間関係のストレスも見逃せない。大きなストレスに晒されていて、かつ薄毛になったことで、よりストレスを増幅させてしまっている印象が強いです」

日頃から薄毛対策に気を使うのももちろん大切だが、薄毛になってしまってもあまり思い詰めず、ストレスを抱えないよう開き直るぐらいの、明るい気持ちが必要なのかもしれない。

「たとえばフランスではハゲている男性はセクシー、と女性にとらえられています。海外の俳優さんでも、スキンヘッドにしている方が多いですけど、似合っていて格好いいですよね。ハゲ=ネガティブなイメージ、というのが日本では過剰なほど強調されていますが、決してそんなことはありません。実際、ハゲてモテなくなったかというと、私はそんなことはありませんでした。ハゲる前とハゲた後で、女性が私を見る目はそこまで変わらなかったのではないかと思います。一番ダメなのは、自分に自信を失ってしまうことです。薄毛を認め、オープンにしてしまうことで、ストレスも軽減されますし、女性からの評価もあがりますよ」

「齊藤さんだぞ」の決め台詞でおなじみのトレンディエンジェルの斎藤司さんは、自他ともに認める薄毛男性だが、薄毛を武器にすると同時にモテキャラでもある。ブラックマヨネーズの小杉竜一さんも、薄毛でいじられながらも女性人気は高い。

「結局、大切なのは人間力。薄毛を受け入れることで、薄毛によるストレスに悩まされることも少なくなります。結果的には、それが薄毛を進行させないことにも繋がると思いますよ」

治療法や生活習慣の改善などの知識ももちろん重要だが、最終的には自分の気持ちの部分で「薄毛と潔く向き合い、つきあっていく」という覚悟を据えるのも、一つの薄毛対策なのかもしれない。

0c165c6d c4f9 4eb3 b613 19aacef9ae14

取材協力

■辻敦哉(ヘッドスパ専門店PULA)
https://www.spa-pula.com
『世界一簡単な髪が生える方法』
http://amzn.asia/9OMrznc

■高井ちゃん(薄毛研究家)
http://hage-land.com/

取材・文=藤野ゆり(清談社)

【特集「いつ身に降りかかるかわからない…オトコの薄毛問題」】

第1回  年齢とともに増す「頭髪」への不安。働き盛りの男性が抱えるお悩み、1位は?

第2回  「最近、薄くなってきた気がする…」男性の薄毛(AGA)の定義、診断基準とは?

第3回  発毛&育毛の最前線!健康な髪を“お引っ越し”

第4回  毛深い人はハゲる? 寝不足もハゲる!? 薄毛にまつわる都市伝説の真偽を明らかに

第5回  日常に潜む、薄毛の原因…「0カロリー」に要注意(この記事)

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail ffc24a70 d464 4a54 b558 e99655d5482f
【市川海老蔵さん会見全文】小林麻央さん最期に「愛してる」
7 hours ago
4.0
editors room
Reporter
Thumbnail 2a000839 0b87 4c55 9e36 662538934db9
小林麻央さん(34)死去…乳がんで闘病
9 hours ago
3.5
editors room
Reporter
Thumbnail 29df8142 8eb0 4d32 b094 ea19202d8335
Special
 
若くして「がん」に…その時、死に直面したサバイバー達がいま伝えたいこと
15 hours ago
3.5
editors room
Reporter