Main 84d16e05 54ec 454d 8233 941a8cb13cbd
巡航ミサイル「トマホーク」59発 アメリカ シリアを軍事攻撃

アメリカ軍は、日本時間の7日朝、シリアへの軍事攻撃を開始した。

Default portrait
Apr 07, 2017 by editors room Reporter

3 Lines Summary

  • ・トランプ大統領「アメリカには化学兵器の拡散を止める義務がある」
  • ・巡航ミサイル「トマホーク」59発をシリア軍のシャイラット空軍基地や石油施設に発射 
  • ・しかし、アサド政権後の青写真はなく、急激な行動に今後批判も
9564f2a5 b237 4978 967a 06a4c1194e5a

「アメリカには化学兵器の拡散を止める義務がある」

トランプ大統領は、日本時間の7日午前、攻撃の正当性を主張するビデオメッセージを発表し、アメリカには化学兵器の拡散を止める義務があると説明した。

トランプ大統領は「今夜、わたしはシリア軍基地への攻撃を指示した。化学兵器の使用の拡大を阻止するのは、国際社会におけるアメリカの義務だ」と述べた。

86c59db6 91f1 4684 9d10 9ff936557d18

巡航ミサイル「トマホーク」59発を発射

アメリカ国防総省は、日本時間7日午前9時40分ごろ、アメリカ軍が59発の巡航ミサイル「トマホーク」を、シリア軍の関連施設に発射したと発表した。

 攻撃対象は、シリアの西部にある、シリア軍のシャイラット空軍基地や石油施設だという。

トランプ大統領の狙い

トランプ大統領はこれまで、オバマ前大統領がシリアのアサド政権への空爆を見送ったことについて、痛烈に批判してきた。

そのため、4月4日にシリア政府が行った化学兵器による空爆は一線を越え、大勢の幼い命を含む民間人が犠牲になったことで、ちゅうちょなく攻撃に踏み切ったとみられる。

59feee9a 694b 480c b8b6 aa830520822f

「アサド政権は明らかに一線を越えた」

トランプ大統領は5日にも、化学兵器の使用で、アサド政権は明らかに一線を越えたと非難し、これまでのアサド政権への融和的な姿勢を転換すると明言していた。

今回は、人道的な観点からも、化学兵器使用は容認できないと強調していて、アメリカの世論もアサド政権への強硬姿勢を評価していたことが追い風になったといえる。

しかし、アサド政権後の青写真が見えているわけではなく、計画性が薄い急激な行動には、今後、批判も出てきそうだ。

【1】 アメリカによるテロ? シリア空爆を読み解く

【2】 巡航ミサイル「トマホーク」59発 アメリカ シリアを軍事攻撃(この記事)

【3】 シリア 猛毒「サリン」使用か。100人死亡、400人超痙攣

【4】 シリア攻撃 内政から国民の目をそらす狙い?トランプ氏の思惑とは

App icon

ホウドウキョク

ニュース

Fuji Television

Appstore badge

Google play badge

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Default portrait
ホウドウキョク編集部
Reporter
Thumbnail 8259a9c0 a7ea 433c a63f 3285e5dac5fd
Special
 
プレゼントは無意味?妻の怒りを沈める「謝罪テクニック」
5 hours ago
5.0
editors room
Reporter
Thumbnail a9267566 5154 45df b178 234fd37a6d0c
ガチャピン・ムックが郵便ポストになっちゃった!? 台湾初上陸に密着!
Aug 16, 2017
5.0
editors room
Reporter
Thumbnail 5d5fbc95 69e8 46e1 b02b aa71f110b06c
Special
 
言葉巧みに相手を丸め込む。あの文豪たちの〆切遅れへの名謝罪文
Aug 16, 2017
4.0
editors room
Reporter